王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻
文献名2第1篇 春風駘蕩よみ(新仮名遣い)しゅんぷうたいとう
文献名3第2章 魔の渓流〔1919〕よみ(新仮名遣い)まのけいりゅう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ高地秀の宮への帰り道、鋭敏鳴出の神は行進歌を歌いながら進んで行った。すると、行く手に断崖の渓流が現れた。天津高宮への詣でのときにはこのような渓流はなかったので、一同は曲津神にたくらみであると悟った。そして、心身を清めて言霊で渓流を退けようと、まず高野比女が言霊歌を詠み始めた。鋭敏鳴出の神は、言霊の限りを尽くして『ウーウーウー』と唸り出れば、渓流の水はたちまち雲となって天に上り出し、風になびいて東の空に立ち去ってしまった。一同は鋭敏鳴出の神の言霊をたたえる歌を歌い、引き続き高地秀の宮へ進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所水明閣 筆録者谷前清子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月23日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 498頁 修補版 校定版161頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7602
本文の文字数6802
本文のヒット件数全 1 件/花子比女の神=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  ここに八柱の御樋代神は遥々と天津高宮に打ち集ひ、祈願をこらすべく上らせ給ひ、主の大神の神言もちて、高地秀の宮の神司として鋭敏鳴出の神、天津女雄の神の二柱を授けられ、いそいそとして白馬に跨り、蹄の音も勇ましく、高地秀の宮をさして帰らせ給ひつつ、鋭敏鳴出の神は行進歌をうたはせ給ふ。
『主の大神の神言もて
 八柱神を守りつつ
 紫微天界の真秀良場に
 そそり立ちたる高地秀の
 神の御山の麓なる
 高地秀宮に仕へむと
 神の心に任せつつ
 進み行くこそ楽しけれ
 御空にかかる月光も
 天津陽光も清らかに
 雲霧晴れて天地は
 常世の春を歌ふなり
 百の木草は芳ばしき
 香りを放ち種々の
 艶を競へる花は咲き
 げに楽もしき国原や
 小鳥はうたひ蝶は舞ふ
 紫微天界の真秀良場に
 神の神言を蒙ぶりて
 百神等と諸共に
 進まむ道にさやるべき
 醜の曲津見もあらざらむ
 ああ惟神々々
 万里の山坂のり越えて
 吾は堂々進むなり
 わが乗る駒は貴の駒
 吹き来る風を鬣に
 右と左に分けながら
 嘶き強く駆け出だす
 ああ惟神々々
 今日の旅路のいさましさ』
 斯く歌ひつつ進み給ふや、行手に横はる川底深き溪流、如何なる神馬も越ゆるあたはず。西岸の断崖絶壁を打ち眺めながら、各自駒の背を下り岸辺に立ちて休らひ乍ら、この溪川を如何にして越えむかと語り合ひ給ひぬ。八柱の比女神天津高宮に詣で給ひし行手の道には、かかる深き溪川あらざりしに、帰り路に当りて同じ道筋に、かかる危険の溪流横はるは、大曲津見の神の神業をさまたげむとしての奸計ならむ。心を清め身を清め、静に生言霊を宣り上げて、この溪川を遠き彼方の海に退けやらむと、先づ高野比女の神は生言霊の御歌を詠ませ給ふ。
『主の神の神言畏み吾伊行く
  道にさやらむ神はあるべき

 明らけき紫微天界の国中に
  さやる曲津はかならず亡びむ

 隠れ忍びいたづらを為す醜神の
  御魂あらはさむわが言霊に

 さやります神は大蛇か醜神か
  姿あらはせわが目のまへに

 滝津瀬の吠ゆるが如く響くなる
  この溪川は大蛇の化身よ

 長々と果てしも知らぬ溪川の
  流れはいたく濁らへるかな

 果てしなきこの天界の中にして
  小さき曲のすさびおそれむや

 曲津見の醜の猛びの強くとも
  いかで恐れむ神なるわれは

 八十曲津見如何にすさぶとも猛るとも
  生言霊の水火にはかなはじ

 吾進む道にさやらむものあらば
  真言の剣もちてはふらむ

 いすくはし神の依さしの御樋代と
  まけられし吾の道を開けよ

 木も草も神の教になびく世を
  など曲神の道にさやれる

 敷島の大和心の太刀もちて
  斬りてはふらむ八十曲津見を

 千早振る神の依さしの吾なれば
  安く渡らむ溪川うづめて

 西の宮居に詣でで帰る道しばに
  さやりけるかな曲津の神は

 久方の天の高地秀宮に仕ふ
  司の出でましよ恐れ畏め

 御樋代と神の依さしの八柱を
  未だ知らずや曲津見汝は

 いみじくも流るる深き溪川の
  水瀬を止めて吾渡らばや

 吾駒はたてがみふるひ嘶きぬ
  これの溪川やすく渡らむと

 鋭敏鳴出の神の出でまし知らざるか
  八十曲津見の神のおろかさ

 黒雲の中にかくるる曲津見の
  今にほろびむ時は来にける

 主の神の造り給ひし天界よ
  曲津の神の棲まむ道なし

 月も日も御空に輝き給ひつつ
  吾等が行手を守らせ給へ

 奴婆玉の闇を晴らして厳御霊
  瑞の御霊はかがやきたまへり

 伏して見つ仰ぎては見つ天地の
  くしき姿にわれはかしこむ

 むらむらと溪川深く湧き立てる
  雲にひそめる八十曲津見よ

 湯気の如烟の如く立ち昇る
  雲の姿のあやしきろかも

 鋭敏鳴出の神の功に曲津見の
  さまたげ払ひて吾は進まむ

 選まれて御樋代神となりし吾は
  醜の雲霧いかでおそれむ

 穢れたる水火集りて曲津見と
  なる魂をあはれとおもふ

 せせらぎの音高々と聞ゆなり
  溪のながれは巌を噛みて

 手を打ちて天津真言の神言を
  曲津見の為に宣り上げて見む

 ねもごろに説き諭せども曲津見の
  心はますますくもるのみなる

 平けくいと安らけき天国の
  道にさやれる曲津見あはれ

 眼に見ゆるものことごとは主の神の
  水火より出でしみたまものなる

 笑み栄え喜び勇みて暮すべき
  紫微天界にさやる曲津見よ

 遠き近き差別も知らに守ります
  神の光りを知らずや曲津見

 鬼大蛇醜の曲津見もことごとく
  神の水火より生れたるはや

 村肝の心洗ひて道を行く
  御樋代神を通せ曲津見

 そば立てるこの溪川の高岸に
  行きなづみつつ神言宣るも

 伴ひし御樋代神はことごとく
  言霊きよき神柱の神よ

 野も山も紫の雲ただよへる
  紫微天界よ退け曲津見

 ほのぼのと紫の雲立ち昇る
  この天界は神ます神苑よ

 もろもろの曲津見ここに集りて
  深溪川と横たはるかも

 よしやよし此川岸は高くとも
  生言霊にうづめて行かむ

 治まりて日々に栄ゆる天界を
  乱さむとする曲津見あはれ』

 この御歌に鋭敏鳴出の神は、この溪川こそ八十曲津見の化身なりてふことを早くも悟らせ給ひ、生言霊の限りをつくし、『ウーウーウー』と唸り出で給へば、如何はしけむ、深溪川の溪水は真綿をちぎりたる如き雲、次ぎ次ぎに湧き出でて天に冲し、風になびきて東の空さして幾百千ともなき雲片は、風のまにまに立ち去りにける。
 八十曲津見の深き溪流は、次第々々にふくれ上りて、またたく間に平地となり変りたれば、百神等は鋭敏鳴出の神の功績に舌を巻き、感歎の余り御歌詠ませ給ふ。
 梅咲比女の神の御歌。
『鋭敏鳴出の神の神言の功績に
  曲の溪川消え失せにける

 曲津見は雲霧となり川底ゆ
  立ち昇りつつ逃げ去りしはや

 鋭敏鳴出の神の御水火に曲津見は
  雲を霞と逃げ去りにける

 雲となり霞となりて曲津見は
  ほろび行きけむ東の空に

 鋭敏鳴出の神の生れます高地秀の
  宮居は今日よりやすけかるらむ

 曲津見の雄猛び如何に強くとも
  何かおそれむ言霊の水火に

 紫微の宮居に神言宣りて帰るさの
  道にさやりし曲津見あはれ

 曲津見は生言霊に照らされて
  雲となりつつ逃げうせにける』

 香具比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『曲津見の奸計の深き溪川も
  神の御稜威に消え失せにけり

 神々は栄えをよろこび曲津見は
  亡びを唯一の楽しみとなすも

 深溪川包みし雲も滝津瀬も
  ウの言霊にほろび失せける

 鋭敏鳴出の神の神言の功績に
  烟となれる曲津見あはれ

 天地の一度に開きし心地せり
  曲津の奸計の幕はやぶれて』

 寿々子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『御樋代の神と仕へし始めより
  かかるためしは見ざりけるかも

 曲津見は深溪川と身を変じ
  わが行く道をさへぎりしはや

 穢れなきこの天界にも斯の如
  曲業ありとは知らざりにけり

 束の間も心許せぬ天界と
  つくづく思へり魔の溪川を見て

 今日よりは瑞の御霊を恨むまじ
  いづれも神の御心なりせば

 我岐美のつれなき心を恨みてし
  妾は今更はづかしくなりぬ

 よしやよしこのまま天界に老ふるとも
  瑞の御霊は永久に恨まじ

 日に夜に心くるしめ給ひつつ
  岐美は万里の旅に立たせり

 行く先きに八十曲津見の災を
  切り抜け進ます岐美は畏き』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『永久に仕へ奉ると思ひてし
  岐美は万里の旅にいませり

 幾万里山野を渉り西の宮に
  詣でて心あらたまりしはや

 曲津見の深き奸計にかからむと
  せし今日の日にたすけられにき

 鋭敏鳴出の神の功のいまさずば
  この溪川は消えざらましを

 曲津見の醜の大蛇の姿なれや
  道にさやりし深溪川は

 何事も神の御心と悟りつつ
  をりをりくもる心はづかし

 駒止めて息を休めつ曲津見の
  化身の溪川を望みけるはや

 山となり溪川となり巌となり
  八十曲津見は真道にさやるも

 この上は言霊みがき禊して
  神の大道をひたに進まむ

 我岐美を恋ひつ恨みつあこがれつ
  経にし月日は雲となりけり

 吾思ひ雲と湧き立ち霧と燃えて
  天津月日をつつまひてゐし

 主の神の清き光にあてられて
  われは心の雲をはらひぬ

 ねたみたる心の雲も晴れ行きて
  胸にかがやく月日の御光

 大空の月日をうつして吾胸は
  鏡のごとくかがよひにけり

 草も木も天津神国をゑらぐ世に
  如何でなげかむ小さき事に

 御樋代の神にまけられ村肝の
  心にくもりありしを悔ゆるも

 我岐美の吾等を見捨てて出でましし
  まことの心を今さとりけり

 吾心曇らひあれば水火と水火
  交はさむ術もなかりけらしな

 我岐美を恨むるよりも吾心の
  くもりしを先づ恨むべかりし』

 宇都子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『非時の香具の木の実に生れながら
  わが魂線はくもりてありき

 くもりたる心抱きて御樋代と
  おごりし事を今更悔ゆるも

 山に野に花は匂へど百鳥は
  うたへど春の心地せざりき

 掛巻も綾に尊き高地秀の
  宮居を穢せしわれなりにけり

 宇都比女の貴の御名さへ恥しも
  くもり穢れし神魂いだきて

 くもりたる心の魂を洗はむと
  この溪川は生り出でにけむ

 村肝の心に曲津見住まひつつ
  吾行く道をさへぎりにけむ

 曲神の仇とし思はず吾魂の
  くもりゆ生れし深溪川よ

 鋭敏鳴出の生言霊に驚きて
  ふるひをののき曲は出でけり

 鋭敏鳴出の神の宣らせる言霊に
  身も魂線もをののきにけり

 今日よりは元つ心に立ち帰り
  禊の神事につかへまつらむ』

 狭別比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『幾年か高地秀の宮居に仕へつつ
  なほわが魂線のくもり去らずも

 わが岐美を恋ふる心の重なりて
  神魂も水火もくもらひしはや

 村肝の心を清め今日よりは
  まごころもちて神に仕へむ

 何事も神の依さしの神業と
  思へば岐美を恨まむすべなし

 道立の神の姿の尊さを
  仰ぎて一入岐美をおもふも

 久方の天之道立の神柱
  いとおごそかに笑ませ給ひぬ

 道立の神にも増して我岐美の
  気高さ思へば堪へやらぬかも

 堪へがたき心おさへて年月を
  仕ふる身こそ苦しかりける

 悔みてもかへらぬ事とは知りながら
  をりをり悲しくなりにけらしな

 山川は清くさやけく百鳥の
  声は澄めどもさみしかりける

 さみしてふ心の曇り晴れにけり
  今日の生日は胸さえにつつ』

 花子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『野に山に百花千花匂へども
  われ美しと思はざりけり

 吾心ねぢり曲りてひたすらに
  岐美の上のみ恨みてしはや

 わが岐美は万里の外の旅枕
  天界造るとなやみたまはむ

 安らかに高地秀の宮居に仕へつつ
  なやみの岐美をうらみけるはや

 岐美こそは顕津男の神国土を生み
  国魂生ます神柱なりし

 朝夕に岐美のつれなき心根を
  恨みまつりし吾はづかしき

 日並べて旅に立ちつつ思ふかな
  果てしも知らぬ岐美のみゆきを

 澄みきりし紫微天界の中に生れ
  何を歎かむ御樋代神われは

 善と悪楽しみと苦しみ行き交ふ
  紫微天界はありがたかりけり

 災に遇ひて真言の喜びを
  つぶさに悟る天界なりけり

 喜びになるればまことの喜びも
  余り楽しと思はざりける

 安らけき月日過せし吾にして
  神世を歎きしことを悔ゆるも

 喜びと苦しみ互に行き交ひて
  世は永久に栄ゆべかりけり』

 小夜子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『小夜衣重ぬる暇もあらなくに
  岐美は立たせり長き旅路を

 御子生みの旅に立たせる我岐美の
  悩み思ひてわれは泣くなり

 わが涙天に昇りて雲となり
  雨と降りつつ岐美に注がむ

 岐美が行く旅なる国の春雨は
  日夜になげきしわが涙かも

 恋すてふ心の雲に包まれて
  魂のゆくへも知らず乱れし

 いざさらば百神等よ駒並めて
  東の宮に進ませたまへ

 鋭敏鳴出の神の功に曲津見の
  影は失せつつやすく通はむ』

 天津女雄の神は御歌詠ませ給ふ。
『八柱の御樋代神を守りつつ
  魔の溪川に突きあたりける

 鋭敏鳴出の神の功を今更に
  さとりて心かしこみしはや

 高野比女神の神言のさとき目に
  曲津はすがたを現はせしはや

 駿馬は嘶き初めたりいざさらば
  百神たちよ鞍に召しませ

 曲神は行手の道にさやるとも
  いかで恐れむ言霊の武器に』

 ここに一行の神々は、天の駿馬にひらりと跨り、吹き来る風を駒のたてがみに切り分けつつ、鈴の音も勇ましく、鋭敏鳴出の神を先頭に、天津女雄の神を殿りとして、高地秀の宮の聖場さして進ませ給ふぞ畏けれ。
(昭和八・一二・五 旧一〇・一八 於水明閣 谷前清子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki