王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻
文献名2第1篇 春風駘蕩よみ(新仮名遣い)しゅんぷうたいとう
文献名3第5章 露の宿〔1922〕よみ(新仮名遣い)つゆのやど
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
大野ケ原を、一行十一人は、駒のくつわを並べつつ勇み進んでいく。

曲津神の妨害を退け、高地秀の宮も近づいてきた。一同は順番に旅の様子を述懐歌に歌いつつ、駒を進めていく。

野辺に一夜を明かして、翌日の昼には、無事に高地秀の宮に帰りついた。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月05日(旧10月18日) 口述場所水明閣 筆録者内崎照代 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月23日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 521頁 修補版 校定版249頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7605
本文の文字数3535
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  果てしも知らぬ大野ケ原の真中を十一頭の駒の轡を並べつつ、
 花の香運ぶ春風に  鬢のほつれをいぢらせつ
 手綱かい繰りしとしとと  大河小川を乗り越えて
 勇み進むで出で給ふ  その風景はさながらに
 名高き画工の描きたる  絵巻物の如見えにける。
 高野比女の神は、大野ケ原の真中に駿馬の蹄を留めて、空行く雲を眺めながら心静かに御歌詠ませ給ふ。
『久方の空に往き交ふ白雲の
  かげは高地秀山より流るる

 高地秀の山の聖所も近づきて
  わが魂わが駒勇み出でけり

 帰り行く道の隈手も恙なく
  神の恵みに渡り来しはや

 昼月のかげは白けて山の端に
  近づきにつつ黄昏れむとすも

 三日月の月のまゆみに照らされて
  矢竹心の駒は勇みぬ

 久方の高地秀山もほの見えて
  この広原に黄昏れむとすも

 一夜の露のやどりをたのみつつ
  明日はかへらむ高地秀の山へ

 高地秀の尾の上に白雲湧き立ちて
  西へ流るる夕なりけり

 吹く風もあとなく止みて静かなる
  春の大野に露あびつ寝むか』

 梅咲比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『春駒のいななき高く響かひて
  日は暮れむとす大野ケ原に

 山の端に傾く月のかげ見れば
  利鎌の如く鋭かりけり

 曲神の醜の猛びも消え失せて
  御空の星はきらめき初めたり

 大空の星は目と目を合はせつつ
  永久のささやき続けゐるかも

 幾万と数かぎりなき星かげを
  仰ぎつわれは心はろけし

 大空を二つに割りて永遠に
  銀砂流るる天の河はも

 久方の空に横たふ天の河も
  その行先は海に続けるか

 虫の音もいやさやさやに響きつつ
  わが目俄に眠くなりたり

 春風に吹かれて長き駒の旅を
  しばし休めむ草の褥に

 大空の星の模様の夜具を着て
  大地の褥に一夜を眠らむ』

 香具比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『高野比女神の神言に従ひて
  天津高宮に詣でけるかも

 七日七夜駒の旅路を重ねつつ
  今宵も草の褥に眠らむ

 万里行く駒も脚をば地にのべて
  旅のつかれをやすらひ居るも

 この駒はやさしき駒よ千万里の
  旅をたすけて報酬を求めず

 天界に生きてほりする事なくば
  日々の生活は安けかるらむ

 幾千里われを助けて勇み立つ
  駒の心のうるはしきかも』

 寿々子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『千万里の旅を重ねて今ははや
  高地秀の宮居に近づきにけり

 明日ざれば高地秀の宮居にかへらむと
  おもへば楽しく夜も眠られず

 一夜の露の枕を重ねつつ
  帰らむよき日待つは楽しき

 曲津見の醜の猛びも言霊の
  水火に祓ひて帰り来にけり

 鋭敏鳴出の神の言霊力もて
  道の隈手もつつがなく来し

 河となり又山となり雲となりて
  曲津見は道にさやりけるはも

 曲津見は如何に猛るも議ゆとも
  生言霊に及ばざりけり

 久方の筑紫の宮居の旅に立ちて
  世のさまざまの憂をさとりぬ

 風清く眺め妙なる高地秀の
  宮居にし住めば世のさま知れずも

 うつり行く世のさまざまの事毎を
  悟らひにけり旅を重ねて

 わが魂は黒雲の如濁らへりと
  筑紫の宮居に詣でてさとりぬ』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『千万里遠の旅路を重ねつつ
  はや一夜の旅となりける

 高地秀の山は恋しもなつかしも
  岐美の御霊のとどまりませば

 住みなれし高地秀の宮居の聖所こそ
  わが永遠の命なりける

 永遠の命の聖所を後にして
  再び吾は旅立たむと思ふ

 さりながら御樋代神等の御許しを
  受けての後に定めむと思ふ

 大空に星はまたたき地の上の
  草葉の露は玉とにほひつ

 春草の根にひそみ鳴く虫の音も
  いや冴えにつつ夜は更けにけり

 星光は千万あれど弓張の
  月の光に及ばざりけり

 山の端に新月の影消え失せて
  闇のかたまり地に拡ごれり

 闇の幕とほして仰ぐ星かげの
  数限りなくまたたく夜半なり』

 宇都子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『長の旅を今日が宵まで続けつつ
  世のさまざまを悟らひしはや

 大空にただ一片の雲もなく
  千万の星かがやき初めつつ

 満天に数の限りをかがやける
  星かげを力に一夜を眠らむ

 国土稚き大野ケ原も春されば
  花の筵となりて匂へる

 花筵いやさや敷きて春の夜を
  眠りつ虫の音きくは楽しも』

 狭別比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『高地秀の峰は白雲たなびきて
  遠野の旅の夜は更けにけり

 明日の日は高地秀の宮居に帰らむと
  心いさみて眼冴えつつ

 曲津見に道の行手を遮られし
  時を思へば今宵は安けし

 鋭敏鳴出の神の言霊天地に
  響き渡りて曲津は失せける

 言霊の貴の力を今更に
  われは悟りぬ旅を重ねて

 言霊の伊照りたすくる天界に
  生れしわが身の幸を思ふも

 見渡せば深く包みし闇の幕に
  遥かの野辺はかくろひにけり

 日並べて旅に立ちつつやうやくに
  一夜をあます草枕はも

 草枕旅の疲れもしらずがに
  駒は安けく眠らひにけり』

 花子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『長旅に疲れし吾も一夜の
  旅とし思へば嬉しくなりぬ

 明日の日は高地秀の宮居の大前に
  復命せむとおもへばうれし

 高地秀の宮居は常に紫の
  雲立ちのぼり清しき山はも

 久方の天津御空に聳えたる
  高地秀山の春はうるはし

 百千花咲き足らひたる高地秀の
  山は天界の姿なるかも』

 小夜子比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『小夜更けて眠らへぬままに草の露
  素足にふめば清しかりけり

 明日の日は高地秀の宮居に帰らむと
  おもへば心をどりて眠れず

 日並べて旅の楽しさ苦しさを
  悟らひにつつ一夜となりぬ

 一夜の野辺の宿りももどかしく
  おもひぬるかな聖所近みて

 御樋代の神打揃ひ紫微の宮居に
  詣でしことを珍らしとおもふ

 主の神の恵みに夜も安らけく
  幾日の旅をつづけけるかも

 わが心頓に勇みて眠られず
  駒のあがきの音ききて居り

 薄曇る春の陽気のただよひて
  風静かなる神苑にかへらむ

 大宮居の庭を流るる清川に
  明日はかへりて禊せむかな』

 天津女雄の神は御歌詠ませ給ふ。
『御樋代の神の御供に仕へつつ
  高地秀の宮居に近づきしはも

 いざさらば夜の明くるまで眠るべし
  春の気のただよふ野辺の草生に』

 斯く神々は述懐歌をうたひつつ夜の明くるを待ち給ひ、再び駒の蹄の音勇ましく、次ぎの日の真昼頃、やうやくにして高地秀の宮居の聖所に無事帰らせ給ひける。
(昭和八・一二・五 旧一〇・一八 於水明閣 内崎照代謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki