王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第76巻 天祥地瑞 卯の巻
文献名2第3篇 孤軍奮闘よみ(新仮名遣い)こぐんふんとう
文献名3第14章 磐楠舟〔1931〕よみ(新仮名遣い)いわくすぶね
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
夕暮れ近くなったころ、前方に横たわる沼にさえぎられたところで、駒が突然一歩も動かなくなった。朝香比女はその様子を怪しんだが、ともかく休みを取って様子を見ようと、萱草の芝生に降り立った。

比女は萱草にどっかと腰を下ろして様子を見守っていたが、果たして駒は次第に後じさりし、驚きの声を上げて凶事を知らせるようなそぶりをした。

どうやら曲津神が罠を張って待ち構えていると察した比女は、火打ち石を取り出し、かちかちと打ち出だせば、枯草に燃え移って風に乗って広がり、沼の岸辺まで届いて止まった。

すると、辺りを包んでいた深い霧が晴れ、空も晴れ晴れとして月が地上に光を落とし始めた。これは、八十曲津神が比女の真火の功に傷つき追いやられた結果であった。

一度は退いた曲津神たちであったが、今度は比女を沼に迷い込ませて仇を取ろうと、第二の罠をはって待ち受けていた。

朝香比女は心落ち着き、広く広がる沼の岸辺に駆け寄って、波間に浮かぶ月影を眺めながら今の事件を述懐する歌を歌った。

ふと見ると不思議なことに、小石一つない沼の水際に、長方形の巌が横たわっていた。比女は言霊にて、主の神の恵みにより休み所となる巌を賜ったと歌い、まだ若い巌なので、舟にして沼を渡ろう、と歌った。

するとまた不思議なことに、比女は、巌がまるで柔らかい粘土でもあるかのように、中をえぐって舟の形を作り、天の数歌・言霊歌を歌った。たちまち巌舟は木の舟に変じ、自ずからするすると水際にすべり出た。

比女は駒と共に舟に乗り込み、沼の果ての岸まで渡り来た。そして、この舟は千引きの巌となって、永遠にこの岸辺にあるように、と言霊歌を歌うと、舟は元のような巨巌となって、水際に屹立した。

この巌を御舟巌という。そのうちに東雲の空が次第に明らみ、日が雲を押し分けて昇り来たり、沼の面をくまなく照らし渡った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月08日(旧10月21日) 口述場所水明閣 筆録者森良仁 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月23日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 570頁 修補版 校定版431頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7614
本文のヒット件数全 0 件
本文の文字数3027
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  高地秀山の聖場に  御樋代神と仕へたる
 八柱比女の神司  中にも別けて面勝の
 神とまします朝香比女は  雄心押さゆる由もなく
 桜の花の散り敷ける  春の夕の唯一人
 白馬に跨りしとしとと  踏みも習はぬ大野原
 道なき道を別けながら  狭葦の河瀬の曲神を
 生言霊を打ち出し  真火の功に追ひ払ひ
 再び荒野をわたりまし  栄城の山の聖場に
 着かせ給ひて百神の  あつき待遇喜びつ
 暫し御足を留めつつ  又もや駒に鞭うちて
 太元顕津男の神の  御許に進み行かばやと
 未だ地稚くもうもうと  霧立ち昇る大野原
 一人雄々しく出で給ふ。
 夕暮近くなりし頃、前方に横はる大沼あり、駒は左右の耳を前方に傾け、俄に蹄を止め、何程鞭うち給へども一歩も進まざる怪しさに、兎も角も旅の疲れを休らへ様子を見むと、萱草茂る芝生に下り立ち給ひける。
 要するに総て馬は鋭敏なる動物にして、前方に敵ある時は耳を前方に傾け進まむとせず、又馬自身の気分良き時得意なる時は、耳を真直に空に向つて欹て、又騎手に対し不満を抱き或ひは振り落さむと思ふ時は、左右の耳を後方に傾くるものなり。故に馬に乗るものは第一に耳の動作に注意すべきものとす。
 朝香比女の神は萱の生にどつかと尻を落付け、暫し双手を組み考へ給ひけるが、白駒は一脚一脚後退り止まず、果ては前脚を上げて直立し、驚きの声を放ちて凶事を報ずるが如く見えける。

『わが駒の驚く見れば行く先に
  曲津見は罠を造り待つらむか

 前方に左右の耳をかたむけて
  歩みたゆとふ駒のあやしも

 果しなき大野の末に黄昏れて
  わが駿馬は居竦みさやぐも

 濛々と夕の霧のふかみつつ
  咫尺弁ぜぬ怪しき野辺なり

 斯くならば夜の明くる迄草の生に
  駒をやすめてわれは待たなむ

 進み進み退く事を知らぬ吾も
  駒おどろけばせむすべなけれ

 夕烏声も悲しくきこゆなり
  霧ふかしくて影は見えねど

 陰々と邪気迫り来てわが水火も
  今は苦しくなりにけらしな

 顕津男の神の神言は日並べて
  斯かる艱みに逢はせ給はむ

 面勝の神と言はれし吾にして
  如何で曲津にためらふべしやは

 今こそは燧を打ちて真火照らし
  八十の曲津をしりぞけむかな』

 斯く歌ひながら燧を取出し、かちりかちりと打ち出し給へば、火花は四辺に散りて原野に落ち、若草の根に重りたる去年のかたみの枯草に忽ち火移り、見る見る吹き来る風に煽られて、火は前方に延び広まり、沼の岸辺に到りて燃え止まりける。四辺を包みし深霧は俄に四方に散り失せ、空晴々と青雲の生地を現はし、六日の月は鋭き光を地上に投げければ、目路の限り一点のさやるものなく、沼の面はきらきらと月光浮ぶ夜とはなりける。八十曲津見の神は狭葦の河瀬の真夜中を、朝香比女の神の真火の功に退はれ傷きたれば、暫し影を潜め居たりしが、火傷も漸く癒えければ第二の作戦計画を思ひ立ち、駒諸共に沼の中に迷ひ入らしめ、仇を報いむと待ち居たりしなり。駿馬は早くも前方間近く斯かる難所のあるを知りて、危難を恐れためらひしものと思はる。
 茲に朝香比女の神は心落付き給ひ再び駒に跨りて、広く長く展開したる沼の岸辺に駈け寄り給ひ、波間に浮べる爽けき月光を眺めながら、御歌詠ませ給ふ。

『曲津見の醜のたくみも霧となり
  煙となりて逃げ去りにけり

 大野原わが打ち出でし火に焼かれ
  あとかたもなく清められたり

 曲津見は此の荒野に影ひそめ
  われ傷ふと待ち構へ居しか

 駿馬の敏き耳と眼に看破られて
  八十曲津見の罠はやぶれし

 有難し神の賜ひしこの真火は
  わが行く道の守りなるかも

 幾万の曲津見来り襲ふとも
  われには真火の剣ありける

 きらきらと水の面に冴ゆる月光は
  わが背の岐美の御霊なるかも

 千万里遠きにいます背の岐美の
  影を間近く此処に見るかな

 上下にかがやきわたる月光は
  わが背の岐美と思へば嬉しも

 此沼を見つつすべなし吾行かむ
  西方の国土をさへぎるこの水

 兎に角に今宵は沼の月光に
  いむかひながら夜を明すべし』

 朝香比女の神は駒の背よりひらりと下り給へば、不思議なるかな、小石一つなき汀に長方形の巌横はりありければ、格好の坐席なりと腰打ち下し憩ひ給ひつつ、御歌詠ませ給ふ。

『主の神の恵なるらむ汀辺に
  わがやすむべき巌はありけり

 此巌に吾身の疲れやすめつつ
  月を拝みて夜を明かさばや

 虫の音は焼き払はれし草の根に
  ひそみて鳴くかこゑの悲しき

 波の面を右と左に飛び交ひて
  土鳥啼くなり月にはえつつ

 いつの間にかわが駿馬も巌の上に
  蹲りつつ水火をやすめり

 此巌未だ稚ければ舟にして
  この広沼をわれは渡らむ』

 斯く歌はせ給ひながら、比女神は細き柔かき左右の御手もて、巌の中をゑぐり舟の形となし給ふ。恰も陶器師が柔かき粘土を以て皿、茶碗などを練るが如く、またたく間に舟の形を造り、
『一二三四五六七八九十
  百千万千万の神
   集まり来りて守り給はれ

 ハホフヘヒ舟に成れ成れ此の巌
  今わが造りしこれの巌舟

 水の面に浮ぶるまでも軽くなれ
  軽くなれなれ木舟の如くに』

 斯く宣らせ給ふや、流石の巌舟も忽ち木舟と変じ、自らするすると滑りて汀辺にぽかりと浮きければ、比女神は駒諸共に舟中に飛び入り給ひ、

『天晴れ天晴れ生言霊の幸はひて
  巌は真木の舟となりける

 艪も楫もなけれど吾は言霊に
  これの御舟をあやつり渡らむ

 大空の月は益々冴えにつつ
  わが乗る舟は波すべるなり

 水底にうつろふ月を眺めつつ
  波のおもてを風なでて行く

 天と地の中空わたる心地かな
  上と下とに月をながめて

 千万の御空の星は水底の
  金砂銀砂となりてかがよふ

 曲神の醜の奸計の千引巌も
  われをたすくる舟となりしよ

 駒よ駒汝は賢しく雄々しけれ
  曲津の奸計をわれに知らせし

 如何程に沼は広くも言霊の
  力に暁岸辺につかむ

 やすやすと御舟の中に月を見つ
  旅の疲れをやしなはむかな

 西北の風に送られわが舟は
  艪楫なけれどいやすすむなり

 高地秀の山は雲間に聳え立ち
  今宵の月に照らされにつつ

 仰ぎ見ればはろけかりけり高地秀の
  山出でしより久しからぬに

 栄城山尾の上ほのぼの見えにけり
  月のしたびに尾根晴れにつつ

 大空に月は照れども遠々し
  高照山はすがた見えなく

 眼に一つさやるものなき大野原
  この広沼の月はさやけし

 わが行かむ道を遮る曲津あらば
  生言霊に追ひ退け行かむ

 天と地の広きが中を駈り行く
  われは一人の旅なりにけり

 駿馬のたすけによりて果しなき
  大野をわたる吾はさびしも

 淋しさの心の駒に鞭うちて
  勇み進まむ果なき国原を

 わが舟は彼方の岸に近づきて
  御空の奥はしののめにけり

 岸辺近くなりて清しき鵲の
  鳴く音は高く聞え来にけり

 やがて今朝日昇らば百鳥の
  声もすがしく世をうたふらむ』

 漸くにして御舟は、広き沼の果なる岸辺に横はりければ、朝香比女の神は駒諸共舟を乗り捨て、

『わが舟は千引の巌と体を変じ
  これの岸辺に永久にあれかし

 一二三四五六七八九十
  百千万舟よ舟
   元の如く巌となれなれ
    堅磐常磐の千引の巌となれなれ』
 斯く宣らせ給ふや、御舟は忽ち元の如く大巨巌となりて汀辺に屹立せり。此の巌を御舟巌と名付け給ひける。
 東雲の空は次第々々に明らみにつつ、新しき天津日は煌々と雲押し分け昇らせ給ひ、沼の面を隈なく照らさせ給ふ。
(昭和八・一二・八 旧一〇・二一 於水明閣 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
オニド関係の更新情報は「オニド関係全サイトの更新情報」を見れば全て分かります!
王仁DB (王仁三郎データベース)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:【メールアドレス(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2022 Iizuka Hiroaki