王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第1篇 万里の海原
文献名3第4章 狭野の島生み〔1936〕
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ神々は、朝香比女の功に魔の島がたちまち豊かな島に変わったことを賛美する歌を歌った。
朝香比女により、この島は狭野の島と名づけられた。狭野の島の経営を共に任せられた狭野彦は、国津神たちをこの島に移住させて、清き神国を造ろうと、豊富を歌った。
朝香比女は、天中比古と狭野彦をこの島に残し置き、四柱の神々とともに霧の海を順風に送られ、南へ南へと進んで行った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月12日(旧10月25日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者林弥生 校正日 校正場所
OBC rm7704
本文の文字数3523
本文のヒット件数全 0 件/島生み=0
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  神々は朝香比女の神の生言霊の功に、いたく感じ給ひつつ讃美の御歌詠ませ給ふ。
 初頭比古の神の御歌。
『掛巻くも綾に畏き朝香比女の
  神の言霊に曲津は亡びぬ

 曲津神の災せむと待ち居たる
  島は忽ち天国となりける

 善き事に曲事いつき曲事に
  善き事いつく神世なりける

 御樋代の神と現れます朝香比女の
  神の功に戦きにけり

 曲津見は力の限りを搾り出して
  魔の島ケ根となり居たりける

 朝香比女神は曲津の奸計を
  悟りて言霊宣らせ給ひぬ

 魔の島も比女の神言に敵し得ず
  宣らすがままに固まりにけり

 八柱の御樋代神の中にして
  朝香の比女は勝れましけむ

 かくの如生言霊の光りある
  比女神こそは御樋代なるよ

 御樋代と御名負ひませる功績は
  生言霊に現れにけり

 アの声の生言霊に生れ出でし
  われ驚きぬ比女の光に

 海原を包みし雲霧晴れにつつ
  目路の限りは波かがやけり

 魔の島は次第々々に拡ごりて
  天界の光となりにけらしな

 曲津神の潜みし島も比女神の
  御水火に生きて光り充つるも

 今日よりは樹々の木の実も穀物も
  いや茂らひて神を生かさむ

 国津神の永久の楽土と今日よりは
  生れ出でにけり狭野の島ケ根

 魔の島の名を改めて狭野の島と
  朝香の比女は名を賜ひけり

 朝香比女神の功に包まれて
  わが神魂さへかがやきにけり』

 起立比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『狭野の島の真中に立てる山脈は
  今日より朝日の山となりけり

 朝日照り夕日輝く朝日山に
  生ふる草木は永久に栄えむ

 駿馬の丈より高き黒き蟻の
  姿はいづく跡かたもなし

 曲津神の頭の虱の姿ぞと
  聞きてゆわれは驚きにけり

 魔の化身蟻の棲みたる浮島も
  生言霊に天界となりけり

 国土を生み国魂神を生まさむと
  旅に立たせる比女の功よ

 比女神の功は今や目の前り
  狭野の島根に拝みにけり

 天中比古神永久に鎮まりて
  狭野彦の神と世を拓きませ

 国土を生み八十嶋を生み国魂を
  生みます旅を尊しと思ふ

 御樋代は八十柱ませど比女の如
  雄々しき神はなしと思ふも

 眉目容姿美しき朝香比女神の
  貴の言霊澄みきらへるも

 立世比女神の神言の側近く
  侍らしまして光りますらむ

 久方の御空は清く澄みきらひ
  朝日は照れり生言霊に

 かくの如天津日のかげ照り渡る
  天界に曲津は影を止めじ

 今日よりは国津神等悉く
  世を楽しみて立ち働かむ

 山も海も生言霊の幸ひに
  栄え果てなき神の食国よ

 波の秀を右や左に飛びかひて
  百鳥千鳥も世をうたふなり

 大空の晴れ渡りしゆ真鶴は
  翼揃へて舞ひ遊ぶなり

 鳳凰は翼を朝日にかがやかせ
  わが頭辺を静かに舞へるも

 大いなる鷲の一群雲の如
  伊渡り来りて御空に勇めり

 昼月の光さへ白く冴えにつつ
  狭野の天界の栄えを照らせり

 朝香比女神の御水火に生れたる
  この神島は栄え果て無けむ』

 立世比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『わが公は四方の天地を包みたる
  醜の雲霧払はせ給へり

 栄城山神の御水火に生れたる
  われはエ声の愛の神なり

 わが公の御身の廻りを朝夕に
  守りて其の美を保たせまつらむ

 何時までも花の粧ひ顔を
  保たせ給へと朝夕守らむ

 顕津男の御前に進ますわが公の
  若き姿を照らし守らな

 幾万年の末の末までやさ姿
  このまま若く居ませと祈るも

 朝夕に生言霊を宣りあげて
  公の若さを永久に守らむ

 立世比女神の神言は神々の
  よき面ざしを守る神なり』

 天中比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『御樋代神生言霊に定まりし
  狭野の島根は清く生れし

 狭野の島の柱とわれは任けられて
  永久に世をひらく楽しさ

 比女神の生言霊に生れたる
  この狭野島を清く守らむ

 国津神狭野彦あれば百千々の
  種を隈なく蒔きて育てむ

 朝香比女神の神言の御供せむと
  思へど詮無きわれとなりけり

 永久の命保ちてこの島の
  主と仕へ光りとならむ

 曲津見の頭に生ひし大蟻も
  今は残らず土となりける

 この島の土はことごと黒けれど
  やがて拓かば真土とならむ

 幾万の蟻はことごと土となりて
  狭野の島根の肥料とならむか

 地稚く国土稚けれど言霊の
  水火を凝らして固めひらかむ』

 天晴比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『主の神のパ声になりしわれ故に
  天晴比女の神といふなり

 大空はパツと明るくなりにけり
  四方を包みし雲霧はれにつ

 朝香比女御樋代神に従ひて
  われは御空をはらしゆくべし

 地稚き稚国原は霧たちて
  八十の曲津の棲処にはよき

 霧こむる稚国原をことごとく
  パの言霊にはらし進まむ

 限りなき尊き神の御恵みに
  天晴比女と生れしわれなり

 天も地も清くはらして御尾前に
  仕へまつらむ神業たすくと

 勇ましくやさしくいます御樋代神の
  生言霊は光りなりけり

 六合を照らし清むる比女神の
  水火の力にさやるものなし

 心清く神魂の清き比女神の
  御水火は光りとなりて出づるも

 かくの如尊き神は天地の
  中にあらじとかしこみ敬ふ

 天地を晴らし清むるわれながら
  御樋代神の光りに劣れり

 主の神ゆ御樋代神と選まれしは
  実に実に宜べよと悟らひにけり

 大いなる国土生みの神業をあちこちに
  ひらかせ給ふ比女神かしこし』

 狭野彦は歌ふ。
『天津神の中に交はり国津神われは
  よき言霊を聞きにつるかも

 狭野の島をひらけと宣らす言霊を
  われ嬉しみて勤しみ仕へむ

 狭野の島は未だ稚ければ天津神
  朝な夕なに力添へ給へ

 朝香比女神の神言を畏みて
  束の間さへも忘れず勤めむ

 この島に国津神々移し植ゑて
  清き天界をひらかむと思ふ』

 朝香比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『諸神の称へ言葉を聞ながら
  小さき功をわれは恥づるも

 御樋代の神と名を負ふ身ながらも
  力の足らはぬわれなりにけり

 今日よりは諸神等にたすけられて
  神業に仕ふと楽しみおもふ

 天中比古神は狭野彦を守りつつ
  ひらかせ給へ狭野ケ島根を』

 朝香比女の神は、かく御歌を詠ませ給ひつつ、天中比古の神及び国津神狭野彦をこの島に残し置き、四柱の神等とともに、晴れ渡る霧の海原を順風に送られ、心朗らかに南へ南へと進ませ給ひける。
(昭和八・一二・一二 旧一〇・二五 於大阪分院蒼雲閣 林弥生謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki