王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第3篇 善戦善闘よみ(新仮名遣い)ぜんせんぜんとう
文献名3第15章 笹原の邂逅〔1947〕よみ(新仮名遣い)ささはらのかいこう
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ霊山比古の神は、小笹の芝生に曲津神の計略を逃れ、一夜を明かした。ようやく東の空に昇る天津日の光に、蘇生の息をついた。そこへ、保宗比古、直道比古、正道比古、雲川比古らがやってきて、昨晩の様子を霊山比古に問うた。一同はやはり、霊山比古同様、曲津神に計略を仕掛けられたのだが、それぞれ敵を見破り、事なきを得た。その話をおのおの交換しあった。一同は征途のかどでに、神言を上げ、笹原の細谷川でみそぎをなした。そのすがすがしさに、みな元気を取り戻し、曲津神との戦いに備えて気勢を上げる歌を、それぞれ歌った。そこへ、三柱の比女神たちが現れて、一同に合流した。山跡比女の神は、曲津神が三女神に化けて計略をするだろうとの御樋代神(田族比女神)の計らいにより、わざと後れて進発したのだ、と明かした。一同は田族比女の神の先見をたたえつつ、部署をそれぞれ定めて、魔棲ケ谷を指してさらに進んでいくこととなった。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月15日(旧10月28日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者谷前清子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月30日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 654頁 修補版 校定版253頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7715
本文の文字数4567
本文のヒット件数全 2 件/山跡比女=2
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  霊山比古の神は、小笹の芝生に曲津見の計略も難なく逃れて一夜を明し給ひけるが、漸く東の空を照して昇らせ給ふ天津日の光に、蘇生の息を吐き給ひける。
 折しも保宗比古の神、直道比古の神、正道比古の神、雲川比古の神の四柱は、この場に悠々と駒の手綱をかいくりながら現はれ来り、駒をひらりと飛び下り、保宗比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『霊山比古の神は事無くおはせしか
  夜半を進みし醜の常闇に

 吾こそは道の行手を塞がれて
  咫尺弁ぜず途中に宿りし

 東雲の空を力に立ち出でて
  駒を急がせここに来つるも』

 霊山比古の神は答の御歌詠ませ給ふ。
『待ち待ちし四柱比古の姿見つ
  わが魂線は蘇りたり

 常闇の小笹ケ原に夜をこめて
  醜の曲津と言問ひしはや

 醜女探女も夜光の玉を照らしつつ
  吾を魔窟に誘はむとせし

 三柱の比女神の姿と体を変へて
  やさしく吾を誘ひしはや

 竜神は眼を光らし吾前に
  夜光の玉と偽りにける

 いかにして進まむ由もなかりけり
  咫尺弁ぜぬ黒雲の幕に

 青臭き息に囲まれ玉の緒の
  生きの生命を危ぶみにけり

 これよりは部署を定めて各も各も
  魔棲ケ谷に進まむと思ふ』

 保宗比古の神は驚きながら御歌詠ませ給ふ。
『吾も亦とある小さき森蔭に
  やすらひにつつ夜光の玉見し

 三柱の比女神吾にも現はれて
  夜光の玉に誘ひにけり

 如何にしても怪しきものと思ひしゆ
  吾言霊に逐ひやりにけり

 三柱の比女神等の面ざしに
  似たれど少しは怪しと思へり

 兎にもあれ角にもあれや夜の明くるを
  待たむと心定めたりしよ』

 直道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『吾も亦醜の曲津の化身なる
  三柱比女の神に逢ひける

 曲津見の猛び忌々しければ吾許に
  来れと彼等は誘ひにけり

 よく見れば二つの耳は動きたれば
  正しく曲神の化身と悟りき

 言霊の水火をこらして曲神を
  伊吹き払へば消え失せにけり

 色々と手段を持ちて曲神は
  吾等が征途を防がむとすも』

 正道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『吾前に三柱比女は見えねども
  夜光の玉の地に落ちゐたるよ

 吾伊行くあたりの闇を射照らして
  夜光の玉はかがやきにけり

 怪しみて吾手にふれず鞭もちて
  打てば夜光の玉は動けり

 闇の夜を照らす真玉と見えけるは
  正しく竜の眼なりけむ

 大いなる騒ぎの音を立てながら
  夜光の玉は千々に砕けぬ

 竜神の眼は砕け破れつつ
  独眼竜となりて逃げしか』

 雲川比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『荒野ケ原に吾も漸く黄昏れて
  やさしき女に出会ひけるかも

 先に立たす比古神等は悉く
  滅び給へば進ますなと宣りし

 怪しかる女神は秋波をよせにつつ
  吾駒の首に飛びつきにけり

 駒に鞭あつれば忽ちをどり上り
  女神を捨てて駆け去りにけり

 ここに来て始めて知りぬ比古神の
  事なく在せしを雄々しき姿に

 いざさらば天津日の光昇りませば
  部署を定めて征途に上らむ

 曲神の醜の奸計はこまやかに
  手筈極めて待ちあぐむらむ

 兎も角も今日の首途に先立ちて
  この笹原に神言宣らむか』

 霊山比古の神其他の諸神は、雲川比古の神の提言に賛意を表し、天地も割るる許りの言霊をはり上げて、貴の神言を宣らせ給ひぬ。霊山比古の神は小笹ケ原を流るる細谷川の清水に禊し給へば、四柱の神も吾後れじと健びの禊を修し給ひ、各自首途の御歌詠ませ給ふ。
 霊山比古の神の御歌。
『天晴れ天晴れ細谷川に禊して
  吾言霊は清まりしはや

 斯く迄も禊の神事の畏さを
  悟らざりしよ愚かなる吾は

 みそぎして吾気体も魂線も
  清めし上は恐るる事なし

 吾魂は冴えに冴えつつ鳴り出づる
  生言霊の力満ちぬる

 玉の緒の生きの生命もさやさやに
  清まりにつつ光を増しけり

 奴婆玉の闇より黒き曲神の
  魂を照らして勝鬨あげむか

 はてしなき生言霊の力もて
  進まむ今日の出で立ち楽しも

 曲神の醜の砦も近づきぬ
  いざや進まむ言霊照らして

 八十曲津谷間に深くひそむとも
  現はしくれむ言霊の光に

 鷲の棲みしこの森林の谷間を
  安く開きて吾は進まむ』

 保宗比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『禊して吾身はあかくなりにけり
  いざや進まむ魔棲ケ谷に

 万里の島に永久にさやりし曲神の
  滅ぶる時は今や来にけり

 雲を起し霧を湧かしてすさびたる
  曲神滅ぶと思へば楽し

 千引巌あまた並べて構へゐる
  醜の砦も何か恐れむ

 黒雲の中にかくれて邪気を吐く
  八十の曲津の終りなるかも

 主の神のたまひし厳の言霊を
  今日の禊に清めて進まむ

 月も日も包みかくして荒びたる
  魔棲ケ谷の砦を放らむ』

 直道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『白馬ケ岳の頂までも黒雲を
  起して曲津は待ち構へ居り

 白馬ケ岳百谷千谷に黒雲を
  湧かせて曲津は吾等を遮れり

 アオウエイの生言霊に荒び狂ふ
  竜も大蛇も生命をたたむか

 おとなしく服従ひ来れば吾も亦
  愛のこころを起して救はむ

 御樋代の神の天降りし万里の島を
  清むも吾等が務なりける

 田族比女神は泉の森蔭に
  吾戦を守りますらむ

 溪川をおつる滝津瀬高けれど
  水は残らず赤濁りたり

 溪川の流れを見れば曲津見の
  こもれる水火の濁りなりけり

 この水の流るる所浸みる所
  木草は育たず穀物実らず

 曲神の醜の砦を打ち破り
  清き清水の滝津瀬とせむ

 さりながらこの一筋の細谷川は
  禊の為に澄みきらひたり

 主の神の禊せよとて造らしし
  小川と思へば尊かりける』

 正道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『両肩に重荷を負ひし心地して
  神の神言をかしこみ進むも

 夕されば曲津の荒び強からむ
  真昼の間によく戦はむ

 昨夜の如曲津の化身現はれて
  吾等を迷はす事の憎ければ

 曲神は真昼を恐れ真夜中を
  吾世となして猛び狂ふも

 夕されば戦休み時じくに
  生言霊を宣りて明さむ』

 雲川比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『雲霧となりて天地を塞ぎたる
  曲津見今や滅びむとすも

 五男三女の雄々しき神の行く道に
  いかなる曲津もさやる術なけむ

 兎も角も醜の曲津と戦はむ
  陽のある間ぞ勝利なるべし

 ほしいままに伊猛り狂ふ真夜中に
  曲津を攻むるは益なかるべし

 曲津見は真昼の光を恐れつつ
  雲霧となりて地を包むなり』

 斯く御歌詠ませ給ふ折しも、三柱の比女神は駒の轡を並べてこの場に悠々と現はれ給ひ、山跡比女の神は馬上より御歌詠ませ給ふ。
『五柱の比古神ここに在せしか
  昨夜の闇を案じつつ来し

 吾こそは御樋代神の計らひに
  後れて征途に上り来しはや

 曲神は吾等三柱比女神の
  姿まねぶと思ひて後れしよ

 御樋代の神の言葉に従へば
  曲津は吾等に身を変へしと聞く』

 霊山比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『御樋代神の水ももらさぬ御計らひに
  われは驚き畏むばかりよ

 山跡比女神の宣らせる言の葉の
  畏さ吾身に迫るものあり

 曲津見は三柱比女の神と化し
  吾誘ふと計らひしはや

 さりながら吾魂線はささやきぬ
  曲神の化身よ心許すなと

 吾魂の囁き言葉に従ひて
  曲の奸計の罠をのがれし』

 千貝比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『五柱比古神等に後れ来しも
  曲の奸計を思ひてなりけり

 田族比女神の神言のさとき目に
  吾も今更驚きにけり

 吾来る道はほのぼの明るみて
  月のかかれる野辺なりにけり

 小笹原芝生に五柱神ますと
  宣らせ給ひぬ御樋代の神は

 御言葉の如く五柱比古神は
  小笹ケ原に待ち給ひける

 斯くの如神の守りの強ければ
  醜の曲神も何か恐れむ』

 湯結比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『三柱の比女神夜の大野ケ原を
  ほのかな月に照らされて来し

 吾来る大野ケ原に夜は明けて
  駒の歩みも早くなりける

 言霊の天照り助くる神の世に
  醜の曲神のいかで栄えむ

 いざさらば諸神等と言霊の
  水火を合せて進みに進まむ』

 霊山比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『斯くの如五男三女の神柱
  集ひし上は急ぎ進まむ

 さりながら神々等は各も各も
  部署を定めて攻め上らむかな』

 ここに五男三女の神は各の部署を定め、遥か彼方の空に巍峨として峙つ魔棲ケ谷さして進み給ふ事とはなりぬ。
(昭和八・一二・一五 旧一〇・二八 於大阪分院蒼雲閣 谷前清子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki