王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第4篇 歓天喜地よみ(新仮名遣い)かんてんきち
文献名3第21章 泉の森出発〔1953〕よみ(新仮名遣い)いずみのもりしゅっぱつ
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ一同は、魔棲ケ谷の曲津神たちを根絶したことによろこび、御樋代神・田族比女の神をはじめ、それぞれ戦いの述懐と、これからの神業に思いを馳せる歌を歌った。歌っているうちに、空は明けはなれ、木々に鳥がさえずり、朝露は朝日に照らされて七色に光り、たとえようもない美しい朝を迎えた。そこへ、霊山比古の神を先頭に、五柱の神々は無事に帰陣し、御樋代神の前に、凱旋報告の歌を奏上することとなった。男神たちは、御樋代神の言霊の神力をたたえ、戦いを述懐し、そして勝利を祝い喜ぶ歌を、それぞれ歌った。最後に雲川比古は、今や御樋代神の聖所へ帰って行く時である、と歌い宣言し、一同は万里ケ原の聖所目指して帰りの途についた。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月16日(旧10月29日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者谷前清子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月30日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 684頁 修補版 校定版361頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7721
本文の文字数4271
本文のヒット件数全 1 件/山跡比女=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  田族比女の神始め二男三女の神等は、魔棲ケ谷の曲神の跡もなく全滅したるを喜び給ひて、月照りかがよふ泉の森の真砂を踏みしめ乍ら心朗かに各自御歌詠ませ給ふ。
 田族比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『千早振る神の御水火の澄みきらひ
  万里の島根も蘇へりたり

 時じくに雲の包みし大空も
  晴れて清しき万里の島ケ根

 主の神の依さし給へる御樋代の
  神の神業も成り初めにけり

 かくならば恋しきものは顕津男の
  神の神言の御姿なりけり

 長年を待ちつ暮せど背の岐美は
  万里の外にいますがつれなき

 国津神を万里の島根に植ゑ移し
  国魂神を生まむとぞ思ふ

 八十柱の御樋代神と選まれて
  吾はさみしく月日を送るも

 高地秀の宮を立ち出で遥々と
  この稚国土に来りて久しも

 年さびむ事をおそれつ今日迄も
  岐美の出でまし待ち佗びしはや

 仰ぎ見る御空の月のさやけさに
  恙あらせぬ岐美を思ふも

 天渡る月の面を仰ぎつつ
  夜な夜な恋ふる淋しき吾なり

 ややややに万里の島根は固まりぬ
  いざこれよりは国魂生まむか

 国魂の神を生まむと思へども
  背の岐美まさねばせむ術もなき

 この島の永久の司と定まりし
  鶴もゑらぎて御空に立ち舞ふ

 はてしなき思ひ抱きて岐美を待つ
  吾魂線は御空の白雲

 折々は思ひ悩みて吐息しつ
  わが気魂も細りけるかな

 さらさらと梢に風は流れつつ
  露照る月はきらめき渡る』

 輪守比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『御樋代の神に仕へて吾は今
  泉の森の月下に遊ぶも

 いやさゆる月の下びに夜もすがら
  歌うたひつつ眠らえぬ吾よ

 嬉しさと楽しさ一度に迫り来て
  春の短夜さへも眠り得ず

 白梅の月にかがよふあで姿は
  御樋代神の粧ひに似し

 未だ春は若くあれども桜木の
  梢の蕾はほぐれ初めつつ』

 若春比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『小夜更けて月の下びに歌詠みつ
  踊りつ舞ひつ楽しき吾なり

 真清水の泉に浮ぶ月光を
  砕きて過ぎぬ春の夜風は

 余りにも月の光りのさやかなれば
  楠の樹蔭は一入暗きも

 紫の花匂ひつつ池の辺に
  あやめはここだ咲き出でにけり

 真白なる花を交へて池の辺の
  菖蒲は春の夜を匂ひつつ

 所どころ水鏡照る湧き水を
  ふさぎてあやめは咲き出でにけり

 曲神の影は地上に消え失せて
  月のみひとりさやかなるかも』

 山跡比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『曲神の征途の戦をさまりて
  泉の森の聖所に遊ぶも

 村肝の心も魂も清々し
  泉の森に公と遊びて

 心安の国土のしるしか真砂照る
  泉の森に月は冴えつつ』

 千貝比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『草も木も若返りたる心地かな
  空に澄みきる月の下びに

 仰ぎ見れば幾億万の星の砂
  俯してし見れば真砂に星照る

 星と星月と月との中空に
  雲の如くにうけるこの森

 常磐樹の梢の濡葉にきらめきて
  千々に照らせる今宵の月光

 新しく蘇へりたる心地すも
  曲神征途の戦終りて

 吾駒も疲れたるらむ草の生に
  身を横たへて安く眠れり

 はてしなき荒野を渡り進みてし
  駒の功を照らす月光

 小夜更けて森の傍のこもり枝に
  かすむが如くふくろふの鳴くも

 これの世に吾生れ来て始めての
  清しき思ひに満たされにける』

 湯結比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『鷲馬の背に跨りて御空はろか
  渡りし思へば怖気立つかも

 村肝の心威猛り曲神の
  醜の砦に空よりのぞみし

 心安き神世にありせば斯くの如
  放れし危ふき業はなさじを

 玉の緒の生命の限り吾公に
  真言捧げて仕へ奉らむ

 月冴ゆる泉の森に夜もすがら
  御樋代神と楽しく遊ぶも

 東雲の空は漸く明るみて
  紫の雲ただよひにけり

 五柱比古神やがて駿馬の
  轡並べて帰り来まさむ』

 斯く歌はせ給ふ折しも、東の空はからりと明け放れ、百鳥の声は樹々の梢に囀り、朝露はさし昇る天津日に照らされて七色の光りを放ち、その美しさ譬ふるにものなかりける。
 かかる所へ霊山比古の神を先頭に保宗比古の神、直道比古の神、正道比古の神、雲川比古の神の五柱は、勇気を満面に充たせつつ、この度の戦に大本営と定まりし泉の森の聖所に無事帰陣し給ひける。霊山比古の神は御樋代神の側近く進みより、恭しく拝跪しながら凱旋報告の御歌を詠ませ給ふ。
『天晴れ天晴れ尊きろかも吾公の
  水火の光りに曲津は滅びし

 千万の曲津の奸計をふみ越えて
  神の力に勝鬨あげしよ

 曲津見は千引の巌と身を変へて
  吾登りゆく道を塞ぎし

 三柱の比女神となりて曲津見は
  吾を詳に謀らむとせり

 曲津見の化身の巌を踏み固め
  暫しの憩所と吾なしにけり

 御樋代の神と曲津は変じつつ
  吾を屡々ためらはしける

 村肝の心の玉をとぎすまし
  吾ためらはず戦ひにけり

 三柱の比女神等の放れ業に
  もろくも曲津は滅び失せぬる

 七宝をとり散らしつつ曲津見は
  雲井の空に消え失せにけり

 心地よく曲津の軍を滅ぼして
  御前に復命するぞ嬉しき

 五柱の比古神いづれも曲津見に
  悩まされつつ戦ひましける

 なかなかに侮り難き曲津見の
  禍のがれしも公の功績

 かなはじと思ひて神言宣りつれば
  光りとなりて助けし吾公

 遥かなる泉の森の空照らし
  吾戦を助け給ひぬ

 年古く曲津の棲まひし魔棲ケ谷は
  堅磐常磐の巌城なりける

 曲神の砦をことごと言霊の
  水火に退ひし心の清しさ』

 保宗比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『千万の悩みしのびて曲津見を
  討ち滅ぼして帰りし嬉しさ

 御樋代の神と変じて曲津見は
  吾魂線を迷はせにけり

 曲津見は女神と変じて吾行手に
  いより集ひて謀らひにけり

 何事も公の言葉に従ひし
  功は曲津に欺かれざりしよ』

 直道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『遥々と大野を渡り醜神の
  百の奸計を踏みにじりつつ

 曲津見の浅き奸計の可笑しさに
  吹き出すばかり思はれにける

 太刀膚の竜神大蛇数限り
  百谷千谷に潜みて戦ふ

 溪々ゆのこる隈なく黒雲を
  吐き出でにつつ吾等を悩めし

 曲神の水火の黒雲は十重二十重
  包みて行く手を閉したりけり

 千万の曲津の砦に立ち向ひ
  神の恵に事なく勝ちしよ

 ありがたき尊きものは言霊の
  水火の光りと深く悟りぬ』

 正道比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『公がます泉の森に帰り来て
  朝の空に復命せむ

 天津日は豊栄昇り四方八方の
  草木諸々蘇へりたり

 何となく心勇まし曲神を
  跡なく討ちて帰りし朝は

 種々の醜の奸計に悩まされ
  漸く曲津をきため帰りぬ

 海を抜く八万尺の白馬ケ岳に
  登りて見はらす国土は遥けし

 曲津見の滅びし後の清しさに
  四方の国形望み見しはや

 牛頭ケ峯の頂いよいよ高くして
  白馬ケ岳と丈をくらべつ

 空に飛ぶ鷹も烏も百鳥も
  はろかに吾より下空にありき

 魔棲ケ谷の丘に登りて見渡せば
  万里の海原波かがやけり

 ここに来て心漸く和みけり
  御樋代神の御前に仕へて』

 雲川比古の神は御歌詠ませ給ふ。
『吾は今申上ぐべき事もなし
  四柱神の復命ありせば

 勇ましき曲津を征途の戦して
  吾天地の心を悟りぬ

 天地の心を永久に抱きつつ
  稚国原を拓かむと思ふ

 限りなきこの広き国土を如何にして
  造りまさむかと公を思ひぬ

 曲津見は雲井の奥に消えし上は
  総てのものはゆたに栄えむ

 天津日は豊栄昇り吾公の
  功を清く照らさせ給へり

 いざさらば万里ケ丘なる吾公の
  聖所をさして急ぎ帰らむ』

 斯く雲川比古の神の提言的御歌に、田族比女の神を始め一行十一柱の神々は、朝日照る大野ケ原を駒の嘶き勇ましく、万里ケ丘さして一目散に帰らせ給ひけるぞ目出度けれ。
(昭和八・一二・一六 旧一〇・二九 於大阪分院蒼雲閣 谷前清子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki