王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第77巻 天祥地瑞 辰の巻
文献名2第4篇 歓天喜地よみ(新仮名遣い)かんてんきち
文献名3第22章 歓声満天(一)〔1954〕よみ(新仮名遣い)かんせいまんてん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ万里ケ原に凱旋した神々は、祝宴を開こうと、万里の国原の生きとし生けるものすべてに、早馬を使わして知らせを告知した。宴の日には、万里の島のすべての生き物が集まって来て、幾千万の馬、牛、羊、ねずみ、蛙が凱旋を祝う声で天地も崩れるばかりであった。この前代未聞の慶事に、御樋代神・田族比女の神は、高殿に登って群集の喜ぶ様をご覧になり、喜びの歌を歌った。ただその中にも、太元顕津男の大神に見合って国魂神を生むことが、まだできていないことをのみ、悔やんでいた。そして、その時をひたすら相待つことを誓って、歌を終えた。続いて、山跡比女、千貝比女、湯結比女の三柱の比女神たちが、祝いと喜びの歌を歌った。
主な人物 舞台 口述日1933(昭和8)年12月16日(旧10月29日) 口述場所大阪分院蒼雲閣 筆録者林弥生 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年3月30日 愛善世界社版 八幡書店版第13輯 689頁 修補版 校定版380頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm7722
本文の文字数3584
本文のヒット件数全 1 件/山跡比女=1
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  万里ケ丘の聖所に凱旋したる十一柱の神々は、喜びのあまり祝宴を開くべく万里の国原の生きとし生けるものの悉くに、駿馬使を遣はし給ひければ、定めの日の来るを待ちつつ八千方里の国土に、生きとし生けるもの等悉く先を争ひ雲霞の如く集り来りて、異口同音に凱旋を寿ぎ歌ふ声は天地も崩るるばかりなりけり。幾千万の馬も牛も羊も鼠蛙も、先を争ひ万里ケ丘の聖所を十重二十重にとり巻き、立錐の余地なきことこそ前代未聞の大慶事なりける。
 ここに田族比女の神は、新たに造り了へたる高殿に登らせ給ひて、群衆の歓ぎ喜ぶ状を遥かにみそなはし歓喜身に溢れて、御歌詠ませ給ふ。
 群集せる総ての生物は、御樋代神の御歌につれて各自手を拍ち足を踏みならし怪しく腰を振りながら踊り狂ふぞ勇ましかりける。
 田族比女の神の御歌。
『久方の天津御空に迷ひたる
 醜の黒雲吹き散りぬ
 天津日光は澄みきらひ
 御空を渡る月読の
 舟は冴えつつ諸々の
 星は御空に輝きぬ
 科戸の風も軟かに
 常世の春を撫でて行く
 百花千花はこの春を
 千歳の楽土と笑まひつつ
 豊にたゆたにかむばしき
 香りを四方に散らすなり
 雲に聳ゆる牛頭ケ峰
 御空に高き白馬ケ岳も
 水火澄みきらひ紫の
 雲の色帯しめまはし
 万里の海原のぞみつつ
 常世の春の目出度さを
 寿ぎまつる如くなり
 百鳥千鳥の囀りは
 伽陵頻迦の声に似て
 聞くも清しき音色なり
 御空に高舞ふ真鶴は
 翼揃へて潔く
 万里の聖所の森の上に
 翼休めて千代うたふ
 花爛漫のこの春を
 白き黄色き胡蝶は来り
 松虫鈴虫きりぎりす
 秋まだ来ねどこの庭に
 伊寄り集ひて万世を
 清しくうたへる目出度さよ
 白馬ケ岳の山麓に
 白雲遊び牛頭ケ峰の
 頂深く包みたる
 濃き紅の雲の色は
 天津日光の寝床かと
 疑ふばかり冴えにけり
 駒は鬣うちふるひ
 右と左に尾をふりて
 醜の曲津を打ち払ふ
 今日の喜び永久に
 語り伝へて後の世の
 神のためしとなりぬべし
 奴婆玉の黒き毛生へる真牛は
 二本の角をふり立てて
 右や左や前後
 前つ太脚ふり上げて
 直立しつつ手の如く
 踊り狂ふぞ面白き
 羊は勇み白兎は
 月の形にまろまりて
 毬と変じつ四方八方に
 まろびつかへりつ踊るなり
 鼠は勇み百蛙は
 掌うちて舞ひ狂ふ
 青き御空を眺むれば
 鳶も烏も隼も
 翼揃へて月の輪を
 描きつ消しつ歌ひ舞ふ
 ああ惟神々々
 八千方里の万里の島は
 宛然主の神永久に
 鎮まりいます天界か
 紫微の宮居の荘厳さも
 今日のよき日の賑はひに
 勝らざらめや惟神
 ただこの上は千万の
 国津神等を移し植ゑ
 稚国原の真秀良場を
 〓怜に委曲に鋤き固め
 木草の種を植ゑおふし
 稲麦豆粟黍の類
 所狭きまで蒔きつけて
 うら安国のうら安く
 生きとし生けることごとを
 天国浄土の楽しみに
 遊ばせ生かせ永久の
 神の御国と定むべし
 ただわれ御樋代神にして
 国土の司と臨むべき
 国魂神を生まざるを
 今日のよき日の喜びの
 一つのうらみと思ふなり
 ああ惟神々々
 神の依さしの時待ちて
 太元顕津男の神の
 みゆきを待たむ村肝の
 心を洗ひ魂清め
 御空に輝く日月の
 清きを保ちて相待たむ
 ああ惟神々々
 万里の島根を永久に
 守らせ給へと久方の
 天津高宮に在します
 主の大神を始めとし
 従へ給ふ百千々の
 畏き神の御前に
 畏み畏み願ぎまつる
 謹み敬ひ請ひまつる』
 山跡比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『天晴れ天晴れ今日の生日の目出度さよ
  総ての生物伊寄り集へば

 わが公の御稜威畏し国原は
  挙りて御前に寿ぎ言宣るも

 雲を抜く白馬ケ岳の頂に
  紫雲棚引き天津日てらふ

 昼月の光は東の大空に
  白く冴えつつ昇りましけり

 月も日も今日の慶事を寿ぐか
  相並ばして昇りましけり

 千早振る神世もきかぬ今日の日の
  寿ぎ言葉国土に充ちつる

 地稚き国土とは言へどかくの如
  数多の生物あるは楽しき

 野に出でて田畑を耕す蛙まで
  この斎場に集ひて踊れる

 上も下も心合せて曲津神の
  亡びし今日を祝ふ宴なり

 山も野も皆おしなべて蘇り
  命の露を照らして果てなし

 限りなき万里の海原に浮びたる
  この稚国土の栄え果てなき

 女神われも曲津の征途に立ち向ひ
  今日の楽しき宴に会ひぬる』

 千貝比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『果てしなき喜びにわれも満されて
  手の舞ひ足の踏み所を知らず

 月も日も豊に光をなげ給ひ
  百の草木の露を照らせり

 この島に生きとし生けるもの皆は
  今日のよき日を祝はぬはなし

 真鶴の永久に治めし稚国土も
  御樋代神の神世となりける

 丹頂の鶴は千歳の常磐樹の
  松を飾りて千代をうたはむ

 かくならば国魂神を生みまして
  国土の司と定めますべし

 そよと吹く風も寿ぐかさやかなる
  音色放ちて森を過ぎゆく

 高殿に御樋代神は上らして
  歌はす御歌の声朗らなる

 わが公の冴えに冴えたる言霊に
  総てのものは蘇るなり

 仰ぎ見れば御空の海は限りなく
  いやふかぶかに青みたるかな

 大空の青き海原渡りゆく
  月読の舟は波きり進むも

 大空に漂ふ魚鱗の雲見れば
  宛然海の波に似しかも』

 湯結比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『天地の開けし時ゆかくの如
  目出度きためしは聞かざりにけり

 もろもろを日に夜になやめ苦しめし
  曲津の滅びし今日ぞ目出度き

 みはるかす万里の丘辺のほとり皆
  伊寄り集へる喜びの声

 昨日まで歎きの声と聞えしは
  うら吹く風となりにけらしな

 喜びの声は天地にみちみちて
  国土の栄えを物語るなり

 御樋代の神の功に地稚き
  万里の国原蘇りたり

 この島に生きとし生ける物等皆
  御樋代神の功をうたへり

 わが公は尊き御身を起しつつ
  曲津の征途に上らせ給ひぬ

 健気なる公の雄健びに励まされ
  女神のわれも征途に向ひし

 わが公の生言霊の御光に
  曲津の軍を逐ひやりにけり

 今日よりは慶事の重なりて
  栄え果てなし万里の国原は

 馬も牛も今日より初めて新しき
  水も飲むべし草も食むべし

 鳥獣虫けらまでも澄みきらふ
  水火に万世を蘇るべき

 御樋代の神に仕へてわれは今
  この喜びを目のあたり見るも』

 かく歌ひ給ふ折しも、群衆の歓ぎ喜ぶ声は刻々に高まり、万里の島根の天地は覆へらむかと思ふばかりの有様を現出したるこそ目出度けれ。
(昭和八・一二・一六 旧一〇・二九 於大阪分院蒼雲閣 林弥生謹録)

 本巻第二十二章を口述し終りたる昭和八年十二月十六日の夕刻なりき。冷雨は大阪分院の広庭に沛然として臻り、時ならぬ雷鳴は深夜の二時轟き渡りて、大地震の勃発せしかと疑ふばかり凄まじき光景を現じたりける。
   口述者識
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki