王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第80巻 天祥地瑞 未の巻
文献名2第3篇 天地変遷よみ(新仮名遣い)てんちへんせん
文献名3第21章 青木ケ原〔2025〕よみ(新仮名遣い)あおきがはら
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ葭原国を東西に画する中央山脈の最高峰が、高光山であった。常に紫の瑞雲がたなびく霊地であった。この地点を青木が原といい、八百万の神が集まって政に仕えていた。御樋代神の朝霧比女の神は、神苑を逍遥しながら国土を統べる神業に心を悩ませていた。朝霧比女の神は、子心比女の神が竜彦をあやしながら養育している様を見て、肌身離さず育んで良く育て、国の司となるように、と言葉を掛けた。子心比女の神は朝霧比女の神の気遣いに感謝し、また火炎山の視察に出た朝空男、国生男の神がどうなったかを尋ねた。すると、ちょうど空に天の鳥船の影が見えてきた。朝空男の神、国生男の神の無事帰着に、高光山の神々は喜びの声を上げた。朝霧比女の神が二神の労をねぎらう歌を歌った。朝空男の神は火炎山の爆発を報告し、国生男の神は、水上山の国津神たちの国土開拓の進捗を報告した。二神は、火炎山の曲津神を焼き滅ぼす力を持った火種が失われてしまったことを懸念し、今後の方策を朝霧比女の神に諮った。朝霧比女の神も今後は御火をどうやって得たらよいかを心配したが、まずは大御照の神が、百日の禊を終えて帰ってくるのを待つようにと歌った。折りしも禊を終えて帰ってきた大御照の神が、青木ケ原の聖場に来着した。そして、万里の海を越えてやってくる朝香比女の神が、御火をもたらすであろう、との預言を賜ったことを明かし、松浦の港に朝香比女の神を出迎えに行くよう進言した。朝霧比女の神は斎戒沐浴し、青木ケ原の神前に自ら斎主となり、天の鳥船での出迎えに当たって空中安全の祈願をなした。祭典の無事終了をもって、朝空男の神、国生男の神、大御照の神の三柱神たちは、鳥船に乗り込んで松浦の港へ、朝香比女の神一行を出迎えに出発した。
主な人物 舞台 口述日1934(昭和9)年07月31日(旧06月20日) 口述場所関東別院南風閣 筆録者谷前清子 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年12月5日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 401頁 修補版 校定版408頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm8021
本文の文字数5179
本文のヒット件数全 6 件/予讃の国=6
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  葭原の国土を東西に画したる中央山脈の最高峯高光山の聖場には、常に紫の瑞雲棚引き、風清く、植物も高地に似ず、神徳に浴して繁茂し、四方の国形を瞰下し得る最勝最妙の霊地なり。この地点を青木ケ原と称し、八百万の神等ここに集りて政に仕ふ。
 朝霧比女の神は青木ケ原の神苑を逍遥しながら御歌詠ませ給ふ。
『久方の高日の宮を立ち出でて
  ここに三年を過ぎにけるかな。

 顕津男の神の出でましおそければ
  吾いたづらに年経むとする。

 葭原を統べ守るべき君なくば
  あらぶる神をいかに治めむ。

 予讃の国の中心に立てる火炎山は
  焔と共に消え失せにける。

 見渡せば火炎の山の跡白く
  湖となりしか波かがよへり。

 予讃の国に吾遣はせし二柱
  いまだ帰らず心もとなし。

 主の神の恵の幸の深ければ
  功を立ててやがて帰らむ。

 目路の限り葭草醜草茂り合ふ
  これの国原如何に開かむ。

 国津神は山々の裾に住まひつつ
  平野は葭と醜草茂らふ。

 この広き醜草生へる野を開き
  五穀など植ゑひろめたき』

 斯く歌ひつつ苑内を逍遥し給ふ折もあれ、庭の樹蔭に小児を抱きて子守唄を歌ひながら、子心比女の神は此方に向つて静に進み来る。
 子心比女の神は歌ふ。
『坊やはよい子ぢやねんねしな
 坊やのお守はどこへいた
 山を越えて野を越えて
 川を渡りて旅に出た
 旅の行く先やいづこぞや
 水上山の聖場へ
 水上山の故郷の
 里のみやげに何もろた
 でんでん太鼓に笙の笛
 ねんねんねんねんねんねしな』
と身体を左右にふり、竜彦の養育に余念なかりける。朝霧比女の神はこの体を見て、
『子心比女神の真心やさしけれ
  竜彦のきみを育みますも。

 この御子は竜の御腹ゆ生れませば
  賢しき御子よ美しき御子よ。

 この御子は育てによりてよくもなり
  悪しくもなるべき性をもつなり。

 朝夕に肌身放さず育みて
  国の司と照させ給へ』

 子心比女の神は歌ふ。
『ありがたし御樋代神の御言葉
  吾謹みて仕へ奉らむ。

 朝空男、国生男の神鳥船は
  いかがなりしか聞かまほしけれ。

 西の空とほく眼を見渡せば
  くろき一つの影の浮べる。

 かすかなる雲の黒影は二柱の
  乗りて帰らす鳥船ならずや』

 朝霧比女の神は、遠く西空をふりさけ見ながら、
『かすかなる影は次々近み来ぬ
  正しく天の鳥船なるべし。

 予讃の国土の禍ひ鎮めて二柱
  復命すと勇み来るも』

 斯く歌ふ折しもあれ、急速力を以て二柱の乗れる鳥船は、青木ケ原の広場に鳩の如くに着陸せり。
 この聖地に仕ふる数多の神々は、二神の無事帰りしを欣喜雀躍し、ウオーウオーと叫ぶ声、高光山も割るるばかりのどよめきなりける。
 朝霧比女の神は二神の側近く進ませ給ひ、
『久方の空を翔りて帰りてし
  汝二柱の功績を思ふ』

 朝空男の神は、先づ朝霧比女の神の御前に最敬礼をほどこし歌ふ。
『比女神の神言畏み漸くに
  今復命白しけるかな。

 あれはてし国形見つつ驚きぬ
  葭草醜草生ふる予讃国。

 火炎山地中に深く陥没し
  火の湖は生り出でにけり。

 醜神の数多集ひし予讃の国
  天変地異に新まり初めぬ。

 さりながら叢に棲む鬼大蛇
  水奔鬼等の曲津はさかしも。

 葭原の国土の光りの火炎山
  湖となりしゆ火の種なき国。

 如何にしてこの国原に火の種を
  求め得むかも悟らせ給へ』

 朝霧比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『今暫し時を待つべし火の種は
  天津御神ゆ授け給はむ』

 国生男の神は歌ふ。
『吾公の仰せ畏み鳥船に
  乗りて国形調査べ来しはや。

 百千里雲を渡りて予讃の国
  忍ケ丘に安く降れり。

 精霊の生命とられし水上山
  巌根が伜と語らひにけり。

 巌ケ根の伜冬男や秋男等と
  語りて悪魔の猛び悟りぬ。

 葭原の国土のあちこち忍び居る
  曲津焼かずば治まらじと思ふ。

 曲津神を焼き滅すは主の神の
  御火の力にしくものあらじ。

 火の種を奪はれむことを恐れみて
  猛獣毒蛇は護り居しとふ。

 火の種は火炎の山の陥没に
  消えて影さへ見えずなりけり』

 朝霧比女の神は歌はせ給ふ。
『雲枕御空の旅を重ねつつ
  功を立てし公を讃へむ。

 国土稚く未だ地やはく葭原の
  国土のかためはただ事ならじ。

 葭草や水奔草を焼き払ふ
  力は御火に勝るものなし。

 如何にして御火の力を得むものと
  百日百夜を吾は祈りつ。

 百日日の禊を依せる御照の
  神もやがてはここに帰らむ。

 百日日の満ちぬる今日を勇ましく
  凱旋したるは目出度かりけり。

 大御照神もやがては帰るべし
  百日の禊ぎ今日満ちぬれば』

 斯く歌ひ給ふ折もあれ、禊の神事を了へ給ひ、神の力を全身に満して、大御照の神は溪間の雲を分けて青木ケ原の聖場に漸く帰りつき給ひ、四柱の神の御前に慕しく現れ、大御照の神は歌ふ。
『御樋代の神の神言をかうむりて
  百日の禊終り帰りぬ。

 溪川の清き清水に禊して
  うつりゆく世を悟らひにけり。

 水と火の力によりて葭原の
  地を清めむ御心なりけり。

 今暫し吾に暇をたまへかし
  御樋代神を迎へ来らむ。

 万里の海に浮ばせ給ふ朝香比女は
  御火をたまふとはつかに悟りぬ。

 松浦の港に公を迎へつつ
  御火の力を借らむと思ふ』

 朝霧比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『八人乙女の御樋代神の朝香比女が
  出でましあると聞けば嬉しき。

 然あらば大御照神先に立ち
  朝空男、国生男神従ひ出でませ』

 大御照の神は歌ふ。
『朝霧比女神の神言に従ひて
  朝香の比女を迎へ来らむ。

 大前に畏み厳の言霊を
  たたへ終りて直に進まむ。

 百日日の禊によりて吾魂は
  鏡の如く透きとほらへり。

 朝空男、国生男の神二柱
  吾に添へさせ給ふ嬉しさ』

 朝空男の神は歌ふ。
『朝香比女迎ふる為に鳥船を
  遣はせ給へ御樋代の神。

 松浦の港は遥か遠けれど
  吾鳥船にのりて進まむ』

 国生男の神は歌ふ。
『二柱神に従ひ松浦の
  港に下ると思へば勇まし。

 久方の御空翔けゆくいさましさ
  地上の神と思へざりけり。

 予讃の国の空を渡りし覚えあり
  松浦港へは安く降らむ』

 朝霧比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『斯くならば三柱急ぎ鳥船に
  乗りて進めよ神を迎ふと』

 朝香比女の神を迎への首途として、朝霧比女の神は四柱の司神を始め、数多の神々を率ゐて、青木ケ原の中心に、宮柱太しく立てて斎き奉れる主の大神の御前に、沐浴斎戒して種々の供物を献じ、自ら斎主となり、空中安全の祈願を始め給ふ。
 朝霧比女の神は四拍手しながら、

『掛巻も畏き此の高光山の下津岩根に宮柱太しく立てて、千木高知らし鎮り給ふ主の大神の大前に、斎主朝霧比女の神、謹しみ敬ひ願ぎ奉らく、大神の神言被り、御樋代の神と任けられ、天津御空の八重雲を伊頭の千別に千別て高光山に降りてゆ、早も三年は過ぎにけり。御樋代神の吾はも、著き功績も立てずして、月日を送る苦しさに、天に跼り地に蹐して国土安かれと祈りけり。さはあれど未だ国土稚く地やはく、曲津見どもの跳梁にまかせ切りたる葭原の国土を開かむ術もなし。主の神の御水火に生れる御火の種、大御照の神の心の真寸鏡に写ろふ見れば、朝香比女の神は珍の火種を持たせつつ此国土に渡らすとはつかに聞きし嬉しさに、大御照の神始めとし、朝空男の神、国生男の神を朝香比女の神の許に遣はし迎へ奉ると思ふが故に、天の鳥船を堅らかに造り終へて、三柱を乗せ遣はす今日の日の吾願ぎ事を聞し召し、怪しき雲の空行くも、禍ちあらず安々と、長き年月松浦の港に光らす朝香比女の神の一行を、無事に高光の山の聖所に導かせ給へと、鹿児自物膝折伏せ宇自物頸根突貫きて恐み恐みも願ぎ奉る。ああ惟神々々、生言霊に光あれ、吾言霊に力あれ』

 斯くて祭典は無事終了し、三柱の神はここに身を清め鳥船に乗じて、伊頭の八重雲をかき分けて松浦の港に向ひ航空することとなりぬ。
 御樋代の神は御歌詠ませ給ふ。
『待ちわびし今日の生日の目出度さよ
  朝香の比女を迎ふと思へば。

 八柱の御樋代神のその中に
  殊に雄々しき朝香比女かも。

 朝香比女神の神言の出でまさば
  この葭原の国土は安けむ。

 主の神に朝夕を祈りたる
  験かがよふ今日は目出度き。

 いざさらば雲路安けく出でませよ
  吾は御前に祈りつづけむ』

 大御照の神は歌ふ。
『朝霧比女の神言畏み出でゆかむ
  生言霊に雲路安けむ。

 雲の谷雲の川をば横ぎりて
  港に進まむ守らせ給へ。

 大空の雲の峰をば打ち渡り
  天の河原渡らひ行かむ。

 鷲も鷹も百鳥千鳥も目の下に
  ながめて渡る空の雄々しさ』

 朝空男の神は歌ふ。
『天津日の輝き渡る朝空を
  進む吾等は鳳凰なるよ。

 鳥船の翼堅らに造りあれば
  心安けく進まむと思ふ。

 主の神の御火より湧ける雲なれば
  空の旅路も安けかるべし』

 国生男の神は歌ふ。
『吾も亦二柱神に従ひて
  天津御空をかき分け進まむ。

 ポケツトは数多ありともこの船は
  いや堅ければ安く進まむ。

 はてしなき大野の上を限りなき
  御空の雲を見つつ行くなり。

 いざさらば高光山の聖場を
  伏し拝みつつ渡りゆくべし』

 朝霧比女の神は御歌詠ませ給ふ。
『三柱の神の雲路の旅行きを
  今や送らむこの清庭に。

 三柱の神よ安けく渡りませ
  神の依さしの神業と思ひて』

 大御照の神は歌ふ。
『いざさらば青木ケ原の聖場を
  立ちて進まむ松浦港へ』

 斯く歌ひ終り、三柱は天の鳥船に身を托して空中高く昇らせ給ふや、これの神苑に仕へ侍る百神等は、ウオーウオーの鯨波を造りて、勇ましきこの首途を送りける。
(昭和九・七・三一 旧六・二〇 於関東別院南風閣 谷前清子謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki