王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻
文献名2第1篇 伊佐子の島よみ(新仮名遣い)いさごのしま
文献名3第1章 イドム戦〔2028〕よみ(新仮名遣い)いどむせん
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
高照山の西南、万里(まで)の海上に、伊佐子の島という面積の大きな島国があった。島の中央に大栄(おおさか)山脈という大きな山脈が、東西に横切っていた。

大栄山脈より南がイドムの国、北をサールの国といった。伊佐子島は、万里の海の島々の中でも最も古く生成された島であり、国津神たちが大勢住んでいた。

イドム、サールの両国はお互いに領土を占領しようと数十年にわたって戦争を続けており、国津神たちは苦しみ、救世神の降臨を今か今かと待ち望んでいる様子であった。

大栄山の中腹に、真珠湖という大きな湖があった。南北十里、東西二十里もあり、その湖水は不思議にも塩分を帯びていた。また、遠浅で、膝ほどの深さしかなく、水上を徒歩でわたることができたのであった。

この真珠湖には人魚が多数住んでおり、国津神のように茅で屋根をふいた住居に住み、生活ぶりも国津神のようであった。

真珠湖は大栄山の南側でイドム国領内にあった。イドムの国の人々は、人魚を捕らえて来てはいろいろと苦しめ、涙を流させた。すると、涙は真珠の珠となって落ちるのであった。

イドムの国津神たちはこれを装飾品にしていた。また、これを内服すると身体が光を放ち、子孫は美しい子のみが生まれるのであった。そういうわけで、時が経つにしたがって、イドムの国津神たちは美男美女のみとなってしまっていた。

これに反して、北側のサールの国津神たちは色黒で背が低く髪はちぢれ、醜い者ばかりであった。サール国王エールスは、真珠湖を占領してサールの国の種族を改良しようと目論んでいた。

ついにエールスは大軍を率いて大栄山を越え、真珠湖に向かって進軍を始めた。

サール国侵入の報を聞いたイドム国王アヅミは、さっそく軍議を召集した。軍議には王妃ムラジ、左守ナーマン、右守ターマン、軍師シウラン、王女チンリウ、侍女アララギが参加した。

軍議は、軍師シウラン、右守ターマンの主戦派の意見が取り入れられ、一気に決戦を挑むことになった。王女のチンリウ姫も出陣し、ともに戦うこととなった。

イドム国が将軍を場内に呼び集め、出陣の用意をしている折しも、サール国の軍隊はすでにイドム城下にまで迫っていた。

イドム国軍は決戦を挑み一日一夜激しく戦ったが、サール国は精鋭決死の兵士ばかりで、イドム国軍はもろくも敗戦し、国王以下、南方の月光山(つきみつやま)を指して逃走した。

アヅミ王は月光山に立て篭もって城壁を構え、イドム国再興を図ることとなった。

エールス王はイドム城を手に入れてイドム国を統治下に置いた。エールス王、サール国左守チクター、右守ナーリス、軍師エーマンはイドム城に入場し、勝利を祝うと、しばらくイドム城に駐屯することとなった。
主な人物 舞台 口述日1934(昭和9)年08月04日(旧06月24日) 口述場所伊豆別院 筆録者森良仁 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年12月30日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 423頁 修補版 校定版7頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm8101
本文の文字数4577
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  高照山の西南に当る万里の海上に、相当面積を有する島国あり、之を伊佐子の島といふ。此の島の中央に大山脈東西に横たはり、之を大栄山脈といふ。大栄山脈以南をイドムの国といひ、以北をサールの国といふ。この島は万里ケ海の島々の中にも、最も古く成出し島にして、国津神等は数多棲息し、イドム、サールの両国は互に其の領域を占領せむと、数十年に亘つて戦争止む時なく、数多の国津神等は塗炭の苦を嘗め、救世神の降臨を待つこと恰も大旱の雲霓を待つの感ありける。
 大栄山の中腹に大なる湖水ありて、之を真珠湖といふ。真珠湖は約二十メートルの山腹に展開したる南北十里、東西二十里の大湖水なるが、不思議にも海底より涌出せるものの如く、湖水皆濃厚なる塩味を含み、水上を徒渉するも僅に膝を没するに過ぎざる湖水なりけり。この真珠湖には人面魚身の人魚数多住居し、湖辺の汀辺に国津神同様茅を以て屋根を葺きたる家居を構へ、その生活の様も殆ど国津神に酷似せり。
 この湖は大栄山の南側にあるを以て無論イドムの国の領域なりけるが、イドムの国津神は人魚を捕へ来りて、色々と苦しめ泣かしめる時、人魚は悲しみて涙を滝の如く流しけるに、不思議や其の涙は悉く真珠の玉となりて、その美しさ言はむ方なし。故にイドムの国津神等は之を唯一の宝として頭に飾り、胸に飾り、その美を誇る。又之を内服する時は身体忽ち光を放ち、且美しき子の生るるを以て、国津神は競ひて之を得む事を欲し、色々の計略を以て人魚を奪ひ、涙を採る事を唯一の業務となしける。故にイドムの国津神は何れも美男美女のみにして、醜男醜女は終に跡を断つに至れるなり。之に反して大栄山以北のサールの国津神は何れも肌黒く、髪はちぢれ、背は低く且醜男醜女のみなりける。
 茲にサールの国王エールスは、如何にもして此の真珠湖を占領し種族の改良を計らむとし、大軍隊を率ゐて大栄山を南に越え、真珠湖に向つて進軍を始めける。之を聞くよりイドムの王アヅミは、左守、右守を始めとし、軍師の神々を大広間に呼び集め、サール国の軍隊を殲滅すべく軍議を凝らす事となりける。
 イドム王の名はアヅミといふ。王妃の名をムラジといふ。左守をナーマン、右守をターマンといふ。軍師をシウランといひ、アヅミ、ムラジの間に生れたる娘をチンリウといひ、侍女をアララギといふ。イドム王のアヅミは軍神を集め、サール国征伐の軍議を凝らさむとして歌ふ。
『イドムの国は昔より
 主の大神の御水火にて
 現はれ出でし美し国
 春夏秋冬順序よく
 五風十雨は永久に
 国のことごと霑して
 至治太平を楽しみし
 世にも目出度きイドム国
 真珠の湖の幸はひに
 国津神等は悉く
 優れて清く美しく
 霊魂身体諸共に
 長寿を保ち神徳を
 忝けなみて来りしが
 日は行き月は流れつつ
 星の光も移ろひて
 年月経にし其間に
 大栄山の真北なる
 サールの国の国王は
 此善き国を怨みつつ
 真珠の湖を占領し
 人魚の宝を奪はむと
 数多の軍勢引具して
 襲ひ来るぞ忌々しけれ
 吾等は元より戦ひを
 好むにあらねど斯くならば
 この神国を守るため
 軍の神を呼び集め
 敵の悪事を打ち懲し
 千里の外に追ひやりて
 昔のままの安国と
 治め守らむ吾心
 左守、右守を始めとし
 軍師も諸々国津神も
 吾宣り言をよく守り
 一日も早く敵陣に
 向つて軍を進むべし
 それについては色々の
 手段もあれば国津神
 互に力を協せつつ
 心を一つに相固め
 サールに向つて戦へよ
 サールの国の国王を
 始め諸々軍等
 残らず征伐め平げて
 国の災ひ除けよや
 国の災ひ除くべし
 ああ惟神々々
 吾言霊に力あれ
 吾言霊に光あれよ』
 軍師シウランは答へて歌ふ。
『吾王の仰せ畏し曲津神を
  雲の彼方に退けやらむ

 エールスは真珠の湖を奪はむと
  年ごろ心を砕き居にけり

 一度は戦の仰せあるものと
  腕を鍛へて待ち居たりけり

 我国は優等人種サール国は
  劣等人種怖ぢるに足らず

 吾王よ心安かれ今日よりは
  軍を集めて敵を払はむ』

 アヅミ王は歌ふ。
『シウランの言葉に吾は力得て
  早くも勝ちたる心地するなり

 エールスが軍は数多あるとても
  撓まず屈せず進んで亡ぼさむ

 エールスの率ゆる軍を打破り
  イドムの国の平和を来さむ

 シウランの吾は武勇を頼みとし
  勝利の便りを楽しみ待たむ』

 王妃のムラジ姫は歌ふ。
『エールスは道弁へぬ代物よ
  心を配り進めシウラン

 我国を奪はむとして攻め寄する
  エールス王は獣に似たり

 エールスの獣の輩悉く
  言向け和せ生命取らずに

 玉の緒の生命は神の御賜もの
  むざむざ殺すべきにあらずや』

 アヅミ王は歌ふ。
『道知らぬ輩言霊宣るとても
  何の要なし亡ぼすに如かず

 弱き心持ちてはこれの戦ひに
  如何で勝ち得む飽くまで戦へ

 ためらひの心起らば曲津神に
  忽ち生命と国を奪られむ』

 左守のナーマンは歌ふ。
『昔よりわが領域に忍び入り
  人魚を奪ふサールの醜国

 サール国王亡ぼさざれば我国は
  終に亡びむ戦ふべき時

 さりながら敵は猛しき獅子王の
  性もち居れば容易に亡びず

 計画を完全にして進まずば
  敵の謀計の罠に陥らむ

 真珠湖の人魚の宝奪はむと
  永き年月窺へる曲津よ

 あくまでも心を配り武を練りて
  寄せ来る敵を討ち滅さむ』

 右守のターマンは歌ふ。
『此時をはづせば何時の日戦はむ
  敵は大栄山を越えたり

 第一の吾の弱点は敵軍に
  大栄山を越えられしにあり

 斯くならば短兵急に攻め寄せて
  雌雄を決せむためらふ事なく

 日頃武を練り鍛へしも今日の日の
  備へなりけりいざや進まむ

 後れなば敵に敗れをとるならむ
  真珠の湖は敵の影のみ

 強敵は高地に陣取りわが軍は
  下より攻むる不利の地にあり

 斯くならば生命を捨てて戦はむ
  イドムの国の一大事なり』

 アヅミ王は歌ふ。
『司等の心一つに定まりぬ
  いざや進まむ敵の在処へ』

 娘チンリウは歌う。
『父母を始め司の魂の
  固まる上は何をか恐れむ

 吾も亦女なれども国の為
  敵亡ぶまで戦はむかな』

 アヅミ王は歌ふ。
『勇ましきチンリウ姫の心かな
  吾勇気又次第に加はる』

 チンリウの侍女アララギは歌ふ。
『吾王に願ひ奉るも姫君の
  軍の御供許させ給へ

 姫君の御身を守り敵軍に
  向つて吾は死すまで戦はむ』

 斯く評議一決し、国内に急使を派し数多の軍神を城内に集め、一斉に敵軍に向つて進み戦ふ事とはなりぬ。此の時遅く彼時早く、エールス王は数多の軍を指揮し、連銭葦毛の馬に跨り、五色の采配を打振り打振り城下近く攻め寄せ来る。アヅミ王は烈火の如く憤り、軍師シウランと共に弓を満月の如く引き絞り射向ひけれども、敵は名に負ふ剽悍決死の士のみにて、一日一夜の戦ひにて脆くもアヅミ王の軍隊は敗戦し、南方の月光山を指して逃走せり。この戦ひに娘のチンリウ、アララギを始め数多の軍士は、或は討たれ或は捕虜となり、縄目の恥辱を受ける事とはなりぬ。茲にエールス王はイドムの城を占領し、数多の軍隊を止めて天下を睥睨する事とはなりぬ。アヅミ王は百里南方の月光山に立籠り此処に城壁を構へ、イドム国の再興を策しける。
 エールス王は戦勝の祝賀の宴をイドム城内に開き、数多の従神を集めて心地よげに歌ふ。
『大栄山を乗り越えて
 宝の国と聞えたる
 イドムの国に押渡り
 アヅミの王の軍勢を
 木端微塵と踏み砕き
 イドムの城を占領し
 いよいよサールの我国は
 面積以前に倍加して
 国の栄えは豊栄昇る
 天津日の如進むべし
 此の凱旋の賑ひは
 神の賜ひし酒盛ぞ
 ああ惟神々々
 吾言霊に力あれ
 吾言霊に幸あれや』
 エールス王の左守チクターは歌ふ。
『吾王の御稜威の御光現はれて
  イドムの国を握らせ給ひぬ

 この国はサールの国に比ぶれば
  美し御国ぞ瑞穂の国ぞ

 これよりはイドムの国の国津神を
  サールの国に移し住ませむ

 みのり悪しきサールの国の国津神は
  イドムの国に安く住ませむ

 真珠湖は全く吾手に入りにけり
  今日より善き子生れ来らむ

 天地の神の恵みと吾王の
  厳の力に国広まれり

 吾王の賜ひし貴の盃を
  歓び受けむ国津神等と』

 右守のナーリスは歌ふ。
『漸くに王の望みは届きけり
  イドムの城の手に入りし今日

 苦しみし我国津神も今日よりは
  歓ぎ栄えむイドムに移りて

 果てしなき此の広き国を手に入れて
  臨ませ給ふ王はいさまし

 今日の日の勝利は軍師エーマンの
  計画全く宜しきを得て

 エーマンの軍師の謀ひ無かりせば
  斯く容易くは勝ち得ざるなむ』

 エールス王は歌ふ。
『ナーリスの言葉の如くエーマンの
  力に吾等の軍は勝てり』

 エーマンは歌ふ。
『天地の恵に戦は勝ちにけり
  吾の力の預かり知るべき

 この上は兜の緒をば締め直し
  敵の再来に備へ奉らむ』

 茲にエールスは完全にイドム城を占領し、凱歌を挙げて暫し此処に住むこととはなりにける。而してサールの王城を北城と称へ、イドム城を南城と称しける。
(昭和九・八・四 旧六・二四 於伊豆別院 森良仁謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki