王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献名1霊界物語 第81巻 天祥地瑞 申の巻
文献名2第3篇 木田山城よみ(新仮名遣い)きたやまじょう
文献名3第15章 厚顔無恥〔2042〕よみ(新仮名遣い)こうがんむち
著者出口王仁三郎
概要
備考
タグ データ凡例 データ最終更新日----
あらすじ
乳母のアララギは、結婚式の荘厳さににわかに嫉みに襲われ、自分の娘・センリウが姫とそっくりなのを幸い、姫をだまして入れ替えさせ、また罠に陥れて遠島に流してしまったのである。

エームス太子は替え玉に気づかず、センリウをチンリウ姫と思い込み、寵愛していた。

アララギは、自分の娘センリウ(=実は替え玉のチンリウ姫)の家宝破壊の罪に対し、身内だからといって手心を加えることなく裁きを下した、とサール国の人々から思われていた。

そして、その公平無私な処置が木田山城内の賞賛を集めた。この件でエームス太子からも厚く信頼されることになり、城内の一切の事務を取り仕切るようになったので、その権力と声望はとみに増していった。

婚礼の後、祝賀の宴が開かれることになった。そこでもアララギは、自分の娘の罪に対して公平な裁きを下したことで、皆から賞賛された。

朝月、夕月は、アララギを気遣ってセンリウ(=実はチンリウ姫)の恩赦を申し出るが、アララギは、身内だからといって刑を軽くしてはならない、と頑なに否定した。

また王妃(=実はアララギの娘センリウ)もまた、サール国の掟を勝手に変えてはならぬ、と断固反対をした。アララギは城内の人々から一層、公平無私の人という評判を取り付けることになった。

しかし朝月は、センリウの刑の重さを不憫に思い、またどうも今の太子妃が本当のチンリウ姫ではないような気がする、と懸念を表明した。

疑われた王妃(=センリウ)は怒り、太子に朝月の処罰を要求した。エームス太子は朝月に対して激しく怒り、たちまちこれも遠島の刑に処してしまった。

朝月が縛られて島流しに送られる姿を見て、エームス太子、太子妃(=センリウ)、アララギは愉快げに微笑みながら、大罪人が正しく処罰されたことを喜ぶ歌を歌っていた。

アララギが木田山城の権力を握ってからは、邪な輩を重用し、正義の士はことごとく罪を着せて刑に処した。サール国には悪人がはびこり、国内各所には暴動が起こり、民の恨みの声は山野に満ち溢れることになってしまった。

センリウと入れ替えられて島流しにされたチンリウ姫の行く先は、「かくれ島」に送られることになった。この島は夕方になると全島が波間に水没してしまうという魔の島であった。

アララギは自分の計略が発覚することを恐れて、姫を亡き者にしようと、あえてこの島に姫を送らせたのであった。

また、島流しにされた朝月は「荒島」という岩石の孤島に打ち捨てられ、嘆きのうちに魚介を食料として月日を送ることとなった。
主な人物 舞台 口述日1934(昭和9)年08月14日(旧07月5日) 口述場所水明閣 筆録者林弥生 校正日 校正場所 初版発行日1934(昭和9)年12月30日 愛善世界社版 八幡書店版第14輯 509頁 修補版 校定版326頁 普及版 初版 ページ備考
OBC rm8115
本文の文字数4770
本文のヒット件数全 0 件
これ以外の情報は霊界物語ネットの「インフォメーション」欄を見て下さい 霊界物語ネット
本文  大奥に於けるエームス王とチンリウ姫の結婚式の余り荘厳なるに、乳母のアララギは俄にねたましく野心むらむらと起り、如何にもしてチンリウ姫のセンリウに酷似せるを幸ひ、悪計を捻り出し、うまうま姫を罠に陥れ、これを遠島の刑に処せしめしは、憎みても余りある奸佞邪智の曲者なりける。エームス王は姫の替玉とは知らず、贋物をつかまされ、チンリウ姫と深く思ひ込み、昼夜心を用ひて寵愛してゐる。アララギは、しすましたりと王妃となりしわが娘と、窃かに顔を見合はせ、舌を吐き出し微笑んでゐる。いよいよ結婚式は済み、十日を経たる月明の夜、殿内に於て重臣を集め、祝賀会を開かるる事となりぬ。
 エームス王始め数多の重臣は、アララギの公平なる処置に感激し、各口を極めて讃辞を呈し、エームス王も亦、アララギの公平なる処置に感嘆の余り、一切万事を委託して殿内の総ての事務を処理せしめたれば、アララギの声望は旭日昇天の如く、彼が意に少しにても逆らふ者あらば、悉く手打ちにされ、投獄され、或は遠島の刑に処せらるるのおそれありければ、何れも恐れを為してアララギの事を口にする者なかりける。
 祝賀の宴は開かれた。エームス王は立つて歌ふ。
『公の心を持ちて私を
  捨てしアララギいそしかりける

 最愛の吾子の罪を包まずに
  島に流せと宣りし素直さ

 アララギの娘の事を思ひ出で
  われは憐れを催しにけり』

 アララギは立つて歌ふ。
『吾王の御言葉畏しさりながら
  国の掟を乱し給ふな

 吾子とはいへど天地の罪人よ
  依怙なき王は許し給ふな

 吾娘国の宝を打ち破り
  如何で其の罪逃るべしやは

 吾王はよし許すとも国津神は
  この過ちを許すべきかは

 わが娘許さるる事あるならば
  われは代りて罪に服せむ』

 王妃は歌ふ。
『二十年をわれに仕へしアララギの
  公心を神は知るらむ

 二十年の長き月日を育みし
  吾子の罪をさばく雄々しさ

 センリウの罪重ければ何時までも
  かくれの島に閉ぢこめ置かむ

 万死にも値するなる大罪を
  許さむ掟我国に無し

 われは今聖の君に伊添ひつつ
  サールの闇を照らさむと思ふ

 アララギよ汝が清けき心もて
  わが政治補けまつれよ

 男の子にも勝りて雄々しきアララギは
  サールの国の力なるかも』

 アララギは歌ふ。
『ありがたしチンリウ姫の御宣言
  たしに守りて違はざるべし

 今日よりは百の司の上に立ち
  王の政治を補ひまつらむ

 吾王よ罪を造りしセンリウに
  必ず心配らせ給ふな

 血を別けし吾子なりとて許しなば
  サールの国の掟は乱れむ

 王思ひ御国を思ふ誠心に
  歎きの涙われはしぼらじ』

 朝月は歌ふ。
『けなげなるアララギの君ましまして
  王の御心照らし給へり

 チンリウ姫堅き心を和めつつ
  今日の歓び招きし君はも

 チンリウ姫の崇高き御姿朝夕に
  拝みまつりて国の秀をおもふ

 若王はいと健かにおはしまして
  御機嫌よきが嬉しかりけり

 さりながらかくれの島にやらはれし
  センリウ姫は悲しかりけり

 大君の清き心に宣り直し
  許させ給へセンリウ姫を』

 アララギは、むつくと立つて歌ふ。
『わが王よ必ず許し給ふまじ
  国の掟は厳かなりせば

 朝月の司の言葉聞くにつけ
  われは御国の為に悲しむ』

 夕月は歌ふ。
『過ちて国の宝をこはしたる
  センリウ姫は悲しき人かも

 国の掟厳かなりとはいひなながら
  無心の過ち許すべきかは

 知らず知らず過ちし罪をきためなば
  かへりて国は治まらざるべし

 夕月は生命をかけて吾王に
  センリウ姫の許しを願ふ』

 王妃は歌ふ。
『朝月や夕月二人の言の葉は
  宜よと思へど永久に許さじ

 畏れ多くも国の宝を壊したる
  罪に勝れる罪はなからむ

 いや古きサールの国の魂を
  打ち砕きたる罪は重けれ

 祖々の世より伝はる水晶の
  花瓶を割りし憎き罪人

 手に触るるさへも畏き御宝
  打ち砕きたるセンリウ憎しも

 吾生命あらむ限りは許すまじ
  国の宝を砕きたる罪』

 アララギは歌ふ。
『姫君の実にも明るき御宣言
  サールの国の闇を照らさむ

 夜の鶴焼野の雉わが御子を
  思はぬものは世にあらじかし

 さりながら如何に吾子といひつれど
  この罪ばかりは許す術なし』

 滝津瀬は歌ふ。
『アララギの君の雄々しき志
  聞くにつけても涙こぼるる

 かくの如公平無私のアララギの
  たたす御国は安けかるべし

 たをやめの女ながらも鬼まさり
  雄々しき君は国の光りよ

 若王の朝な夕なの政治
  補けて君は永久にましませ

 常闇のサールの国も今日よりは
  天津日の如輝き渡らむ

 姫君はイドムの王の愛娘
  さかしく雄々しく世に臨みますも

 やがて今イドム、サールの両国は
  至治太平の御代と栄えむ

 木田川の広き流れも今日よりは
  澄みきり渡らむ姫の光りに

 大栄の山の尾の上ゆ吹き下す
  風暖かくなりにけらしな

 虎熊や獅子狼のやからまで
  王の恵みに伊寄り集ふも

 有難き御代となりけりアララギの
  司のいますサールの国原

 時鳥雨になきたる国原も
  今は隈なく晴れて清しき

 大栄山樹海を渡る山風は
  これの館に涼しく渡れり』

 山風は歌ふ。
『昔より例も知らぬこの国の
  栄を見たるわれぞ嬉しき

 野も山も緑の衣着飾りて
  サールの国を寿ぎ渡らふ

 さ緑の樹海を渡る山風の
  涼しき心王は持たせり』

 朝月は再び歌ふ。
『波の奥かくれの島に送りてし
  姫の心を思へば悲し

 畏れながら誠の姫に非ずやと
  わが魂はささやきて居り』

 チンリウ姫は目に角を立てながら、言葉せはしく歌ふ。
『朝月のゐやなき言葉聞くにつけ
  わが魂は打ちふるふなり

 朝月のゐやなき言葉をきためませよ
  吾王われを愛しと思さば

 似たりとはいへどもわれとセンリウは
  貴賤尊卑の別あるものを』

 エームス王は歌ふ。
『チンリウ姫の言葉は宜よ朝月の
  ゐやなき言葉われはとがめむ

 朝月のかげは真白に薄れつつ
  やがて消えなむわが言の葉に

 朝月の重き罪をば負はせつつ
  人なき島に遠く流せよ』

 ここに王命もだし難く、朝月は王と王妃の怒りにふれ、忽ち宴会の席上より全身を荒縄に縛られながら、大罪人として遠島の刑に処せられしこそ是非なけれ。
 あはれ、朝月はチンリウ姫を疑ひし廉により即座に重き刑に処せられ、衆人環視の中を引立てられ、城外におびき出され、遂には島流しの憂目を見るに到れり。
 エームス王、チンリウ、アララギはその後姿を打ち見やりながら、愉快げに微笑みつつアララギは歌ふ。
『明らけき王のさばきに朝月は
  返す言葉もなかりけるかな

 姫君を陥れむと朝月は
  言葉かまへて乱さむとせし

 天地の神のきためは眼のあたり
  朝月今はかげだにもなし

 我国の掟厳しくなさざれば
  やがて乱れむ上と下とに

 吾王の正しき判決見るにつけ
  末頼もしく思はるるかな』

 チンリウ姫は、
『心地よき事を見るかなゐやなくも
  われをなみせし罪酬い来て

 わが前に疑ひあれば何事も
  言挙げせよや直に判決かむ』

 エームス王は歌ふ。
『木田山城の内外を乱し破らむと
  謀みし曲は看破られたり

 朝月は表面に誠を装ひつ
  爪をかくせし虎なりにけり

 曲神はわが館より追ひ出され
  荒浪の上にただよふなるらむ

 チンリウ姫の身の上につき疑ひの
  言葉出さば追ひやらふべし

 かくの如正しき姫を贋物と
  疑ふやからの心は曇れる』

 滝津瀬は歌ふ。
『われは今正しき判決を目のあたり
  眺めて心戦きしはや

 日月は空に照れども中空に
  黒雲起りて地上にとどかず

 黒雲を払ひ給ひしわが王の
  清き判決は尊かりけり

 御姿崇高くいます姫君を
  疑ふ司の心あやしも』

 山風は歌ふ。
『かくの如明るき姫に疑を
  かくる心は曲津なりけり

 わが王と姫の命に服従ひて
  身も魂も千代に仕へむ

 アララギの君の明るき魂を
  われは力と謹み仕へむ』

 これより木田山城内はアララギが権威を振ひ、奸佞邪智の輩を重用し、正義の士は悉く難癖をつけ、或は殺し、或は流し、或は牢獄に投じければ、悪人益々跋扈して、サールの国内各所に暴動勃発し、怨嗟の声は山野に満ち、国家の危き情勢を馴致したるぞ是非なけれ。
 ここにチンリウ姫は、乳母アララギの奸計にかかり、吾子のセンリウと強ひられ、且つ国宝破壊の罪を負はされ、かくれ島に流されけるが、この島は夕さり来れば荒浪の為に全島没し、これにある人畜は溺死するといふ魔の島なりけり。アララギは奸計の発覚をおそれ、特にこの島に主人のチンリウ姫を送らせたるにぞありける。又朝月は王の怒りにふれて、かくれ島より約五十哩ばかり沖にある荒島といふ岩石のみにて固まりし一孤島に捨てられ、歎きの月日を送りつつ魚介を餌食として、天の時を待ちゐたりける。
 アララギの悪しき謀計に乗せられて
  チンリウ姫は流されにけり

 朝月も亦アララギの計略に
  荒島さして流されにけり

 悪神は一度は花咲き栄ゆとも
  時の到ればもろく亡びむ。

(昭和九・八・一四 旧七・五 於水明閣 林弥生謹録)
霊界物語ネットで読む 霊界物語ネット
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki