王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く
12/5発売『あらすじで読む霊界物語』(アマゾン楽天ブックス

文献検索

キーワード: 常世の国へ で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 27 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第4篇 常世の国 第21章 常世の国へ〔71〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...うたのである。一行は目無堅間の船に乗りて常世の国へ安着した。ここにロッキー山麓の常世の都に... 1
2 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 第7篇 天地の大道 第49章 猫の眼の玉〔99〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...姫を悔い改めしめむとし、天の磐船に乗りて常世の国へ帰つていつた。帰りみれば常世の国は目もあ... 2
3 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第6篇 青雲山 第20章 晴天白日〔120〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...、黄金の宮に入り国魂を首尾よく盗み、遠く常世の国へ逃げ帰りたり。八王神神澄彦は国魂を拝せむ... 3
4 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第1篇 八洲の川浪 第1章 常世会議〔151〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...して天の鳥舟に乗り、あまたの従者とともに常世の国へ還りける。(大正一〇・一二・一五 旧一一... 4
5 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第2篇 白雪郷 第9章 弱腰男〔309〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   5
6 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第3篇 太平洋 第14章 怒濤澎湃〔314〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   6
7 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第3篇 太平洋 第16章 釣魚の悲〔316〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...と致しました。然るに唯一足違ひにて、船は常世の国へ出帆いたし、次の船を待つて、今や常世の国... 7
8 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第18章 海原の宮〔318〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...。今なんと吐かした。国の御柱の神さまは、常世の国へ酒呑みに行かつしやつたなンて云うただらう... 8
9 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第19章 無心の船〔319〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...飯よりも好きな酒を止めるなら、誰がこンな常世の国へ行くものかい。アヽ飲みたい飲みたい』芳彦... 9
10 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第21章 飲めぬ酒〔321〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   10
11 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第22章 竜宮の宝〔322〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...空の 日の出神や祝姫  外三柱の神人が 常世の国へ鹿島立  見送りまつる我心 風も凪げ凪げ... 11
12 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第5篇 亜弗利加 第24章 筑紫上陸〔324〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...客さま、また此処で十日ばかり風を待たな、常世の国へは行けやしない。グヅグヅしとると、この船... 12
13 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第6篇 肥の国へ 第29章 山上の眺〔329〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/常世の国へ=2 ...れも結構ですが、良い加減に帰りませぬと、常世の国へ船は出て了ひはしますまいかな。こンな嶋に......また次の船が来るよ。折角神様の御計らひで常世の国へ行く積りが、こンな処へ押し流されたのだか... 13
14 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第8篇 一身四面 第46章 白日別〔346〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...を待つ事としたまひぬ。 此より日の出神は常世の国へ、面那芸司は天教山へ、祝姫は黄金山に向つ... 14
15 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第3篇 天涯万里 第12章 鹿島立〔405〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   15
16 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第3篇 天涯万里 第14章 闇の谷底〔407〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   16
17 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第3篇 天涯万里 第16章 蛸釣られ〔409〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...馬鹿な身魂は尠からう。少彦名神の在します常世の国へ、直に行かうとはチト慢心が過ぎる。この細... 17
18 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第27章 月光照梅〔420〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...り、三五教の女宣伝使がはざまの国を渡つて常世の国へ行くと云ふことだから、女宣伝使を見つけた... 18
19 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第28章 窟の邂逅〔421〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...て居りますが、何分にも此処は高砂の島から常世の国へ渡る喉首、常世神王の宰相司鷹取別の権力強... 19
20 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第36章 偽神懸〔429〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/常世の国へ=2 ...けに羽の生えたやうなものだ。サアこれから常世の国へ行つて、鷹取別の羽をむしつて、跳ねてはね......休息いたしませうかい。ヤー戸山津見神殿、常世の国へ潔く行つて来い。吾々は後からお手伝ひに行... 20
21 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第9章 尻藍〔439〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   21
22 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第11章 狐火〔441〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...。一時も早くこのシラ山峠を向ふに渡つて、常世の国へ参りませう。実はアナウ高原を渡つて、テキ... 22
23 霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 第3篇 天岩戸開(三) 第27章 航空船〔523〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/常世の国へ=3 ...巻り、息がつまりさうになりますから、遠く常世の国へ移住でもしたらよからうと思つて参りました......清らかな海も、島も見られませう』丙『私も常世の国へ遁げて行く者ですが、黄泉島はこのごろ大変......この島の沈没せぬ間に風を送つてやるから、常世の国へ向つて走り行け』 東風俄に吹き来つて筑紫... 23
24 霊界物語 第28巻 海洋万里 卯の巻 第4篇 南米探険 第19章 高島丸〔819〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 0 件/常世の国へ=0   24
25 霊界物語 第44巻 舎身活躍 未の巻 第1篇 神示の合離 第2章 月の影〔1171〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...切らない所だから、忽ち神都は防禦力を失ひ常世の国へウラル彦、ウラル姫様一族は其姿を隠し玉ひ... 25
26 霊界物語 第68巻 山河草木 未の巻 第4篇 月光徹雲 第16章 戦伝歌〔1740〕 出口王仁三郎 1926刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ... 神王様も沢山な  旅費を拵へ船に乗り 常世の国へ渡つたか  お宮の眷族八咫烏 一月前から... 26
27 座談会   神霊座談会 長沢雄楯・出口王仁三郎   1933刊 DB
RMN
全 1 件/常世の国へ=1 ...時、未だ全く功を奏しないうちに少名彦神は常世の国へ御渡りになったので、大国主神は非常にお嘆... 27
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2019 Iizuka Hiroaki