王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 玉治別 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 84 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第2章 夢の懸橋〔676〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 32 件/玉治別=32 ...何の消息もない。言依別命は密かに竜国別、玉治別、国依別の三人の宣伝使を招き、聖地の何人......城山の松姫館に仕へたる竜若の改名である。玉治別は田吾作、国依別は宗彦の改名である。 教......響き、自ら凄惨の気に打たるる許りである。玉治別はこの橋の前に着くや否や、頓狂な声を出し......い石橋は、中程より脆くも折れて、橋と共に玉治別は深き谷間に顛落し、泡立つ淵にドブンと、......結構だつた。馬にでも乗つて居らうものなら玉治別と一緒に馬も死んで仕舞ふところだつた』『......のだ。馬位死んだつて諦めがつくが、肝腎の玉治別を谷底へ落して仕舞つて詮らぬぢやないか。......ねばなるまい。馬と同じやうに取扱はれては玉治別も可憐さうだ』『アヽさうだつた。余り吃驚......だ』と声する方に向つて駆出した。 見れば玉治別は、谷川の中に立つ大岩石ホテルの露台の上... 1
2 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第3章 月休殿〔677〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 19 件/玉治別=19 ... 竜国別、玉治別、国依別の三人は珍の館の奥の室に打通り、......解けて四方八方の話に耽る。梅照彦『最前の玉治別様のお歌に依つて、津の国の高春山へお出で......らねばなりませぬからなア』国依別『オイ、玉治別、お前は幹部が喋舌ると今言つたが、我々両......ら、却て良いかも知れないぞ、アハヽヽヽ』玉治別『然しそれは……さうとして、梅照彦さまは......そいつア何うも請負ふ事は出来ませぬなア』玉治別『困つた事だ。何卒成就するまで他へ洩れな......放しにして、何も彼もみんな仰有るでせう』玉治別『イヤイヤ決して決して、余りむかついたも......歳迄とか言つて、仕方の無いものですワイ』玉治別『そんな昔の事をさらけ出して、人の前で言......ない。竜国別、私が出立の際に「何卒誰にも玉治別は宇都山村の田吾作だと云つて下さるな、秘... 2
3 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第4章 砂利喰〔678〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 22 件/玉治別=22 ...人の怪しき男の影、何か頻りに囁いてゐる。玉治別『竜国別、国依別の兄貴、何だ、向ふの方に......な。一つ此処で何とか考へねばなるまいぞ』玉治別『なアに、往くとこ迄行つて見な分るものか......ぼ何うでも、盗人だけは断然止めたいなア』玉治別『ナニ、心から盗人になれと云ふのぢやない......の働きだ。万一先方が盗人であつたら、此の玉治別が俺は盗賊の親方だと云つて威喝するのだか......ない、サア玉公親分、先へ行つて下さい』 玉治別は先に立ち大手を振り乍ら、五六人の男の車......に在るに気が付いた。的切り此奴は泥棒と、玉治別はわざと大きな声で、......玉治別『オイ竜、国、早く来んかい。彼処に五六人......は此声を聞いて何れも呆気にとられてゐる。玉治別『コレヤ木端泥棒、俺を誰だと思つて居るか... 3
4 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第5章 言の疵〔679〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 40 件/玉治別=40 ... 玉治別が早速の頓智に、六人の小盗人は始めて其非......ぬ人の足音らしきもの、刻々に聞えて来た。玉治別『ヨー怪しき物音が聞えて来たぞ。コレヤ大......だよ』国依別『ハハア、又商売替ですかな』玉治別『機に臨み変に応ずるは英雄豪傑の本能だよ......密集して居ると狼の目に付いたら大変です』玉治別『ナアニ、善言美詞の言霊を以て、狼の奴残......。国依別外六人は竜国別と行動を共にした。玉治別は依然として路上に立ち、......玉治別『アハヽヽヽ、何奴も此奴も弱い奴だなア。......ちはだかり、捻鉢巻をしながら噪やいで居る玉治別の勢に辟易したか、途を転じて谷の向側の山......音させ乍ら、風の如くに過ぎ去つて了つた。玉治別は、『アハヽヽヽ、弱い奴だな。そんな事で... 4
5 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第6章 小杉の森〔680〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 14 件/玉治別=14 ...儘に  言依別の神司 竜国別や国依別  玉治別の三柱に 密かに旨を含ませつ  高春山に......当りて四五人の 怪しき影は山賊の  群と玉治別司 俄に変る三国岳  蜈蚣の姫の片腕と ......に やうやう湖辺に着きにける。三州『モシ玉治別さま、あなたは三五教の宣伝使と云つて居る......は蜈蚣姫の乾児の玉公に間違ひはあるめい』玉治別『馬鹿を言つては困るよ。汝はどうして、俺......ら、要するに今回の強盗事件の張本人だよ』玉治別『汝は今になつて、まだそんな事を言ふのか......杖は外れても、俺の言葉は外れよまいぞよ』玉治別『アヽこれは聊か迷惑の至りだ。あの時は汝......。三州『オイ、ここまで漸く来るは来たが、玉治別以下の宣伝使はどうだらう。我々を此儘にし......人は足が痛いと云つて、キツと津田の湖を、玉治別と一緒に船に乗つて高春山の山麓に渡る手段... 5
6 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第7章 誠の宝〔681〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/玉治別=9 ...甲州は入口に立つて、『三五教の宣伝使  玉治別の神司 それに従ふ竜国別の  プロパガン......の湖水の辺まで やつと進んで来た折に  玉治別の宣伝使 俄に手をふり首をふり  顔色変......息を殺して畏まり 其託宣を待ち居れば  玉治別のお言葉に 妾はお杉の亡霊だ  杢助さま......い三五の 神の教の宣伝使  霊魂の磨けた玉治別の 珍の使の御肉体  一寸拝借致します ......高春山を言向けて  帰つてござる其時に 玉治別の体を借り  一々細々ハズバンドに 心の......居ると逐一に 話して聞かして下されと  玉治別の口を借り 涙ドツサリ流しつつ  しみじ......はひましまして お杉の精霊の憑つたる  玉治別の宣伝使 それに従ふ雲、甲、三  三人さ......かなア。イヤ成功する見込がありますかな。玉治別の持つて居る秘密書類を、遠州、駿州、武州... 6
7 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第8章 津田の湖〔682〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 22 件/玉治別=22 ...神を言向けつつ高春山に向ふ計画を定めた。玉治別は湖辺に繋ぎある舟に身を托し、津田の湖を......々々吐すと、此の湖中へ投り込んで了ふぞ』玉治別『アハヽヽヽ、貴様達何を吐すのだ。三五教......五人、百人攻め来るとも、恟とも致すやうな玉治別では無い、あんまり見損ひを致すな。鷹依姫......。三人は三方より滅多打ちに打ちかかる。 玉治別は已むを得ず、又もや櫂を握るより早く三人......サリと湖中に落ちた。二人に追ひ詰められて玉治別は又もやザンブとばかり湖中に真逆様に落込......よし、渡さねば貴様の生命はモーないぞ』 玉治別は一生懸命抜き手を切つて逃出す。三人は櫂......抜き手を切つて逃出す。三人は櫂を操り乍ら玉治別を追ひかける。......玉治別は浮きつ沈みつ逃げ廻る。秘密書類は懐中よ... 7
8 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第9章 改悟の酬〔683〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/玉治別=9 ...りにて、さきに立ちたるは六歳のお初、次に玉治別、次に杢助の大男なり。遠州『ヤア貴方は......玉治別さま、何卒生命ばかりは助けて下さい』......玉治別『此湖水は八岐大蛇の眷族の大蛇の棲処であ......流るるのみとはなりぬ。 此時又もや杢助、玉治別、お初の三人は宣伝歌を歌ひ乍ら此場に近寄......。其歌、杢助『瀬織津姫大神の  神言畏み玉治別の 神の使は津田の湖  枉津の棲処を言向...... 折しもあれや三五の 神の教の宣伝使  玉治別が訪ね来て 執着心の深かりし  妻の霊魂......  早く心を改めて 我等に従ひ来れかし』玉治別『高春山は高くとも  鷹依姫は猛くとも ......らせ給へ惟神  御霊幸はひましませよ』と玉治別が声を限りに歌ひ終れば、今迄現はれたる三... 8
9 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第3篇 男女共権 第10章 女権拡張〔684〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...実に汗顔の至りで御座ります。併し竜国別、玉治別、国依別の三人では、余りに高春山の征服は... 9
10 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第3篇 男女共権 第12章 奇の女〔686〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...の後に横はる。其歌、『三五教の宣伝使  玉治別や国依別の 神の使と諸共に  津田の湖辺... 10
11 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第3篇 男女共権 第14章 恩愛の涙〔688〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/玉治別=16 ... 玉治別は津田の湖水を渡つて、高春山の正面より攻......だしき数多の人の足音、刻々に近寄り来る。玉治別、杢助は朧月夜の木蔭に、何事ならむと透か......。老人が急病で困つて居りますので、我夫の玉治別に知らさうと思ひ、聖地へ参つて承はれば、......はせたいばつかりにやつて来ました』『何、玉治別の宣伝使が貴女の夫とな。コレコレ......玉治別さま、奥さまがお見えになつて居ます。なぜ......…イヤお言葉はよく分りました。決して妾は玉治別宣伝使の女房では御座いませぬ』『不届きな......、我々男子を誑かるとは何事ぞ。…コレコレ玉治別さま、一つ懲らしめておやりなさい』 ......玉治別は熱涙を呑み乍ら、お勝の前に進み寄り、『... 11
12 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第15章 化地蔵〔689〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉治別=4 ...ひ出さむと  言依別の神言もて 竜国別や玉治別の  神の使と諸共に 遠き山路を打渉り ...... 漸う此処に津田の湖 竜国別は北の路  玉治別は湖水をば 横断り乍ら進み行く  国依別......気がなければ、どうせ落第だ。貴様の連れの玉治別は津田の湖水で、遠州、駿州、武州の為に亡......、あつたら口に風を引かす馬鹿があるかい。玉治別は寂滅為楽の運命に陥り、頭に三角の霊衣を... 12
13 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第16章 約束履行〔690〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 22 件/玉治別=22 ...の中腹なる天の森の祠の傍に漸う登り着いた玉治別、杢助、お初の三人は、周囲に碁列せる平岩......る平岩に脚を休め乍ら、ひそひそ話に耽る。玉治別『此処へ着いてから殆ど二時ばかりになるが......ものだ。軈て堂々と登つて来られるでせう』玉治別『あの国依別にしても、竜国別にしても随分......をくれるやうな人物とは認められませぬワ』玉治別『イヤ余り安心は出来ますまい。何分元が元......、随分に苦戦をやつてゐられるのでせうよ』玉治別『それはさうと、あの秘密書類に依つて敵の......、三時遅れたつて寧当然かも知れますまい』玉治別『我々は湖上に於ていろいろと時間をとりま......登つて来ましたよ。大方竜国別様でせう』 玉治別は首を伸ばして見つめてゐる。追々近寄つて......喰つて居たものですから、ツイ遅れました』玉治別『ヤア結構々々、又谷底へでも沈澱したのぢ... 13
14 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第18章 解決〔692〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/玉治別=6 ...へ表口より、宣伝歌を歌ひながら、竜国別、玉治別、国依別を先頭に、力強の杢助、其他六人の......教の信者を従へ、どやどやと這入つて来る。玉治別『ヨー、貴女は高姫さま、黒姫さま、ヨウ、......でした。よう来て下さつた。杢助様とやら、玉治別さまがいかいお世話になられたさうです。私......うしてその伜の名は何と云ふ方でしたか』と玉治別の問ひに、『ハイ、今は如何なつたか行方は......はどうして居る事か、アーア』と袖を絞る。玉治別は不審さうに、『コレコレ竜国別、お前も竜......ぎ、手を洗つて天津祝詞を奏上し、宣伝歌を玉治別の音頭に連れて高唱する。(大正一一・五・... 14
15 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第5章 壇の浦〔697〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...くであつた。 此時言依別命は若彦、紫姫、玉治別と共に壇上に悠然として現はれた。 一同は... 15
16 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第6章 見舞客〔698〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 20 件/玉治別=20 ...州、武州は種々と介抱に全力を尽して居る。玉治別は妻のお勝と共に高姫の病気と聞き、見舞の......姫の病気と聞き、見舞のために訪ねて来た。玉治別は庭の表に立ち働いて居る遠州に向ひ、『遠......誠に困りものですよ』『何うか差支なくば、玉治別夫婦がお見舞に参つたと、伝へて下さい』『......』と奥に入り耳許に口を寄せて、『高姫様、玉治別の宣伝使がお見舞に見えました』 高姫は人......お呉れ』と起き上つた。遠州は玉ではない、玉治別が来たのだと実を明かせば、又もや高姫が落......』 遠州は、『ハイ』と答へて表に出で、『玉治別さま、お勝さま、どうぞ奥へお通り下さいま......。高姫様が大変お待ち兼ねで御座います』 玉治別はお勝と共につと奥に進み入り、見れば高姫......顔をしながら捩鉢巻の儘病床に坐つて居る。玉治別『高姫様、承はりますれば御病気との事、何... 16
17 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第7章 囈語〔699〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...底まで陥落するか分つたものぢやない。今も玉治別さまがカーンとやられて、遁げ帰らしやつた... 17
18 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第8章 鬼の解脱〔700〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...声、空を見上ぐれば、言依別命、言依姫命、玉治別、国依別、紫姫、若彦、お玉の方、時置師神... 18
19 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第1章 玉の露〔713〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 17 件/玉治別=17 ...の神勅を 四方に伝ふる宣伝使  国依別や玉治別の 神の命は神徳も  大台ケ原の峰つづき......ゆらと  此方に向つて進み来る。国依別『玉治別さま、あなたも随分永らく無言の行をやつて......う、まだ依然として継続して居るでせうか』玉治別『私も実は若彦さまに会ひたいので、やつて......様の内命を奉じて、お迎へに来たのですよ』玉治別『私も堅い秘密を守り、玉能姫の御神業を口......せるに驚いた様な声で、魔我彦『ヤア貴方は玉治別、国依別の宣伝使で御座つたか。何れへ宣伝......罪穢れを洗ふ為に荒行にやつて来たのです』玉治別『遥々斯んな所まで荒行に来なくても、聖地......は其意を察し、ワザと忘れた様な風をなし、玉治別『流石は大台ケ原に源を発した丈あつて、随......滅多に拙劣な事は申しませぬ。併し国依別、玉治別の亡霊が貴方や私に憑依して喋つた時は、コ... 19
20 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第2章 副守囁〔714〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉治別=4 ...換られますまい』若彦『彼の賢い抜目の無い玉治別や、国依別が付いて居るのですから、滅多な......して来る筈になつて居るのですから』竹彦『玉治別や国依別は、モウ現世には………』と言ひか......ですから其のつもりで聴いて下さい』若彦『玉治別と国依別さまの消息は御存知でせうな』魔我......ふことは、事実に近いやうですよ。国依別、玉治別の宣伝使は、若しや或はマガタケル彦に谷底... 20
21 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第3章 松上の苦悶〔715〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/玉治別=15 ...館の奥の間に招ぜられた三人の男は、杢助、玉治別、国依別であつた。若彦『これはお三人様、......のです』 杢助は、青山峠の頂上より谷底へ玉治別、国依別を突き落し、殺害を企てた事を小声......大ぴらに首を振つて居る。表の方には杢助、玉治別、国依別の三人小声になりて、何事か話に耽......八岐の大蛇の眷属であるぞよ。今表に杢助、玉治別、国依別の三人が現はれて、今夜を待つて復......愛さうなものだが、其方も可愛さうだ。併し玉治別、国依別の命を易々と取らうと企んだ張本人......ら生気に復し、四辺をキヨロキヨロ見廻し、玉治別、国依別の姿を見て『キヤツ』と叫び、又も......と叫び、又もや人事不省に陥つて仕舞つた。玉治別は魔我彦を、国依別は竹彦をひつ抱へ、奥の......施した。漸くにして二人は息を吹きかへす。玉治別『魔我彦さま、何うでした。随分御心配なさ... 21
22 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第4章 長高説〔716〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/玉治別=6 ...暫らく外出せず、聖地の様子を窺つて居た。玉治別、若彦、国依別の三宣伝使も密に聖地に帰り......、杢助の総務役を解き、言依別命を放逐し、玉治別、国依別の没分暁漢も今日限り免職させるか......峰続き青山峠までスタスタやつて往つた所、玉治別、国依別の両宣伝使が谷の風景を眺めて、休......るのは言依別命、それについで命の信任厚き玉治別、国依別の両人を、何とかして葬り去らうと......漸く息を吹き返しました。よくよく見れば、玉治別、国依別の宣伝使で御座いました。それより......は莞爾として現はれ、一場の演説を試みた。玉治別、国依別、若彦の三人は此場に悠然として現... 22
23 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第8章 島に訣別〔738〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/玉治別=16 ...し  話を聞くより矢も楯も 耐り兼ねたる玉治別の  天地に通ずる真心は 玉能の姫を動か......まの胸の中 一日も早く晴らせかし  吾は玉治別の司 玉能の姫や初稚姫の  誠の御言に従......、『ヤアお前は玉能姫と初稚姫さま、それに玉治別の田吾作どの、何用あつて執念深く高姫の後......らうと思つても其手には乗りませぬぞえ』 玉治別は口を尖らせ、『何とマア執念深き訳の分ら......珍らしもの喰ひに抜擢されて宣伝使になり、玉治別の名を戴いたと思うて、変性男子の系統の生......な態度にてパタパタと羽ばたきして見せる。玉治別は初めて其処に蜈蚣姫の倒れて居るに気付き......の腫は刻々にひすぼり、忽ち元の姿に復り、玉治別に向ひ両手を合せ、涙を滝の如く流し感謝の......仰有つて恰度今半時許り経つた所だ。其処へ玉治別がやつて来て烏のおどしの様な恰好して鎮魂... 23
24 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第9章 神助の船〔739〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/玉治別=10 ...り 玉照彦の神言もて  初稚姫や玉能姫 玉治別の三人は  再度山の山麓に 生田の森にて......限りにかぢりつき  救けを叫ぶ声なりし 玉治別は快く  四人の男を救ひ上げ 率ゐ来りし...... 化物面を曝しつつ 滝の麓に倒れ居る  玉治別は驚いて 手負に向つて鎮魂の  神法修し......の底より感謝しつ  嬉し涙に暮れにけり 玉治別の一行は  探ね来りし高姫の 所在を知つ......うやう治まり一同は  二隻の船に分乗し 玉治別の操れる  船には初稚玉能姫 鶴武清の六......すもの、マアよう無事で居て下さいました。玉治別も居られます。初稚姫様もここに乗つて居ら......何の言葉もなく、黙然として俯むき居たり。玉治別は一生懸命に艪を操り乍ら高姫の言葉を聞い......端に、高姫はザンブと計り海中に落込みぬ。玉治別は驚いて、矢庭に棹を突き出す。高姫は一生... 24
25 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第10章 土人の歓迎〔740〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 12 件/玉治別=12 ...に 誠の教に導きて  救ひ給ふぞ有難き 玉治別の漕ぐ船は  夜に日を重ねてやうやうに ......往き、何事か一生懸命に祈願し初めたり。 玉治別は一向構つて呉れないのに稍悄気気味となり......現はれ来り』と云ふ事になる。又もや土人は玉治別を一生懸命に拝み初めたり。スマートボール......、一斉に高姫に向つて突きかかり来る。此時玉治別は樹上より、『エイムツエイムツ、ツウツウ......人に送られて、大樹の下に引き返し来りぬ。玉治別は調子に乗つて口から出任せに、『ダールダ......りにける。玉能姫は樹上を見上げながら、『玉治別さま、スマートボールさま、早く下りて下さ......に寄つて集つて舁ぎながら、恭しく乗せた。玉治別は我乗り来りし船に、スマートボール、友彦......』と云ひながら、一つ島目蒐けて進み行く。玉治別は船中にて宣伝歌を歌ひ初めたり。『コーツ... 25
26 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第11章 夢の王者〔741〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 0 件/玉治別=0   26
27 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第12章 暴風一過〔742〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...誘拐した友彦や、スマートボールに田吾作の玉治別、それにお節にお初、いやモウサンザンの目......で、傍の山より峰伝ひに、玉能姫、初稚姫、玉治別一行の捜索に立向ひける。 高山彦も終に顕......追はむと漕ぎ出したり。 玉能姫、初稚姫、玉治別其他の一行は、遥かの山上より霊眼を以て三... 27
28 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第13章 治安内教〔743〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 38 件/玉治別=38 ...俄に船を操りつ 東を指して出でて行く  玉治別や玉能姫 初稚姫の一行は  厳の都の城門......お民も各自に  行方も知れずなりにけり 玉治別や玉能姫  初稚姫は手をつなぎ 暗祈黙祷......十数人の土人に担がれて、此場へ来たりしは玉治別なりき。......玉治別は友彦が言葉を半分ばかり聞いて可笑しさに......の夕立に会うた様になつて、『誰かと思へば玉治別さま、あまりぢやないか、馬鹿にしなさるな......蝙蝠で暮して居れば、マア無事だらうよ』『玉治別さま、チツト気を利かして下さいな。折角こ......わしの家来の様な風をして見せて呉れよ』 玉治別は、『ヨシ面白い』と言ひ乍ら言語の通ぜざ......語の通ぜざるを幸ひ、『ジヤンナの郷人よ、玉治別が今申す事をよつく聞けよ。此友彦と云ふ男... 28
29 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第14章 タールス教〔744〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 40 件/玉治別=40 ... 玉治別は合点ゆかず、次の間に押出され天然の岩の......卒々々神直日大直日に見直し聞直し、何卒此玉治別に暫時の間、赤いはなを持たせて下さいませ......ー」と言ふ事は「お許し」と言ふ事である。玉治別は口から出放題に、『トーリンボース トー......同は声を揃へて「ウワーウワー」と言ひ乍ら玉治別を胴上げし「エツサーエツサー」と声を揃へ......つけ、一生懸命に鬨を作つて逃げ帰り行く。玉治別は後見送つて、『何だ、薩張り訳が分らぬ。......るものがある。見れば大なる白狐であつた。玉治別は白狐に向ひ、『やア貴方は鬼武彦様の御眷......二三遍左右に掉り、ノソノソと歩み出した。玉治別は白狐の後に従ひ、樹木茂れる山林の中を右......白狐の姿は影も形もなくなり居たりけり。 玉治別は谷底の声をしるべに草を掻き分け下つて行... 29
30 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第15章 諏訪湖〔745〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 19 件/玉治別=19 ... 玉治別は初稚姫、玉能姫と共にアンナヒエールのタ......に腰打ち掛け、休息し乍ら回顧談に耽つた。玉治別は、ジヤンナの谷底にジヤンナイ教の教主テ......大口を開けて呑まんとする真最中であつた。玉治別是を見るより一目散に夏草の生茂る灌木の中......忘れは致しませぬ』と涙と共に感謝しける。玉治別は、『ヤア、貴方は……久助さま、お民さま......はハツと顔を上げ、久助は、『ヤア、貴方は玉治別様、玉能姫様、初稚姫様、よう来て下さいま......するものの如く、両眼より涙を流し居たり。玉治別は大蛇に向ひ、『オイオイ大蛇先生、何の因......中空に消えて仕舞つた。これ全く誠心誠意、玉治別一行が天津祝詞を奏上したる功徳によつて、......折しも、久助の背に負はれたる初稚姫は、『玉治別殿、先に立たれよ』と云ふ。玉治別は先に立... 30
31 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第16章 慈愛の涙〔746〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/玉治別=10 ...人に譲るの徳性を 培ひ育てし健気さよ  玉治別や玉能姫 一層賢しき初稚姫の  神の命の......神々々  御霊幸はひましませよ』と小声に玉治別は歌ひ終り、打擲された十五人の男に向ひ、......て大地に平伏し、陳謝の辞を断たざりけり。玉治別は大いに喜び茲に一場の宣伝をなしながら、......、『皆さま、今の方は誰方と思ひますか』『玉治別には、どうも合点が参りませぬ。何処へ行か......力を戴きました』と鼻を啜り嬉し涙を絞る。玉治別は啜り泣き一言も発し得ず嗚咽し乍ら、自転......前に醜き一人の男、何事か祈願し居るにぞ、玉治別はツカツカと進み寄り、『モシモシ貴方は何......る。何れへお出で遊ばすか』と尋ぬるに男は玉治別の言葉にフト顔を上げたり。見れば顔面は天......言はれぬ臭気芬々として膿汁が流れて居る。玉治別は案に相違し突立つた儘、目を白黒して其男... 31
32 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第2篇 自由活動 第6章 三腰岩〔752〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...やうな情けない 声を絞つて居たところ  玉治別の一行に 安い命を助けられ  ニユージラ... 32
33 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第3篇 竜の宮居 第10章 開悟の花〔756〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...には初稚姫、赤き玉には玉能姫、青き玉には玉治別、白き玉には久助、黄色の玉にはお民の顔が... 33
34 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第4篇 神花霊実 第13章 握手の涙〔759〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...あて 命危ふき折からに  三五教の神司 玉治別の一行に  惜しき命を救はれて 蜈蚣の姫... 34
35 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第4篇 神花霊実 第15章 改心の実〔761〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...スレスレに 北に向つて進み行く  これぞ玉治別宣使 初稚姫や玉能姫  久助お民の五人連......げた金色の霊鳥は、神の使の八咫烏である。玉治別一行を乗せた五羽の八咫烏は、日光に照り輝......姫様、船が無ければ渡る訳には行きませぬ。玉治別や初稚姫様の様に、黄金の鳥が迎ひに来て下... 35
36 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第4篇 神花霊実 第16章 真如の玉〔762〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉治別=4 ...左右に開き現はれ出でしは初稚姫、玉能姫、玉治別、久助、お民の五人。之亦無言のまま先に立......依姫は侍女の持てる青色の宝玉を取り、之を玉治別に授け給ふ。......玉治別は押し戴き直ちに黄竜姫に渡し次に侍女の持......子姫、黄竜姫、蜈蚣姫、友彦、テールス姫、玉治別、初稚姫、玉能姫、久助、お民の十柱を乗せ... 36
37 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第17章 森の囁〔763〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...へお帰りになると云ふ事だ。何れ初稚姫様、玉治別も一緒だらう。何時までも私も斯うしては居... 37
38 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第18章 玉の所在〔764〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...聖地へ八咫烏に乗つて来るぞよ。一つの玉は玉治別、も一つは玉能姫、も一つはお玉の方、これ... 38
39 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第1章 麻邇の玉〔766〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ...  玉依姫の御手より 初稚姫や玉能姫  玉治別を始めとし 久助お民の五つ身魂  研き澄......つた。 八咫烏は梅子姫、初稚姫、玉能姫、玉治別、黄竜姫、蜈蚣姫、友彦、テールス姫、久助... 39
40 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第2章 真心の花(一)〔767〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...く汲み取りて仕へませ  初稚姫や玉能姫 玉治別や其外の  百の司の御前に 紅葉の姫が老......し場所を探らむと 焦ち給ふぞ悲しけれ  玉治別や玉能姫 神の司と諸共に  高姫さまを気......五の 神の教の宣伝使  初稚姫や玉能姫 玉治別と諸共に  浪路を分けて来ります 神の柱... 40
41 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第3章 真心の花(二)〔768〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 17 件/玉治別=17 ... 玉治別は立上り銀扇を拡げて歌ひ舞ひ始めた。『吾......立上り銀扇を拡げて歌ひ舞ひ始めた。『吾は玉治別司  天と地との三五の 誠を諭す神使  ......速けく親と子が 在処を知らせ給へよと  玉治別の朝宵に 祈る心ぞ悲しけれ  金剛不壊の......せ給へと太祝詞  となふる声も湿り勝ち 玉治別は是非もなく  初稚姫と諸共に ネルソン......て 後白浪と消え給ふ  初稚姫や玉能姫 玉治別は伏し拝み  諏訪の湖あとにして 西北指......へよと  露の滴る青の玉 ものをも言はず玉治別の  神の司の掌に 授け給ひし嬉しさを ......安く 守らせ給へ惟神  神の命の御前に 玉治別が真心を  開いて細さに願ぎまつる 神素......ふべらなる姫神の 十二の神姿立ち並び  玉治別や初稚姫の 神の命や玉能姫  久助お民も... 41
42 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第4章 真心の花(三)〔769〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉治別=4 ...を畏みて 又もや船に身を任せ  初稚姫や玉治別の 神の司と諸共に  心の闇を明石潟 波......カ港 目出度く船を乗り棄てて  初稚姫や玉治別の 神の命と諸共に  蜈蚣の姫を送りつつ......已むを得ず  醜の御業を継続し 国依別や玉治別の  神の司に退はれて 再び開く魔谷ケ岳......時に  神の恵の著く 三五教の宣伝使  玉治別の神司 其場に現はれましまして  吾等夫... 42
43 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第5章 真心の花(四)〔770〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...  心いそいそ進む折 初稚姫や玉能姫  玉治別の一行に 思はぬ処に迎へられ  又も十二... 43
44 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第2篇 蓮華台上 第8章 虎の嘯〔773〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ...灯火を目当に訪ね来る  三五教の宣伝使 玉治別の神司  愈ここに杢助は 神の大道に躍り...... 年端も行かぬ初稚の 姫の命は玉能姫  玉治別と諸共に 万里の波濤を乗り越えて  竜宮... 44
45 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第3篇 神都の秋 第10章 船歌〔775〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...の 神の教の宣伝使  国依別と名を賜ひ 玉治別や竜国別の  親しき友と諸共に 尊き聖地...... 月宮殿に参詣で  月照る夜半の森の下 玉治別にからかはれ  肝を冷せし愚さよ 神の御......木の葉茂れる青山に  姿を隠し進み行く 玉治別の吾友に  湯谷ケ谷なる杢助が 館に目出... 45
46 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第3篇 神都の秋 第11章 言の波〔776〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/玉治別=4 ...頭に、五十子姫、梅子姫、初稚姫、玉能姫、玉治別や黄竜姫、蜈蚣姫と順序を正し、錦の宮の八...... 姫の命や玉能姫  玉の光はいやちこに 玉治別と現れまして  神の御稜威もテールス姫の......竜宮の 五つの御霊の麻邇宝珠  初稚姫や玉治別の 神の使等一行の  清き身魂の働きに ......の麻邇宝珠  心に好かぬ玉能姫 初稚姫や玉治別の  神の司が竜宮の 玉依姫の御手づから... 46
47 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第3篇 神都の秋 第12章 秋の色〔777〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...お玉の方を差し加へ 愈此処に三つ御魂  玉治別や玉能姫 加へて此処に五つ御魂  三五の... 47
48 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第4篇 波瀾重畳 第14章 大変歌〔779〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...お前の帰つたその後で 初稚姫や玉能姫  玉治別や友彦に 又もや麻邇の如意宝珠  尊い御... 48
49 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第1篇 聖地の秋 第1章 高姫館〔783〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...くなる 負てもお勝の尻を追ひ 肥桶担ぎの玉治別に 玉を取られし気の毒さ 泣面に蜂 止ま... 49
50 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第1篇 聖地の秋 第3章 魚水心〔785〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...御座いましたよ。なんでも初稚姫、玉能姫、玉治別、久助、お民の五人さまが、竜宮の一つ島の... 50
51 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第4章 教主殿〔786〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/玉治別=15 ... 五十鈴の滝の音彦や  心も光る玉能姫 玉治別を始めとし  初稚姫や杢助は 言依別と諸......現はれ来る三人連れ  御免々々と訪へば 玉治別は出迎へ  一目見るより慇懃に 笑顔を作......すから、今後は私の云ふ事を聞きますかな』玉治別『モシ英子姫様、決して何事も高姫さまが系......の出神が命令する。此場を速に退席なされ』玉治別『ここは言依別様の御館、御主人側より退席......見た上で、何とか申上げませう』黒姫『コレ玉治別さま、玉能姫さま、一番お偉い初稚姫さま、......。マアそこまで分れば結構だ。……コレコレ玉治別さま、お前さまの御意見はどうだな』......玉治別『私の御意見ですか。私の御意見はヤツパリ......様に教へて上げるから、チツと勉強なされ』玉治別『お前さまに教へて貰ひますと、竹生島の弁... 51
52 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第5章 玉調べ〔787〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/玉治別=9 ...そ肝腎要な大望な御神業大事のお宝、就ては玉治別や其他の半研けの身魂が取扱つたのですから......それだから瑞の御霊は憑り易いと言ふのだ』玉治別『瑞の御霊は憑り易いと仰有つたが、これは......りませぬか』黒姫『何れも憑り易い身魂だ』玉治別『そんなら貴女の身魂が憑つたのでせう。ど......何も言ひますまい。是から青玉だ。……サア玉治別、黄竜姫様、此処にお出でなさい。さうして......様にパツとさせ、腰を二つ三つ振つて居る。玉治別は是れを眺めて、......玉治別『これ高姫、黒姫、矢張お前さまお二人は改......身魂が憑つて斯んなに変化さしよつたのだ。玉治別承知致しませぬぞツ』と今度は反対に高姫に......オホヽヽヽ』と肩を揺り又も腮をしやくる。玉治別『モシモシ黄竜姫さま、斯様な没分暁漢のお... 52
53 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第6章 玉乱〔788〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/玉治別=16 ...つて、国依別『ヤア、テールス姫、玉能姫、玉治別、久助、お民さま、竜宮の女王黄竜姫、蜈蚣......否や、そろそろと又吹き出しますからなア』玉治別『ヤア有難う、あとは我輩が引受ける、安心......筈だなア』高姫『今の両人が話振を聞けば、玉治別も同類と見える。お前もトツトとここを退場......とここを退場なされ。日の出神が命令する』玉治別『高姫さま、大きに憚りさんで御座います。......らぬかなア。時節は待たねばならぬものだ』玉治別『コレハしたり、高姫さま、誰の命令を受け......ますワイな。グツグツ申すと帳を切るぞえ』玉治別『アハヽヽヽ、よう慢心したものだなア。…......。高姫、黒姫は特に抜擢して相談役に致す。玉治別、秋彦、友彦、蜈蚣姫、黄竜姫、玉能姫は以......かける。其時には玉能姫、蜈蚣姫、黄竜姫、玉治別、友彦、テールス姫、久助、お民、佐田彦、... 53
54 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第7章 猫の恋〔789〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/玉治別=10 ...』と慌しく駆出す。 斯かる処へ走つて来た玉治別、......玉治別『ヤア、高山さま、愈御出でですか』高山彦......「ウン」と其場に大の字に倒れて仕舞つた。玉治別『何と高山さま、乱暴な事を致しますな』高......拇指でグツと押して貰へば息を吹き返す……玉治別さま、此処だよ。何卒二十分ばかり待つとつ......だよ。何卒二十分ばかり待つとつて下さい』玉治別『承知致しました』 「左様ならば」と高山......は二人を伴ひ、足早に何れへか姿を隠した。玉治別は時期を見計らひ高山彦に教はつた局を拇指......逃げられたか。エー仕方がない。……お前は玉治別さま、ようマア助けて下さつた』......玉治別『高山彦の奴、怪しからぬ乱暴な男だ。永ら... 54
55 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第4篇 竜神昇天 第14章 草枕〔796〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ... 梅子の姫を始めとし 初稚姫や玉能姫  玉治別の一行が 海洋万里の波の上  永久に浮べ... 55
56 霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 第1篇 玉石混来 第1章 アリナの滝〔823〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...納めゐたるを三五の 神の司の国依別や  玉治別の一行に 玉の所在を嗅出され  再び玉は... 56
57 霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 第2篇 石心放告 第9章 俄狂言〔831〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...ツと困りますぞえ。コレコレお前は国依別、玉治別、竜国別と云つたぢやないか。何時の間にや... 57
58 霊界物語 第29巻 海洋万里 辰の巻 第3篇 神鬼一転 第12章 悔悟の幕〔834〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...の如意宝珠 麻邇の宝を国依別の  教司や玉治別 言依別の教主等が  広き御殿を拵へて ... 58
59 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第3篇 瑞雲靉靆 第17章 悔悟の歌〔908〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...めぐらし岩窟の 中に押し込めゐたる折  玉治別や杢助が 国依別や竜国別を  先頭に立て... 59
60 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第3篇 瑞雲靉靆 第18章 竜国別〔909〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...て 竜国別と名を賜ひ  茲に尊き宣伝使 玉治別や国依別の  教の司と諸共に 高春山に捉... 60
61 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第2篇 鶴亀躍動 第7章 心の色〔922〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...たる嬉しさよ  国依別の神様は 竜国別や玉治別の  教司や杢助さま お初の姫と諸共に ... 61
62 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第3篇 時節到来 第17章 感謝の涙〔932〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...斯かる所へ筑紫の島より黒姫の所在を尋ね、玉治別、秋彦の両人、黒姫を伴れて帰り来り、茲に......物語り、神書を開いて読み聞かせた。黒姫、玉治別等の筑紫島に於ける活動の模様は後日に稿を......秘に脱け出で沓島に向つて進み行く。 此事玉治別を初め、加米彦、テー、カー、常彦、其他の... 62
63 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第3篇 時節到来 第18章 神風清〔933〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ... 秋山彦は東助、玉治別其他一同の集まる広間に現はれ、『皆様、御......声を張上げて挨拶をするのであつた。東助、玉治別其他の一同は、秋山彦の案に相違の言葉に驚... 63
64 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第4篇 理智と愛情 第19章 報告祭〔934〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ...高姫が久振りにて高砂島より帰り、又黒姫、玉治別が筑紫の島より遥々帰国し、鷹依姫、竜国別......やないか、本当に呆れたものだなア』安公『玉治別さまが黒姫の若い時の伜だつたといの。何と... 64
65 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第4篇 理智と愛情 第20章 昔語〔935〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/玉治別=8 ...毒な事だと思ひましたが、不思議の縁にて、玉治別が貴方のお子様だと云ふ事が分つて参りまし......ふ望みもなし、もう諦めるより仕方がない。玉治別さまはお前の子だ。そしてお前は私の女房だ......女房だ。さうすれば私も万更他人ではない。玉治別さまのお世話になるより仕方がないなア。併......し乍ら、お前はいつの間に誰と夫婦になつて玉治別さまを生んだのだ。差支なければ皆さまの居......恵の幸はひて 茲に吾子と名乗りを上げ  玉治別に導かれ 漸く海を乗り越えて  由良の港......しさは何時の世か  身魂の限り忘れまじ 玉治別の宣伝使  御魂の曇りし黒姫が 身を卑下...... あゝ惟神々々 御霊幸はへましませよ』 玉治別は黒姫の後に続いて歌ひ初めたり。『思へば......妹のお勝を吾妻に 娶りて神の道に入り  玉治別と宣伝使 清けき御名を授けられ  三五教... 65
66 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第4篇 理智と愛情 第21章 峯の雲〔936〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/玉治別=7 ...つて来ると両親の身の上も案じられ、又伜の玉治別が折角母親に会うて喜んで居りますが、屹度......一人の伜までに切ない思ひをさせます。あゝ玉治別、何卒許して下さい。屹度私がお前のお父さ......ても探し出し、お会はせしませうから……』玉治別『勿体ない事を云つて下さいますな。此広い......橋の上で 会うたる女は黒姫か  さすれば玉治別神 全く吾の珍の御子  あゝ惟神々々 神......の涙は雨となり 降り注ぐなる今日の宵  玉治別よ黒姫よ 高山彦は汝が父ぞ  汝が昔の夫......神々々  御霊幸はひましませよ』 黒姫、玉治別は高山彦の物語に二度吃驚り、……あの時の...... あゝ惟神々々  御霊幸はひましませよ』玉治別『屹度建国別命は高姫様の御子息に間違ひあ... 66
67 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第4篇 理智と愛情 第23章 鉄鎚〔938〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ...尋ねつつ  わがいとし子に会ひし嬉しさ』玉治別『吾を生みし父と母とを知らずして  あだ......の恵の花開き  心も薫る秋の大空』お玉『玉治別神の司は父母に  遇ひて嬉しく思召すらむ... 67
68 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第1篇 筑紫の不知火 第8章 暴風雨〔949〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/玉治別=8 ...なく風のまにまに、宣伝歌が聞え来たりぬ。玉治別『神が表に現はれて  善と悪とを立別ける......の過ちは宣り直せ  三五教の宣伝使 吾は玉治別司  三五教の黒姫が 筑紫の島に渡りたる......筑紫ケ岳はさくる共  神に任せし此身体 玉治別の真心に  如何なる風もおし鎮め 天ケ下......御霊の幸ありて  此山嵐速に 鎮め玉へば玉治別の  教司は逸早く 三五教の黒姫に  出......オイ芳公、あの宣伝歌を聞いたか、どうやら玉治別の宣伝使が間近く見えたらしいぞ、神様は有......御恵といふものは実に尊いものだ。神徳高き玉治別命様にこんな所でお目にかからうとは、神な......不思議なことがあるものだなア。確に吾れは玉治別司と歌はれた様に聞えたがなア』芳公『確に......追つついて御慰問を申上げねばなろまいぞ。玉治別の宣伝使も、或は此坂の上に御座るのかも分... 68
69 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第2篇 有情無情 第12章 漆山〔953〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ... さはさり乍ら最前の  三五教の宣伝歌 玉治別のドツコイシヨー  歌うた声は影もなく ......を霞と消え失せた  此急坂を如何してか 玉治別の神司  如何して其様にドツコイシヨ 早... 69
70 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第2篇 有情無情 第13章 行進歌〔954〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ... 天地の神を祈る折  忽ち聞ゆる宣伝歌 玉治別の玉の声  聞ゆる間もなく荒れ狂ふ 風雨... 70
71 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第2篇 有情無情 第16章 楽天主義〔957〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...宣伝歌の主だらう』芳公『オウさうだ。確に玉治別命様のお声だつた。それに声は聞いたが、時... 71
72 霊界物語 第34巻 海洋万里 酉の巻 第3篇 峠の達引 第19章 生命の親〔960〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...く渡らむ神の橋 進めよ進め早渡れ  吾は玉治別司 汝の身魂につき添ひて  汝が行末を守......。黒姫は此宣伝歌の近く聞えたのに力を得、玉治別が此近くに来て居る事を心強く思ひ、萎れき......る心を取直し心待ちに待つて居る。されども玉治別の姿どころか、獣一匹姿を見せぬ。黒姫は思... 72
73 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...行が魔神の征服に向ひ、危急の場合に際し、玉治別の宣伝使が暗の中より応援の言霊を放ち、首... 73
74 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 前付 総説歌 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...き吾児に邂逅なし  歓び勇み捨てた児の 玉治別と諸共に  自転倒島へ立帰り 夫の君に廻... 74
75 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第10章 夢の誡〔974〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/玉治別=3 ...なやみし執着の 心の雲霧吹き払ふ  我は玉治別司 湖の魔神を三五の  神の教に言向けて......ふ  あゝ惟神々々 神の御言を諾ひて  玉治別の神司 神に代つて説き諭す  進めよ進め......併しながら夢だとて油断は出来ない。神様が玉治別の名をかりて御注意して下さつたのだらう。... 75
76 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第11章 野宿〔975〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...えらい坂  「如何にも息が絶れさうな」 玉治別と名乗りつつ  孫公司を誡めの 手痛い意... 76
77 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第12章 自称神司〔976〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...手を当てて 考へ直してみるがよい  吾は玉治別司 神に代つて一同に  誠心で気を付ける... 77
78 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第13章 山颪〔977〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/玉治別=2 ...む折柄に  いづこともなく神の声 われは玉治別司  一寸先の見えもせぬ 凡夫の身にて宣......トコシヨ」 「ドツコイ」頭の天辺から  玉治別だと云ひながら 雷のやうなる声をして  ... 78
79 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第14章 空気焔〔978〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...慎み畏み聞くがよい  あゝ惟神々々 吾は玉治別の神  「オツトドツコイ」こりや違ふ 黒... 79
80 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第15章 救の玉〔979〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/玉治別=6 ...はれ来る一人の宣伝使あり。よくよく見れば玉治別命なり。孫公は飛立つばかり打喜び、『コレ......孫公は飛立つばかり打喜び、『コレハコレハ玉治別さま、幾回となくお声は聞かして頂きました......モシモシ三人の方、これが驍名高き三五教の玉治別の宣伝使で御座います』 お愛、三公は嬉し......ます』 お愛、三公は嬉し涙にくれながら、玉治別に向つて跪き敬意を表してゐる。『私は......玉治別です。皆さま、随分能く言霊がころびました......のは辛いものだとホトホト感心致しました。玉治別様がお越しになつたのを幸ひ、私は只今より... 80
81 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第2篇 ナイルの水源 第16章 浮島の花〔980〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 20 件/玉治別=20 ...を変じ、浮草の如く漂へる奇妙なる島なり。玉治別は此島を近く引寄せむと、金扇を開き、打煽......はれますかあはれ此島。 玉の緒の命の限り玉治別は  汝を救ふべくここに来れり。 ......玉治別神の命は素盞嗚の  神の伊吹を受けつぎて......り。 三五の神の教は世を救ふ  誠一つの玉治別なり。 わが魂は如意の宝珠と輝きて  う......も  神の恵の深きに若かず。 いざさらば玉治別が言霊の  厳の伊吹を開き見むかな。 開......の末まで。 鬼大蛇醜の猛びの強くとも  玉治別の魂に照らさむ。 曲神も皇大神の御霊なり......神代の昔より  色も変らず味も変らず』 玉治別はかく詠ふ折しも、湖面に浮べる美はしき一......る。近寄り見れば、意外なる広き浮島なり。玉治別は先頭に立ち、此浮島に渡らむとする時、い... 81
82 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第23章 清交〔987〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 17 件/玉治別=17 ...、宣伝歌を歌ひ乍ら入り来る一人の宣伝使は玉治別命なり。『神が表に現はれて  善神邪神を......伝歌に勇み立ち、威儀を正して門を開き、『玉治別神の命の出でましと  知るより心勇みける......の命の神司  桂の滝に出でましにけり。 玉治別神の命よ速かに  鉄門をくぐり奥に入りま......くして  今日は尊き神に会ふ哉。 有難や玉治別の出でましに  御空も清く晴れ渡りけり。......空も清く晴れ渡りけり。 大空の星にも擬ふ玉治別の  神の身魂の美しき哉』と口を極めて讃......軽の君こそ雄々しき男の子よ。 われこそは玉治別の神司  館の君に会はまくぞ思ふ。 高国......まさねど  愛子の姫に会はせまつらむ。 玉治別神の命よわれは今  君の御為に導きまつら......よわれは今  君の御為に導きまつらむ』 玉治別は、『今こそは人の情の知られけり  鉄門... 82
83 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第24章 歓喜の涙〔988〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/玉治別=8 ...み乍ら、玄関口に津軽命と共に出で迎へる。玉治別は後に只一人腕を組み、何か思案にくれてゐ......りませ  汝来ますとてわれは待ちける。 玉治別神の命も出でまして  汝が入来を待たせ玉...... 愛子姫は先に立ち奥の間に導く。此処には玉治別が腕を組んで、何事か思案にくれゐたり。『......のマア悲しさうなないぢやくりわいのう』 玉治別はフツと顔をあげ、『ヤアあなたは黒姫さま......と神前に向ひ手を合せ、涙乍らに祈願する。玉治別は首を傾け乍ら、『モシ黒姫さま、今始めて......憂ひに沈んで居つた所で御座います』『何、玉治別さま、お前も捨子ですか、そりや初耳だ。丁......だ。一寸見せて御覧!』 「ハイ」と答へて玉治別は肌をぬぎ背をつき出す、黒姫は念入りにす......にも其労を謝し別れを告げ、いそいそとして玉治別、孫公、房公、芳公と共に再び建日の港より... 83
84 霊界物語 第39巻 舎身活躍 寅の巻 第1篇 伊祖の神風 第1章 大黒主〔1066〕 出口王仁三郎 1924刊 DB
RMN
全 1 件/玉治別=1 ...)、東野別命(東助)、時置師神(杢助)、玉治別、初稚姫、五十子姫、玉国別(音彦)、幾代... 84
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2021 Iizuka Hiroaki