王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 玉純彦 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 11 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第9篇 隠神の活動 第33章 巴形の斑紋〔133〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 5 件/玉純彦=5 ...けき川水は、血液の色を帯びゐるを認めたる玉純彦、高山彦は、流れの変りたるを訝かり、あま......、ほとんど虫の息となり呻きゐたりける。 玉純彦は直ちに谷水を掬ひ来りて口に飲ませ、かつ......はれをることを目撃し、欣喜雀躍しながら、玉純彦の耳に口をよせ、何事をか私語きける。あま......の地にあるやも分らざりしなり。 大道別は玉純彦にむかひ、『ここの地名は何といふや、吾は......たるごとく、何事も分明せず』と云ふにぞ、玉純彦は、『ここは南高山の城塞なり』と答へける... 1
2 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第9篇 隠神の活動 第34章 旭日昇天〔134〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/玉純彦=1 ...山一帯の地方の禍は、跡を絶つに至りける。玉純彦以下の神司らは、大島別の命により数多の神... 2
3 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第9篇 隠神の活動 第39章 乗合舟〔139〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 9 件/玉純彦=9 ...近づききたる神人あり、これは南高山の従臣玉純彦なりき。南高山は八島姫の出城以来、四方八......人を派遣して姫の行方を探しゐたりしなり。玉純彦は八島姫にむかひ、飛つくばかりの声を発し......へたまふな』と、つンとして背を向けたるを玉純彦は、どことなく八島姫の容貌に似たるを訝か......八島姫の胸中はじつに熱鉄をのむ心地なり。玉純彦はなほも言葉をついで、『貴女はいかに隠さ......られじと直ちにその姿を物陰に隠したるに、玉純彦は姫の手を固く取りて離さざりけり。 八島......煙濛々としてたち昇り、四辺をつつみける。玉純彦は驚きて、姫の手を離したるを幸ひ、姫は白......倒れてゐたり。これは白狐旭の変化なりき。玉純彦はふたたび傍に寄り、千言万語をつくして帰......城をすすめたれば、姫はやうやう納得して、玉純彦とともに帰城の途につきにける。 数多の山... 3
4 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第2篇 天地暗雲 第9章 大の字の斑紋〔159〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 12 件/玉純彦=12 ...せしことあるは事実なれども、忠実なる従者玉純彦の苦辛惨憺の結果、スペリオル湖の南岸にお......度にあきれ、やや躊躇の色見えたる折しも、玉純彦はまつしぐらに壇上に登り八島姫の前に立ち......八島姫はカラカラとうち笑ひ、『愚なるかな玉純彦、汝かくまで妾を疑ふならば、今その證拠を......けたる白粉を、両手をもつて擦りおとし、『玉純彦これを見よ』と額を突出し見せたるに、擬ふ......方なき巴形の斑紋は歴然として表はれたり。玉純彦は眉毛に唾し眼をこすり、吾と吾が頬を爪も......ゐたり。八島姫はまたもや笑つて、『いかに玉純彦よ、妾の妖怪変化に非ざることを悟りしや』......ことを悟りしや』と言ひながらクルリと背を玉純彦の方に向けたり。......玉純彦はその後姿を首筋から足の下まで打ちながめ... 4
5 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第2篇 天地暗雲 第14章 大怪物〔164〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 8 件/玉純彦=8 ... ここに大島別の従臣たる玉純彦は、八王大神の許しを得て威勢よく登壇し、......別の第一の重臣のその従臣、又その従臣なる玉純彦とは我がことなり。日は照るとも曇るとも、......を看過するといふ鷹揚至極の大英傑大胆者の玉純彦なるぞ。諺にも勇将の下に弱卒無し、臍の下......と謳はれしは、智仁勇兼備の誉を恣にする吾玉純彦のことなり。吾素性を聞いて胆を潰し、壇上......心の魂は光りなし 早く身魂を研きあげ  玉純彦の神となり 聖地の神に謝罪せよ  それが......ン狐ン痴奇珍狐ン痴奇珍』 満場の諸神司は玉純彦の面白き節にて謳ふその美声に酔はされ、神......りゐたりける。 ふと面を上ぐれば、今まで玉純彦と見えしは謬りにて、仁王にまがふ骨格たく......はまたもや有耶無耶に閉ぢられたりにけり。玉純彦は依然として此の間自席に眠りを貪りゐたる... 5
6 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第4篇 天地転動 第24章 思ひ奇や その二〔174〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 13 件/玉純彦=13 ...高山の八王大島別は、八王大神に拝顔せむと玉純彦を従へ、玄関口に現はれたるに、ここには、......るか』としきりに杖の先にて突き試みけり。玉純彦は声を荒らげ、『八島の古狐またもや八島姫......、道彦の前に致つて救ひを乞ひぬ。大島別、玉純彦は二女の後を追ひ杖を打ち揮ひ、長刀を閃か......自得物をとつて、前後左右より大島別および玉純彦に打つてかかりぬ。大島別は老身のこととて......ととて、たちまち取り押へられ縛されたり。玉純彦はこれを見てますます怒り、獅子奮迅の勢を......き悠然として、この光景を見守りゐたり。 玉純彦は八王大神にむかひ、『常世の国の邪神の変......打つてかかれば、八王大神は少しも騒がず、玉純彦の利き腕をぐつと握りしめたり。......玉純彦は強力の大神につかまれて、その場に顔をし... 6
7 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第5篇 局面一転 第31章 傘屋の丁稚〔181〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/玉純彦=1 ...、モスコーの道貫彦、南高山の大島別および玉純彦、森鷹彦の四神司と聖地の神司らより外には... 7
8 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第1篇 動天驚地 第6章 南天王〔206〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/玉純彦=3 ...棄て、山海の高恩を忘却し、かつ忠節無比の玉純彦を途中に追返したるは、今になつて思へば、......へ臣下の身分たりとも、彼がごとき忠良なる玉純彦をして、せめては吾夫にもつことを得ば、い......ひならむかと夜ごとに思ひ浮ぶれども、かれ玉純彦は常世の国にて、一たび姿を見たるきり、今... 8
9 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第1篇 動天驚地 第7章 三拍子〔207〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 11 件/玉純彦=11 ...たる眉目清秀の美男は、南高山の従者なりし玉純彦であつた。......玉純彦は南天王に一礼し、その右側に座を占めた。......ひながら、つらつらその顔を見つめてゐた。玉純彦はただちに下座に直り、『姫君様』と慇懃に......はあわてたるごとき声色にて、『いや、汝は玉純彦に非ずや、如何にして此所に来りしや』など......みたまふまじ。われ唯今月下氷人となつて、玉純彦とともに夫婦となり、幾久しく同棲して、神......して、神業に参加せられよ』と言ひ渡した。玉純彦の顔にも、八島姫の顔にも、さつと紅葉が散......本城に立帰り、忠良にしてかつ勇猛なる侍者玉純彦と夫婦になり、わが後を継げよ。アヽされど......と夫婦になり、わが後を継げよ。アヽされど玉純彦は、常世城の会議以後汝の後を追ひ、世界各... 9
10 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第6篇 聖地の憧憬 第42章 神玉両純〔242〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 9 件/玉純彦=9 ...り呶鳴りつけたり。 この声は寝殿に眠れる玉純彦、八島姫の耳に雷の如く轟いた。二神司は夢......顕恩の 郷に隠れて世を送る  雪より白き玉純彦の 従者の神に救はれて  今は全く妻とな......た神の分際で  馬鹿にするにも程がある 玉純彦や八島姫  常世の会議の泥田圃 よくだま......泥田の奴狐に  だまされ切つた仲間ぞよ 玉純彦は何処に居る  八島の狐は未だ来ぬか こ......白い古狐』と口から出任せに歌つてゐる。 玉純彦、八島姫は耳を澄まし、一言々々胸を躍らせ......顔を顰め首を傾げて、この声に聴き入りぬ。玉純彦は門番に厳命し直に表門を開かしめ、歌へる......しき声が聞えた。さうして母の声として、『玉純彦、八島姫』と呼ばはつてゐる。 ......玉純彦は、『暫く失礼致します』と云つて、八島姫... 10
11 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第7篇 宣伝又宣伝 第43章 長恨歌〔243〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 5 件/玉純彦=5 ...『心も清き玉純彦の  神の命は世を救ふ 神澄彦と諸共に ......鳥騒ぐ波の上 穏かならぬ思ひなり  嗚呼玉純彦の宣伝使 何処を当てと定めなき  深山の......の 松も目出度き高砂の  尾の上に立ちて玉純彦の 神の命を松風や  草の片葉に至るまで......  国治立の神勅 世にも稀なる宣伝使  玉純彦と謳はれて その名を千代に万代に  留め......歌ひて八島姫は名残を惜しみける。神澄彦、玉純彦の二神司は、何処ともなく宣伝歌を声高らか... 11
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki