王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 秋山別 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 32 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第1章 麻邇の玉〔766〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...立つて舟に乗り、由良川を下りて由良の港の秋山別が館に立向ひ、梅子姫一行の八咫烏に乗りて... 1
2 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 前付 総説 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...ラジル峠の谷間を越え、シーズン川に於て、秋山別、モリスの二人の生命を救ひ、屏風山脈の最... 2
3 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第1篇 千状万態 第3章 救世神〔869〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/秋山別=2 ...開き、楓別命、国依別、紅井姫を始めとし、秋山別、科山別は駿馬に跨り、城下を隈なく駆け巡......惨状目も当られぬ計りなりけり。 楓別命は秋山別、科山別に命じ、俄に館内の男女をして炊き... 3
4 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第1篇 千状万態 第4章 不知恋〔870〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/秋山別=11 ...信任最も厚く、数多の信者の人望を集めたる秋山別は、紅井姫の色香妙なるに心を寄せ、日に日......ふを以て、唯一の神策として居たり。 一方秋山別も同じ思ひの恋慕の情火消し難く、見すぼら......然るに国依別の此館に来りしより、紅井姫が秋山別に対し、又モリスに対する態度は、どことも......尽すこそ可笑しけれ。 紅井姫は最初より、秋山別、モリスに対し、只普通の教の道の役人、又......を愛するものと思ひひがめ、三国一の花婿は秋山別を措いて、他に適当の候補者はなしと、自ら......も早く来らむ事を期待しつつあり志なり。 秋山別は此頃モリスの姫に対する態度の何となく怪......悋気の角を生やしかけゐたるが、モリスも又秋山別の姫に対する態度の目立ちて親切なるに心を......なるに心を苛ち、恋の仇敵として、油断なく秋山別の行動を監視しつつありき。而して秋山別は... 4
5 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第1篇 千状万態 第5章 秋鹿の叫〔871〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/秋山別=15 ...へ朝夕に 執念深くも附け狙ふ  厭な男の秋山別や 内事司のモリスまで  言葉巧に言ひ寄......の襖を静に荒く引あけて、ヌツと首を出した秋山別は、『ヤアお楽みの所へ、行儀も知らぬ不作......ますか。不義は御家の御禁制、サアサア、此秋山別が現場を見着けた上は、如何に御弁解をなさ......館をトツトと退去なされ。ヒルの館の総取締秋山別が、職名に依つて申付けまするぞ』『これは......姫様の御体に手をさへたぢやないか』『コレ秋山別、人様に向つて、さうズケズケと御無礼な事......したねえ。国依別さまのお仕込で、イヤもう秋山別もあなたの言霊には、ヘヽ閉口致しますワイ......の言霊には、ヘヽ閉口致しますワイ』『コレ秋山別、お前は妾を足袋の型と今言つたが、そりや......に合はぬと言つたのですよ。アハヽヽヽ』『秋山別さま、必ず御心配下さいますな。国依別もい... 5
6 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第1篇 千状万態 第6章 女弟子〔872〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/秋山別=8 ...男にかけたら弱い者だなア、アハヽヽヽ』 秋山別は言も荒らかに、『姫様の御病気、今此通り......ぢや口惜しい』と歯切をかむで狂ひまはる。秋山別は紅井姫の体をグツと抱へ、『モシモシ姫様......。どうぞお鎮まり下さいませ』『エヽお前は秋山別か、又しても又しても好かぬたらしい、震ひ......に拳骨を固め、力一杯鼻つ柱を擲りつける。秋山別は不意に鼻つ柱を打たれ、目から火を出し乍......機みに尻を下せば、モリスは夢中になつて、秋山別の睾丸を力一杯握りしめ、『コリヤ国依別、......てやらうか』と一生懸命に固く握りつめる。秋山別は真青になつて『ウーン』と云つたきり、ふ......リスの手を指一本一本力を入れて放させた。秋山別は漸くに気が付き、呆け面してポカンと口を......手に渡せば、姫は手早く其箒を取り、第一に秋山別に向ひ、『エヽ煩雑い男奴』と云ひ乍ら狂人... 6
7 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第2篇 紅裙隊 第7章 妻の選挙〔873〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/秋山別=11 ...て見い』『コリヤ俺を何と心得てゐる。俺は秋山別と云つて天孫人種だぞ。貴様は土人ぢやない......挙にしたらどうだ』『そンなら俺は紅井姫を秋山別の妻に選挙する』『俺は紅井姫をモリスの奥......、とうとう次点者になりましたねい。どうで秋山別だから、先方がアキが来ました、イヤマア、......がアキが来ました、イヤマア、別れて下さい秋山別さま……なンとか云つて、秋波を送つて紅井......て、秋波を送つて紅井姫だ。アハヽヽヽ』 秋山別は腹を立て『ナアニ』と言ひ乍ら、モリスの......、血だらけの顔を俯むけ乍ら、『ハイ、私は秋山別と申す者で御座いますが、一方の男はモリス......は御勘弁を願ひます』『大天狗様、どうか、秋山別を能く御戒め下さいまして、紅井姫を思ひ切......ませぬ。此世に生てる甲斐が御座いませぬ。秋山別にはエリナを女房にしてやつて下さいますれ... 7
8 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第2篇 紅裙隊 第8章 人獣〔874〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 8 件/秋山別=8 ...手を土につき乍ら  ヒルの館に仕へたる 秋山別と申す者  私はモリスと申します 女房の......を破つて了うのだ。其後は此方の者だ。何と秋山別は妙案を出すだらう』『妙案々々キツとウラ......は出さぬやうにして下さい』と慄うてゐる。秋山別は小声になつて、『オイ、モリス、何だか妙......株を力一杯、ガサガサガサと揺つて見せた。秋山別は肝をつぶしドスンと腰を下し、『ギヤハヽ......気をつけて、震ひ声を出し、『オイ、アヽヽ秋山別、ナヽヽ何がそれ程怖いのだ。天下無双のヒ......利己主義が発達した世の中だとて、チツとは秋山別にも同情して呉れたら如何だ』『俺だつてシ......となり、ガサガサと元来し道へ這ひ出した。秋山別も余りの怖さに、腰の痛いのを打ち忘れ、無......鱈に這ひ出し逃げ出す。『アハヽヽヽ、オイ秋山別、モリスの両人さま、アラシカ峠の大天狗又... 8
9 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第2篇 紅裙隊 第9章 誤神託〔875〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 12 件/秋山別=12 ... 秋山別、モリスの両人は、日暮シ河の南岸の萱野原......勅を受て、紅井姫の行方を伺ふ事となしぬ。秋山別は、神主となり、モリスは審神者となつて、......云ふ俺の一厘の秘密だ』『お前神主になれ、秋山別が審神者をしてやらう。お前の審神者では根......スンと床をふるはせ乍ら飛びあがり出した。秋山別は、随分烈しい神懸りだナアと小声に言ひ乍......か? 何卒御名を告げさせ玉へ。及ばず乍ら秋山別、審神者を仕りまする』『アハー アハー ......られもない事を仰有ります。余りのこつて、秋山別も呆れてものが言はれませぬワイ、アフンと......、もう駄目だ。サツパリ化けが現はれたぞ。秋山別の審神者を瞞さうと思つても、此方の天眼通......ヽヽぞぞ髪が立つと云うて逃げ出すぞよ』 秋山別も又負ぬ気になり、『ダヽヽ黙れ、矢釜しい... 9
10 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第14章 樹下の宿〔880〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...だか俺は今夜に限つて寝られないと思へば、秋山別、モリスの両人、あンな悪い事を企ンでゐや... 10
11 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第15章 丸木橋〔881〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/秋山別=4 ...はこわし渡らねば  心の底から惚切つた 秋山別に会はれない  秋山さまも情ない 惚た弱......丸木橋だつて、落さうな事はありませぬワ。秋山別さま、モリスさまの一心でも、落さぬやうに......姫、エリナの両人ここを通りました。万一、秋山別さま、モリスさま、妾よりお後で御座いまし......喉をうるほして行かうかい』『さうだなア、秋山別、随分甘さうだ。マアゆつくり一服して往く... 11
12 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第16章 天狂坊〔882〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 5 件/秋山別=5 ...でも抓まれたのではなからうかな』『ナアニ秋山別、そンな気遣ひがあるものかい。キツと此処......森蔭に立寄り、『誰かと思へばお前さまは、秋山別さまであつたか。あゝどれ丈捜した事だか分......寝ても醒めても心配致して居りました。私は秋山別さま、あなたの御嫌ひ遊ばす可憐の女紅井姫......なや』と芝居気取りになつて、やつてゐる。秋山別も負ず劣らず、『これはしたり御姫様、チト......出せば、安彦、宗彦も同じく、笑ひ出す。 秋山別は、『ヘン野天狗さま、是でも日暮シ山の岩... 12
13 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第17章 新しき女〔883〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/秋山別=10 ...谷底迄 情欲の鬼に魅せられて  モリス、秋山別の両人は 百津常磐木の山桃の  大木の株......と云ふ 情ない事がありませうか  男心と秋山別の 空恐ろしい早変り  やいのやいのと取......、四人の男女は、漸くにして辿り着きぬ。『秋山別さま、あなたは妾を何処迄つれて往つて下さ......好かンたらしい腰抜男だなア』と云ひ乍ら、秋山別の頭を、白い細い手にてピシヤピシヤと打叩......、白い細い手にてピシヤピシヤと打叩けば、秋山別は、『イヤ何とお前にそれ丈の考へがあると......まだから、何一つ知りはしよまい、是から此秋山別が、いろいろと世間学を仕込ンで、立派な賢......大神業に奉仕すると云ふ大抱負を持つて居る秋山別だから、姫さま、必ず必ず取越苦労はして下......必ず取越苦労はして下さるな。何も彼も、此秋山別が方寸に止めてあるから……』 紅井姫はツ... 13
14 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第18章 シーズンの流〔884〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/秋山別=10 ...黙祷せる姿を嘲笑的に流し目に見やりつつ、秋山別に向ひ、『オイ秋山君、君は紅井君を如何し......精神に立直してやらうぢやないか』『オイ、秋山別、お前もヤツパリ感染して居るようだぞ。エ......惚として、エリナ姫を眺め居る。 モリスは秋山別に向ひ、一寸腰を屈め、いと叮嚀な言葉で、......で御座いませう』『エヽ一寸待つて下さい。秋山別も茲まで斯うして参りましたのも、あなた方......厶います。サア、エリナさま是からあなたは秋山別の宿の妻、余り悪うも厶いますまいなア』『......かし、二人の男が恋を争ひ、終局の果には、秋山別に甘く丸めこまれ、エヽそンなら一人の女に......殿、其方は吾々の眼鏡にかなつた女だから、秋山別が抜擢して、吾宿の妻にして遣はす。一旦女......直し聞直し宣り直す位の雅量を持つて居る此秋山別、実にエリナ姫殿も仕合せで御座らうなア』... 14
15 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第19章 怪原野〔885〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/秋山別=4 ...ざめて映り居る  二人は顔を見合して 『秋山別よこらどうぢや  川に陥り水を呑み 苦し......合点が行かぬ』と首かたげ  吐息もらせば秋山別は 『こりや可怪しいぞ可怪しいぞ  吾等......に宣り直し 聞直しませ黄泉津神  モリス秋山別二人 慎み敬ひ願ぎ奉る  旭日はてる共曇......しに逃げて行く  冥途の旅ぞ寂しけれ。 秋山別、モリスの両人は何時の間にかあたりの光景... 15
16 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第20章 脱皮婆〔886〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/秋山別=6 ...義理か役かの様に包むでゐるのみである。 秋山別は心の中に思ふ様……どうせ、こンな訳の分......左衛門となつたのだ。お前はアノ自称色男の秋山別、モリスの両人に違いあるまいがな』『貴様......も堪りかね、忽ちザンブと激流に飛込み、『秋山別早く来れ』と云ひ乍ら、抜手を切つて、流れ......き、着物を脱ぎ棄て、力一杯圧搾し始めた。秋山別も辛うじて泳ぎ着き、之れ亦衣類を絞り、二......ーと垂らし乍ら、切りに草鞋を作つてゐる。秋山別は外から、『モシモシお爺イさまかお婆アさ......ならぬ天地自然の法則だからなア』『エー、秋山別は別に女に対し、恋慕は致しましたが、まだ... 16
17 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第3篇 千里万行 第21章 白毫の光〔887〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/秋山別=6 ...、ツカツカと二人の前に立塞がり、『其方は秋山別、モリスの両人であらう。サア冥府よりの迎......れ』と巨眼をひらき睨めつけ呶鳴り立てる。秋山別は焼糞になり、『オウ、俺も男だ。火の車が......のが得だよ。……モシモシ青さま、赤さま、秋山別の只今の御無礼は何卒許してやつて下さいま......を撫で、背を撫で、水を与へ、『ヤアお前は秋山別か、お前はモリスか、まだここへ来るのは早......人は国依別命、安彦、宗彦の一行である。 秋山別は驚いて、『ヤアこれはこれは国依別の宣伝......津祝詞を奏上し、神恩を感謝する。 是より秋山別、モリスの二人は心の底より悔ゐ改め、且つ... 17
18 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第4篇 言霊将軍 第22章 神の試〔888〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/秋山別=6 ...頂に達したる上、作戦計画を定むる事とし、秋山別、モリスを南より登らしめ、自分は北の谷か......歩にて、四五日を要する丈の距離がある。 秋山別、モリスの両人は南の谷より、宣伝歌を唄ひ......七十米の猛烈なる風力は容易に止まず、終に秋山別は風に吹き飛ばされて、暗夜の空を何処とも......て風は歇み、夜明けとなりて四辺を見れば、秋山別の姿無し。……大方夜前の烈風に吹き散らさ......ば是から宣伝歌を高らかに唄ひ進み行かば、秋山別が吾声を聞きつけて来るだらう……などと心......ろへて、重き病の身となりました。そこへ、秋山別の嫌な男、朝な夕な、妾に寄り添ひ、いろい... 18
19 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第4篇 言霊将軍 第23章 化老爺〔889〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/秋山別=16 ... 秋山別は烈風に吹き散らされ、力と頼みしモリスに......曇りて、大粒の雨バラバラと降り出でぬ。 秋山別は止むを得ず、老木の蔭に立寄り雨を避けむ......し、鼻高く、口大きく、銅の如き面相にて、秋山別を睨めつけにける。......秋山別は轟く胸を押へ、臍下丹田に神を納め、怪物......毛だらけの巨腕をヌツと前につき出し、今や秋山別を、一掴みにひン握り、投げ捨てむとするの......り、投げ捨てむとするの勢を示しけるにぞ、秋山別は心の中にて……国治立大神、豊国姫大神、......如き巨声にて笑ひ出しぬ。『アツハヽヽヽ、秋山別の宣伝使、能つく聞け! 吾こそはアマゾン......べし。返答は如何に』と呶鳴り立てけるを、秋山別は不退転の信念を固め、『エヽヽー面倒な、... 19
20 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第4篇 言霊将軍 第24章 魔違〔890〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 20 件/秋山別=20 ... 秋山別は此樹下に一夜を明かす折しも、遥の方より......も、遥の方より宣伝歌の声が聞え来るにぞ、秋山別は雀躍し、後ふり返り能く見れば、モリスは......、之を打ふり打ふり此方に向つて進み来る。秋山別は地獄で神に会ひし心地にて、雀躍しつつ待......の声色を使ひながら来れるなりけり。されど秋山別はモリスとのみ深く信じて少しも疑はず、飛......た様に、何百とも知れぬ紅井姫が現はれて、秋山別の前後左右に取りつき、『コレコレまうし......秋山別さまお前は情ない人だよ。能うマア私を見捨......、そこら中をひねりまはす。又同じ姿の女、秋山別の足にしがみつき、『お前は本当に罪な人、......にして了つたぢやないか。エヽ恋の敵ぢや、秋山別さま!』と云ひ乍ら、拳を一口クワツとかぶ... 20
21 霊界物語 第31巻 海洋万里 午の巻 第4篇 言霊将軍 第25章 会合〔891〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/秋山別=3 ...高所と聞えたる帽子ケ岳の頂上に登りつき、秋山別、モリス両人の此処に来り会するを待ちつつ......からうぞ』『ハイ、畏まりました。併乍ら、秋山別、モリスの両人は大変に遅いぢやありませぬ......たものだよ』と話して居る折しも、モリスは秋山別の手を引いて漸く此処に登り来り、国依別の... 21
22 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第2篇 北の森林 第12章 鰐の橋〔903〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/秋山別=3 ...片方に来て見れば  恋の虜となりはてし 秋山別やモリスの司  二人の男が激流に 浮きつ......と息をば休めつつ  岩の真下を眺むれば 秋山別やモリスの司  二人の身体は渦巻に 巻か......ませよ』と歌ひつつ、安彦を先頭に、宗彦、秋山別、モリスの四人は、神の引合せか、期せずし... 22
23 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第2篇 北の森林 第14章 山上の祝〔905〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...空も安彦や 胸凪ぎ渡る宗彦が  清き心の秋山別の 神の司と諸共に  教を固くまモリスの... 23
24 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第3篇 瑞雲靉靆 第17章 悔悟の歌〔908〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ... 天津祝詞を奏上し  厳の言霊宣る折に 秋山別を始めとし  モリス、安彦、宗彦が 三五... 24
25 霊界物語 第32巻 海洋万里 未の巻 第3篇 瑞雲靉靆 第21章 奉答歌〔912〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...再び奥殿深く進み入り給ふ。 安彦、宗彦、秋山別、モリス、正純彦、常彦、春彦、ヨブ、テー... 25
26 霊界物語 第33巻 海洋万里 申の巻 第3篇 時節到来 第18章 神風清〔933〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 0 件/秋山別=0   26
27 霊界物語 第35巻 海洋万里 戌の巻 第3篇 火の国都 第24章 歓喜の涙〔988〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 0 件/秋山別=0   27
28 霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 第4篇 新政復興 第17章 琴玉〔1762〕 出口王仁三郎 1927刊 DB
RMN
全 9 件/秋山別=9 ...行衛不明となつて了つた。楓別夫婦を始め、秋山別、モリスの両老は額に青筋をたて、部下の役......日に夜に痩衰ふる許りであつた。 モリス、秋山別の老臣は城内の評議所に首を鳩めて、心配気......なる魂でなし』と楽書をして状袋に入れ、「秋山別、モリス両老殿」と表面に記し、手を拍つて......か』清香『春、お前御苦労だが、之を持つて秋山別、モリスの所へ届けて下さい。そして返事を...... 昔心の取れやらぬ  父と母との心意気 秋山別の老臣や  頑迷固陋のモリス等が 清家と......に並べおく  醜の企の恐ろしさ 察する所秋山別や  モリスの企みし業ならめ 斯くなる上......と一生懸命に歌つてゐる。其処へ襖の外から秋山別、モリスの両人一度に『姫様々々』と呼ばは......て琴の手をやめ、そ知らぬ顔にて、『其声は秋山別、モリス殿ではないか、何用か知らないが、... 28
29 霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 第4篇 新政復興 第18章 老狽〔1763〕 出口王仁三郎 1927刊 DB
RMN
全 5 件/秋山別=5 ... 春子の姫が赤心を  捧げて祈り奉る』 秋山別、モリスは吾家に帰つて居たが、何だか胸騒......姫の居間よりは流暢な琴の音が聞えて来た。秋山別、モリス両人は琴の音を聞いて一先づ安心し......目でせう、先づ五号を御採用になるでせう。秋山別殿、御芽出度う厶る。貴殿の御子息では厶ら......る声がワウ ワウ ワウと頻りに響き来る。秋山別、モリスは此声に耳を澄ませ、秋山『何時に......両人がソツと捜さうでは厶らぬか』モリス『秋山別殿、如何にも左様、吾々の大責任で厶れば、... 29
30 霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 第4篇 新政復興 第19章 老水〔1764〕 出口王仁三郎 1927刊 DB
RMN
全 7 件/秋山別=7 ... 秋山別、モリスの両老は、先に高砂城の世子国愛別......タイルで、息もせきせき追つかけて行く。 秋山別は足拍子を取り乍ら歌ふ。『ハアハアウント......タツタ アイタツタ』 モリスは倒れてゐる秋山別を抱き起し、介抱しておつては姫の行方を見......緒切つて八十年 これだけ辛い事あろか  秋山別の腰抜は 芝生に倒れてウンウンと  脛腰......て、頭をソツと擡げ、老眼を開いて、『あゝ秋山別か、能う助けてくれた。何分年がよつて、足......、一生懸命に姫の後を尋ねて走り出した。 秋山別は足をチガチガさせ乍ら漸くにしてモリスの......間道よりソツと吾家へ帰る事に致しませう。秋山別殿、拙者と変り、貴殿は感慨無量で厶らうの... 30
31 霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 第4篇 新政復興 第20章 声援〔1765〕 出口王仁三郎 1927刊 DB
RMN
全 2 件/秋山別=2 ...。 ヒルの空打仰ぎつつ思ふかな  モリス秋山別の身の上。 あの雲は灰色だ  さうしてヒ......てヒルの空から 走つて来る  痛ましや 秋山別モリスの神柱の  青息吐息の 余煙だらう... 31
32 霊界物語 第69巻 山河草木 申の巻 第4篇 新政復興 第22章 有終〔1767〕 出口王仁三郎 1927刊 DB
RMN
全 1 件/秋山別=1 ...耕作に従事してゐる事が、其筋の耳に入り、秋山別、モリスは職に居る訳にも行かず一切の地位... 32
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)by オニド /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。凡例はこちら。/データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
(C) 2016-2018 Iizuka Hiroaki