王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 沢山 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 1010 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 前付 発端 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...といへば、霊魂のみのことと思つてゐる人が沢山にあるらしい。身は身体、または物質界を指... 1
2 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第1篇 幽界の探険 第6章 八衢の光景〔6〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...や、斧、鉄棒に、長い火箸などを携へた奴が沢山に出てくる。自分は芙蓉仙人の案内で、ズツ... 2
3 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第1篇 幽界の探険 第7章 幽庁の審判〔7〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...かと思へば、支那人、朝鮮人、西洋人なぞも沢山にゐるのを見た。自分はある川柳に、『唐人... 3
4 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第1篇 幽界の探険 第8章 女神の出現〔8〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...の神業に参加奉仕せむことを希望する人々も沢山あつた。その中には実業家もあれば、教育家......もあれば、教育家もあり、医者や、学者も、沢山に混つてをつた。 以上は、水獄の中にて第... 4
5 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第1篇 幽界の探険 第11章 大幣の霊験〔11〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...「キヤツキヤツ」と叫ぶ声にふりかへると、沢山の婦女子が口から血を吐いたり、槍で腹部を... 5
6 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第2篇 幽界より神界へ 第15章 神界旅行の二〔15〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...常の注意を払つて進んで行つた。横にもまた沢山の溝があり、非常に堅固な石橋が架つてゐた... 6
7 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第2篇 幽界より神界へ 第16章 神界旅行の三〔16〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...つてみると、盲目の親爺に狸が憑依し、また沢山の怨霊が彼をとりまいて、眼を痛めたり、空......吊つたり、親子兄弟が離散したりした者さへ沢山にある。その霊がことごとく怨念のために畜... 7
8 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第3篇 天地の剖判 第23章 黄金の大橋〔23〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...橋の下の深い流れを泳いで彼岸に着く悪神も沢山ある。それは千人に一人くらゐの比例であつ......も知れぬほど翺翔し、またある時は、斑鳩が沢山に群をなして飛んでをる。さうして湖上には......に群をなして飛んでをる。さうして湖上には沢山の鴛鴦が、悠々として游泳し、また大小無数... 8
9 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第4篇 竜宮占領戦 第28章 崑崙山の戦闘〔28〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...ろの草花が爛漫と咲き乱れ、珍らしい果実が沢山に実つてゐた。大八洲彦命の一隊は、非常に... 9
10 霊界物語 第2巻 霊主体従 丑の巻 前付 総説 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...人々の礼装に酷似せる神服を纒はるる神司も沢山に現はれ、神使の最下たる八百万の金神天狗......は、やや山形になりかけてをるのも、今まで沢山に見たことがある。いつも大病人を見舞ふた......中には円相がやや山形に変化しつつある人も沢山実見した。自分はさういふ人にむかつて、色... 10
11 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...る。女子の帰神の筆を審神者する立派な方が沢山できて、神様も御満足でありませう。 また... 11
12 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第6篇 青雲山 第19章 楠の根元〔119〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...守姫は頭上の松の梢を指さし、『この松には沢山の鮭の魚生りをれり』といふ。玉守彦はいか... 12
13 霊界物語 第3巻 霊主体従 寅の巻 第9篇 隠神の活動 第39章 乗合舟〔139〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...ひ、ロツキー山に向はむとしたり。船中には沢山の神人乗りゐたり。八島姫もいつの間にか、... 13
14 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第3篇 正邪混交 第21章 敵本主義〔171〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...も神定の天職を全うされた神司らは、あまり沢山には、この席に列なる方々には、失敬ながら... 14
15 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第4篇 天地転動 第28章 武器制限〔178〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...。世には狐神を稲荷の大神と称へて居るもの沢山あれども、稲荷は飯成の意義にして、人間の... 15
16 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第6篇 宇宙大道 第36章 天地開明〔186〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...ならず相当に堅き鱗をもちて身体を保護し、沢山の代用足を腹部に備へゐるなり。腹部の鱗と... 16
17 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第6篇 宇宙大道 第38章 隙行く駒〔188〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...みてこれを食するにいたりける。 この梅を沢山食するとともに、腹部は日に月に膨張し、十... 17
18 霊界物語 第4巻 霊主体従 卯の巻 第9篇 宇宙真相 第50章 神示の宇宙 その五〔200〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...は万物一切の中に包含されてあり、空中にも沢山に充実して居る。又体素といふものがあつて... 18
19 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...いと言つて、筆先を半信半疑の眼で見る人が沢山あるくらゐですから、万一邪神の産物たる某... 19
20 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 前付 総説 嵐の跡 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...といはるる人々にも、これに酷似した事実は沢山にあらうと思ふ。現に吾人は、家の周囲に植......水晶の魂に建替るといふことを知らぬものが沢山にある。各自の霊魂中に天国を建て、天国の... 20
21 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第2篇 中軸移動 第12章 不食不飲〔212〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...る、聞かざる、言はざるの庚申さまの眷属が沢山に現はれた。四五の自棄糞になつた神人は腹......の括約筋がバラバラになつて、果物の赤子が沢山生れた。アイタヽアイタヽと腹を抱へて顰み... 21
22 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第3篇 予言と警告 第22章 神示の方舟〔222〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...御用は出来ないとかいつて、利巧ぶるものが沢山にある。いかに才能ありとて、学力ありとて... 22
23 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第4篇 救世の神示 第23章 神の御綱〔223〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...、ふたたび地上に落下し、神徳に外れる者も沢山に現はれた。その中にも頭を低くし、下を憐... 23
24 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第7篇 宣伝又宣伝 第44章 夜光の頭〔244〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...如き無限の欲望は少彦名神なり』と枕言葉を沢山に並べて名乗り、而してそろそろ大神の御徳... 24
25 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第7篇 宣伝又宣伝 第45章 魂脱問答〔245〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...ル彦の手下の奴らがその珠を奪らうとして、沢山の舟を拵へよつて、闇がり紛れに攻め付けよ......マスミつたら、魔の住んで居る珠だ。それを沢山の魔神が寄つて来て奪らうとするのだもの、... 25
26 霊界物語 第5巻 霊主体従 辰の巻 第7篇 宣伝又宣伝 第50章 磐樟船〔250〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 5 件/沢山=5 ...行きよるのだと云う事だよ。蟻の行列の様に沢山に並んで、有難いも糞もあつたものぢやない......も糞もあつたものぢやない。それよりも船を沢山に持つてをる神人こそ、......沢山な船賃を取りよつて、それをホントに有難が......い。それでな、蓑彦さまは身の得を考へて、沢山に立派な船を造つて、蟻のやうな凡夫を......沢山に乗せて駄賃を吸ひあげる積りだよ。吾々は... 26
27 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第1篇 山陰の雪 第2章 瀑布の涙〔252〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...果の果実や香具の果物および山の芋などは、沢山に貯へて居りますから、どうぞ吾々の願を叶... 27
28 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第1篇 山陰の雪 第5章 抔盤狼藉〔255〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...俄に館の大広間は陽気立ち騰り、酒や果物は沢山に運ばれ、木葉奴の端に至るまでずらりと席......つりとこづかれ、禿頭の爺は面部と頭部とに沢山の出店を出し、次第々々に舌は縺れ、泣く奴... 28
29 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第3篇 大峠 第15章 大洪水(一)〔265〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...身を托し、高山目蒐けて避難せむとする者も沢山ありたれど上方に屋根なき舟は、降りくる雨... 29
30 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第6篇 百舌鳥の囁 第31章 襤褸の錦〔281〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...、横目立鼻の神様の愛児と生れて、一方には沢山な山や田地を持ち、家、倉を建て、妾、足懸......や田地を持ち、家、倉を建て、妾、足懸けを沢山に囲うて綾錦に包まれ、毎日々々酒に喰ひ酔... 30
31 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第6篇 百舌鳥の囁 第32章 瓔珞の河越〔282〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/沢山=4 ...ましい、尻が呆れるワ。今頃はウラル彦は、沢山な白首を左右に侍らして「呑めよ騒げよ一寸......了ふなんて、本当に乱暴極まるぢやないか。沢山物を持つてゐる奴は、呑ンだり騒いだりしと......、何も彼もあつたものぢやない。そんな教は沢山な財産のある奴の守ることだ。貧乏人や乞食......奴は瓢箪を粟島さまのやうに、腰のあたりに沢山ぶら下げよつて、一つ謡うては呑み、一つ謡... 31
32 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第6篇 百舌鳥の囁 第33章 五大教〔283〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...甲『吾々はどうしても、合点の行かぬことが沢山あります。それで貴神に御尋ねをしたいと思... 32
33 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第7篇 黄金の玉 第39章 石仏の入水〔289〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...傍にツカツカと寄り来たり、『お蔭で泥水を沢山頂きました。なんとも御礼の申様がありませ... 33
34 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第8篇 五伴緒神 第47章 二王と観音〔297〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...の中には罵詈雑言を逞しうする弥次馬さえ、沢山現はれ来たりぬ。 女宣伝使は、細き、白き......乗物に乗り来るものあり。乗物の前後には、沢山の伴人が警護して人払ひしながら、おひおひ... 34
35 霊界物語 第6巻 霊主体従 巳の巻 第8篇 五伴緒神 第50章 大戸惑〔300〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...、『拙者も、ちよぼちよぼ』と言ひながら、沢山の飲食をケロリと平げてしまつた。出雲姫は... 35
36 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 前付 総説 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...句があるやうに浅い信者は採るやうなことが沢山ある。また教祖が明治二十五年より、大正五... 36
37 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第2篇 白雪郷 第9章 弱腰男〔309〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...大丈夫ですか。それはそれはオトロしい奴が沢山をりますぜ』と指をつき出しながら、『この... 37
38 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第2篇 白雪郷 第12章 熟々尽〔312〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...四辺を見まはして、『おゝ彼処にも此処にも沢山徳利を置いとるわい。ロハの酒なら呑ンでや......そンな時期ではない。こンな郷位は妾一人で沢山だから、今日限りこの郷を御出立遊ばすのだ... 38
39 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第3篇 太平洋 第13章 美代の浜〔313〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...『何が堅うなつたのだい。しようもない酒を沢山飲ましよつて堅くなつた処か、骨も魂もグニ... 39
40 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第3篇 太平洋 第14章 怒濤澎湃〔314〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...行く。この船には三人の宣伝使を始め国々の沢山の人々が四方山の話に耽り、波路の憂さを払... 40
41 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第21章 飲めぬ酒〔321〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...き出して見てゐたるが、『おい甘さうな酒は沢山あるが、舌が届かぬワイ。もう一分といふ所... 41
42 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第4篇 鬼門より竜宮へ 第22章 竜宮の宝〔322〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...エイ滅相もない。この海の底には結構な宝も沢山ありますが、恐いものも......沢山ゐます。太い太い竜神さまが、金や銀の鱗を... 42
43 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第5篇 亜弗利加 第27章 蓄音器〔327〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 5 件/沢山=5 ...許らえて下さいませ』『タヽヽヽヽ』『もう沢山です、どうぞ御免を蒙ります、骨身にこたへ......す、骨身にこたへますワ』 穴の中より、『沢山でない、まだまだあるぞ、七十五声の有らむ......な小島別』『何れの神様か存じませぬがもう沢山でございます、これで御赦しを願ひます』 ......小難かしい面をさらした小島別』『もうもう沢山でございます、解りました、貴神はウヽヽヽ......こぺこ何の態』『モシモシ、岩の神様、もう沢山でございます。昔の棚卸までなさいまして、... 43
44 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第6篇 肥の国へ 第30章 天狗の親玉〔330〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...『オイ、そこにゐる数多の人々、このやうに沢山の石を運ンで、一体何をするのか』 二三人... 44
45 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第6篇 肥の国へ 第31章 虎転別〔331〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...向ひ、『もしもし虎転さま、お酒はこの通り沢山に置いてあります。八島別さまは神通力を以......越し遊ばすことを前以て御承知なので、酒を沢山に珍客に十分飲ましてあげといふ事でした。......それが気に喰はぬ そこで俺奴が国人を  沢山集めて谷々の 岩を運ばせ城築き  八島の... 45
46 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第7篇 日出神 第38章 雲天焼〔338〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...生活をして居る惨目な国であります。駱駝は沢山に居りますが、彼奴馬鹿な奴で大きな図体を... 46
47 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第7篇 日出神 第39章 駱駝隊〔339〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...の国の都には行けませぬ。幸ひ向ふの森林に沢山の駱駝が居ります。彼奴の背中に跨つて沙漠......十頭の駱駝を引張り来たり。日出神『ヤア、沢山のものだなあ』熊公『何れなつと、御気に入... 47
48 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第8篇 一身四面 第43章 神の国〔343〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...て、自分の頭のやうな瓢箪を腰にブラブラと沢山にさげて、ウラル彦の宣伝歌を歌つて「飲め... 48
49 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第8篇 一身四面 第45章 酒魂〔345〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...し、早くも逃腰になりゐる。日出神『あなた沢山な瓢箪を持つて居ますね』高照彦『瓢箪だと......よく判つてゐる。これまで三五教の宣伝使に沢山逢うたが、それはそれは堅い堅い、石部金吉... 49
50 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第8篇 一身四面 第46章 白日別〔346〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...抜いて残らず大地に棄てて仕舞つた。そして沢山の瓢箪の口より、一々日の出神は力限りに息... 50
51 霊界物語 第7巻 霊主体従 午の巻 第9篇 小波丸 第48章 悲喜交々〔348〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...も此方からも夫にならう、女房に呉れいと、沢山の矢入れがあつた。その中には立派な男も......沢山あつたのに、まあ世界は広い周章てるには及... 51
52 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...人々の耳には入り難く、また受取れない点も沢山あらうと思ひます。また各国の神話や、歴史... 52
53 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第1篇 智利の都 第1章 朝日丸〔351〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...がある。彼の日の光に照して見よ。海の底に沢山貴様の友達が泳いで居るわい、木乃伊が鱪に... 53
54 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第1篇 智利の都 第3章 身魂相応〔353〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...といふことはナ、今日の世の中は米喰ふ虫が沢山殖えてきて、おまけに遊ぶ奴ばかりで、米が... 54
55 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第3篇 秘露より巴留へ 第13章 修羅場〔363〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...醜国別の家来の、そのまた家来のその家来、沢山の家来を連れて居るのは俺ではなうて大国彦... 55
56 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第3篇 秘露より巴留へ 第16章 霊縛〔366〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...頭を見やつしやれ、棕梠のやうな立派な毛が沢山と、エヘン、アハン』『貴様のは髪ぢや無い......る積りぢや』『お前は天下の宣伝使、これ丈沢山の御守護神が隙間もなしに聞いて居るのが分......、それそれあそこにも守護神、四つ足身魂も沢山に面白がつて聞いて居る。夫れが見えぬか見... 56
57 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第4篇 巴留の国 第19章 刹那心〔369〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...に、道の両方に雲霞の如き、数限りも知れぬ沢山の敵が、俺等を待ち伏せて居た。その時この... 57
58 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第4篇 巴留の国 第20章 張子の虎〔370〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...が、この間ウラル彦の宣伝使が来た時には、沢山の瓢箪を腰につけて自分一人酒をグツと飲ん... 58
59 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第4篇 巴留の国 第21章 滝の村〔371〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...群衆の七八分は一度に三五教の信者となり、沢山の駱駝を宣伝使に贈つて、巴留の都行きを助... 59
60 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第4篇 巴留の国 第25章 火の車〔375〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...御迎へに来たのだ。門口には赤鬼や、青鬼が沢山に来て待つて居る。俺は貴様の顔を知つて居... 60
61 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第4篇 巴留の国 第26章 讃嘆〔376〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...ぬと、皆の者が言合して、色々の珍しい物を沢山持つて、駱駝に積んでな、蚊々虎に進上した......に申上げます。この地方は、鷹取別の軍勢が沢山に入り込み、強盗をする、婦女子を嬲り者に... 61
62 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第5篇 宇都の国 第30章 珍山峠〔380〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...彦だ。アハヽヽヽ』『オイ蝉の親方、乾児が沢山ゐると思つて威張つてるな』『蝉の親方つて... 62
63 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第5篇 宇都の国 第32章 朝の紅顔〔382〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...、自然に皺だらけだ。オイ勘定をして見よ、沢山な皺だぞ。四八三十二も寄つてるわ』『よく... 63
64 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第5篇 宇都の国 第35章 一二三世〔385〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...無うて泣く親は無いが、子のために泣く親は沢山あるとか云つてな、ソンナ優しい心があるの......でも無い事で気のつかない事が、世の中には沢山ありますなあ。三人寄れば文殊の智慧とやら... 64
65 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第5篇 宇都の国 第36章 大蛇の背〔386〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...へかかると、大きな奴が彼方にも此方にも、沢山に前後左右に往来して居ます。大蛇の王にで... 65
66 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第5篇 宇都の国 第37章 珍山彦〔387〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...う。そこに田螺をぶちあけた様に小さき家が沢山に並んで居ませうがな。彼の辺が珍の都です... 66
67 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第6篇 黄泉比良坂 第40章 言霊解二〔390〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...ら、米を貯へて置いて儲けてやらうとか、又沢山品物を仕入れて置いて一儲けしようとか、如......て百穀実らず、不作であつたら今の間に米を沢山買込んでおいて一儲けしようとか、実に不都... 67
68 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第6篇 黄泉比良坂 第41章 言霊解三〔391〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...臣で、火の雷とは悪い事を考へて居るものが沢山に潜んで居る事であります。これを火の雷と......有りもせぬ事を、犬糞的に喧伝する悪人輩の沢山潜伏して居る事であります。現在の大本の内... 68
69 霊界物語 第8巻 霊主体従 未の巻 第6篇 黄泉比良坂 第43章 言霊解五〔393〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...ので在ります。今日の思想界にも此の大石が沢山に欲しいものであります。『故其の所謂黄泉... 69
70 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第1篇 長途の旅 第1章 都落〔394〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...には高照姫、言霊姫、竜世姫、真澄姫、其他沢山の、それはそれは美しい雨後の海棠のやうな... 70
71 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第1篇 長途の旅 第4章 大足彦〔397〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...まはりゐる。甲『オーイ、貴様らのお友達が沢山においでだぞ、あはうどりが』 この時前方... 71
72 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第1篇 長途の旅 第5章 海上の神姿〔398〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...馬鹿な事を吐かすな。箱入娘なら俺の所には沢山あるワ。娘ばかりか箱入息子も箱入爺さまで... 72
73 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第1篇 長途の旅 第7章 地獄の沙汰〔400〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...此船に乗る時に慥に聴いたのだよ。悪い奴が沢山居るのだから、余程心得ぬと険難だぞ』と話......モヽヽ、カヽヽ、辱ない。ミヽヽ耳を揃へた沢山なお金、ヒヽヽ拾つたやうなものだな、ヒツ......で、こんな船の上でお目にかかつて、こんな沢山のお金を頂いて、こんな結構な事は今後も幾... 73
74 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第3篇 天涯万里 第14章 闇の谷底〔407〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...のだ』駒山彦『何でもこれは向ふに悪い奴が沢山居て、吾々を待ち討ちしようとして居るのに... 74
75 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第3篇 天涯万里 第16章 蛸釣られ〔409〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...何だ。そこらに人はないと申すが、これだけ沢山の神々が眼につかぬか。それほど外の聞えが... 75
76 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第4篇 千山万水 第20章 心の鏡〔413〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...随分大酒も飲み喧嘩もし、人を泣かした事も沢山あつたが、あの鏡の池の中から妙な神さまの... 76
77 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第4篇 千山万水 第21章 志芸山祇〔414〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...いて今此処にまします三人の娘の下人を佯り沢山の金を騙り取つて逃げ去りました。この広い... 77
78 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第4篇 千山万水 第23章 高照山〔416〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...貰ひに行くのだ。一ぺん貴様も行つて見よ、沢山の人が詣つて居るよ。一寸取り違ひ野郎が行......音楽を奏でてゐる。東側の大巌窟の前には、沢山の参詣人が合掌して何事か口々に祈願してゐ... 78
79 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第4篇 千山万水 第25章 窟の宿替〔418〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...だなア。モシモシ、巌窟の中の神様、今日は沢山の村人を連れて参りました。どうぞ村の者に... 79
80 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第35章 秋の月〔428〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...息下さいませ。貴方にお目にかけたきものが沢山ござれば』と聞く間もあらず照彦はヒラリと... 80
81 霊界物語 第9巻 霊主体従 申の巻 第5篇 百花爛漫 第36章 偽神懸〔429〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...まだこの上に勝手な熱を吹きよるなら、俺も沢山言分があるぞ。キヽヽキリキリチヤツトこの... 81
82 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第7章 思はぬ光栄〔437〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...しに来やがつたのだらう。豪い勢だ。今度は沢山の手下を伴れて居るらしい。一つ貴様と俺と... 82
83 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第15章 言霊別〔445〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...いから、この物語には煩を避けて省いた所が沢山ある。また第一巻、第二巻に現はれた天の浮... 83
84 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第1篇 千軍万馬 第18章 常世馬場〔448〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...手な蟹彦奴が、豪さうに竹島彦と名乗つて、沢山の軍隊を引率して黄泉島へ出陣する、まるで......をした、どえらい左巻を垂れたぢやないか。沢山の金蠅が出て来よつて、ブンブンと黒くなる... 84
85 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第3篇 邪神征服 第32章 土竜〔462〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...れて仕舞ふのだが、今日は又珍らしい材木が沢山に流れて来よつて、自然の橋が出来たがどう......。さうすれば此川に橋を架けてやる。そして沢山の褒美を与るとの事だから、こんな処へ三五......気なく此川辺に進み来り、川の面を見れば、沢山の材木が横倒れになつて自然の橋を架けてゐ... 85
86 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第3篇 邪神征服 第33章 鰤公〔463〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...ります。其蛇がない時には此処ら辺の村々に沢山の子分を連れて来て、嬶や娘を代りに奪つて......をアルタイ山の窟に供へに行くのです。夏は沢山に蛇が居つて取るのも容易ですが、斯う寒く... 86
87 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第3篇 邪神征服 第36章 意想外〔466〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...喜ぶ者、顔を顰める者、ポカンとする者など沢山に現はれたる。鉄彦夫婦は娘清姫と共に慌し... 87
88 霊界物語 第10巻 霊主体従 酉の巻 第3篇 邪神征服 第37章 祝宴〔467〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...喜んで泣く者、笑ふ者、法螺を吹く者など、沢山現はれ来り、其中より四五の若者は門番の時... 88
89 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第1篇 長駆進撃 第4章 梅の花〔471〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...い長い此クス野ケ原の主で御座います。妾は沢山の獅子を餌食に致して居ります。一口に牛の... 89
90 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第1篇 長駆進撃 第6章 奇の都〔473〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...から此原野に火をかけて耕作を致しましたら沢山の収穫があがり、数多の人間が喜ぶ事でせう... 90
91 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第1篇 長駆進撃 第7章 露の宿〔474〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...受けねばよいがと心配して居た所だ。これ丈沢山やつて来れば、六人前の仕事には......沢山だ。代る代る言向け和すことにしませうかね......で火に入る夏の虫、これ程ウラル彦の目付が沢山居る所へ、ウカウカと出て来やがつて、何を... 91
92 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第2篇 意気揚々 第14章 鏡丸〔481〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...物が着たうて、綺麗な、立派な家を建てて、沢山の男衆や、女子衆を使つて、栄耀栄華に暮す......はコーカス山の山奥に、立派な宮殿を造り、沢山の家来を従れて、何でも人民の膏を搾つて、... 92
93 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第3篇 言霊解 第15章 大気津姫の段(一)〔482〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 3 件/沢山=3 ...知られる事を憚つて居る如うな立派な人士が沢山に在るが、斯の如き人は至忠思君思国の日本......て、遠くから奉仕されて居る人々もまだまだ沢山にあります。大本の神業に直接奉仕する真人......な純良な同胞の精神を濁さむとして居るのが沢山ある。亦世の中には、手足の爪を抜くどころ... 93
94 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第4篇 満目荒寥 第18章 琵琶の湖〔485〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/沢山=4 ...引越すのだ』時公『コーカス山には、それ程沢山の大工が行つて何をするのですか』乙『お前......美味い酒は泉の如くに湛へられてある。肉は沢山に吊下げてある。それはそれは酒池肉林だ』......虎公『八王といふのは、世界中の贅沢な奴が沢山な金を持ちやがつて、ウラル姫とか常世姫と......にも、鬼城山にも、蛸間山にも、その外にも沢山あつたさうぢやが、今度の八王はそんな気の... 94
95 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第4篇 満目荒寥 第19章 汐干丸〔486〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...ぢやない』鹿公『しかし乍らコーカス山には沢山な化物が集まつて居ると云ふ事だ。うまい話......化物が集まつて居ると云ふ事だ。うまい話も沢山あるぢやないか』虎公『虎でも、獅子でも、... 95
96 霊界物語 第11巻 霊主体従 戌の巻 第4篇 満目荒寥 第22章 征矢の雨〔489〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...』と云ひながら時公は飛び出した。 白壁に沢山の蠅が止まつたやうな黒い影、ワイワイと刻... 96
97 霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...を主として口述したのですから、不審の点は沢山にあるでせう。口述者自身に於ても不審、不......う。口述者自身に於ても不審、不可解の点は沢山ありませう。筆先と霊界物語とは経緯不離の... 97
98 霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 第1篇 天岩戸開(一) 第2章 直会宴〔498〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...木は枯れる、毎日々々地響きはする、病人は沢山出来る、先が案じられて仕方がないぢやない... 98
99 霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 第1篇 天岩戸開(一) 第3章 蚊取別〔499〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/沢山=1 ...此世の中にうろつくものだから、春公の奴、沢山に米や酒を倉にウンと持つて居やがつて、ま... 99
100 霊界物語 第12巻 霊主体従 亥の巻 第1篇 天岩戸開(一) 第4章 初蚊斧〔500〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 2 件/沢山=2 ...さまよ 聞けばお前も其昔  良くもない事沢山して 悪神さまと歌はれて  今は偉そに其......て居る位だから、何れ明日位には酋長の奴、沢山な家来を連れて俺を召捕りに来るのは、印判... 100
【霊界物語誕生百周年】
大正10年(1921年)10月18日に王仁三郎が霊界物語の著述を開始してから
令和3年(2021年)10月18日で百年目を迎えます。
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki