王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: 黒姫 で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 202 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第4篇 竜宮占領戦 第25章 武蔵彦一派の悪計〔25〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...級に属する地仙である。 またもや武蔵彦は黒姫、菊姫、八足姫を先頭に立て、竹熊に策を授... 1
2 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第4篇 竜宮占領戦 第26章 魔軍の敗戦〔26〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...信任厚き熊足彦を味方につけ、牛人、与彦、黒姫、菊姫を部将と定めて暗々裡に活動をはじめ......足長彦を偽つて遠き土地に去らしめ、与彦、黒姫、菊姫をして数多の魔軍を引率せしめ、橄欖......方熊彦は、また竹熊の部下なる牛人、与彦、黒姫、菊姫、谷熊、寅熊とともに、橄欖山の後に... 2
3 霊界物語 第1巻 霊主体従 子の巻 第4篇 竜宮占領戦 第29章 天津神の神算鬼謀〔29〕 出口王仁三郎 1921刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...長彦はこんどは安熊、高杉別、桃作、虎若、黒姫を部将として、大八洲彦命の一隊を待ち討た... 3
4 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第1篇 正邪奮戦 第9章 薯蕷汁〔576〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 9 件/黒姫=9 ...水晶の身魂も辛いものだワイ。アハヽヽヽ』黒姫『団子理窟をこねる日には際限が無い。兎も......だい。誠の変性男子の教は此の高姫さまと、黒姫がチヤント要を握つてゐるのだよ。昔の神代......で、たつた一人の日の出神の生宮ぢや。この黒姫は竜宮の乙姫の守護だぞ。艮の金神様も元は......道彦『アヽ左様ですな、モシモシ高姫サン、黒姫サン、三五教には彼の様な宣伝使は、一人も......アンナことを言つたのですよ。アハヽヽヽ』黒姫『神様の宣伝使は嘘は言はぬもの、誠一つの......脱線した行ひをやるのですワ。アハヽヽヽ』黒姫『能う嘘をつく人だナ。今お前サンは道案内......つかり居りますな』と話を態と横へ転じた。黒姫『誠の教を聴かうと思へば、目が開いて居つ......は無い。此処へ来る奴は、みな此高姫サンと黒姫が耳の鼓膜を破り、眼の球を抜いて、世間の... 4
5 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第3篇 神山霊水 第17章 窟の酒宴〔584〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 21 件/黒姫=21 ...、一つ何か面白い芸当をやつて呉れないか』黒姫『さアさア皆サン、これから須佐之男尊征伐......ン助サン、お前が須佐之男尊になるのだよ、黒姫がお前の髭をむしる役、高姫さまは手足の爪......悪い事は根つからした覚えが御座いませぬ』黒姫『吐すな吐すな、貴様は爪に火を点して吝な......婆アサンだ。お前サンから爪を抜きなさい』黒姫『能うツベコベと理窟を言ふ丁ン助だナア、......る。『イヽヽヽ痛い哩痛い哩、放サンかい』黒姫『放さぬ放さぬ、神が爪を掛たら、いつかな......儀は見ざる、聞かざる、言はざるの苦労人の黒姫だ。尻なつと喰ふとけ、苦労知らずの真黒々......れや余りぢや、頬辺がチヽヽヽちぎれる哩』黒姫『チヽヽヽちつとは痛からう、血の出るとこ......い燕の様に燕返しの早業をやる代物だ。この黒姫が黒い目でグツと睨んだら違ひはせぬぞや』... 5
6 霊界物語 第15巻 如意宝珠 寅の巻 第3篇 神山霊水 第18章 婆々勇〔585〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 10 件/黒姫=10 ... 高姫、黒姫、蠑螈別を始め、一座の者共は折から聞ゆる......は館の四隅より刻一刻と峻烈に聞え来たる。黒姫『コレコレ蠑螈別サン、高姫サン、静になさ......日の出神で通さにやなるまい。憚りながら此黒姫は何処々々迄も竜宮の乙姫でやり通すのだ。......りませぬぞ。エーエー腰の弱い方々だ。この黒姫も気の揉める事だワイ、サアサア、シヤンと......なら、初からコンナ謀反は起さぬがよい。此黒姫が千変万化の妙術をもつて、瑞の霊の素盞嗚......に千年、山に千年、河に千年の苦労を致した黒姫ぢや。高姫さま、蠑螈別さま、お前は未だ未......ソベソ吠面かわくのだ、些と確り致さぬと此黒姫さまの拳骨がお見舞申すぞ。何だ宣伝歌が恐......ア。コレコレ高姫さま確りせぬかいなア、此黒姫がお前の傍について居なかつたら、お前さま... 6
7 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...に救はれ、或はウラナイ教の棟梁株、高姫、黒姫の死者狂の大活動より、剣尖山麓の谷川にお... 7
8 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第2篇 深遠微妙 第15章 谷間の祈〔605〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...汝が力と思ふ高姫は今フサの国に遁げ帰り、黒姫は行方不明となりし今日、何程汝、力味返る... 8
9 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第3篇 真奈為ケ原 第18章 遷宅婆〔608〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 15 件/黒姫=15 ...に巧な者だ、其処へ又、も一つ弁舌の上手な黒姫と言ふのが始終後について居つて応援をする......け跡に又もや新しい小屋が建つて居る、大方黒姫の奴、後追つかけて来よつて焼け跡に小屋を......虎『一つ調べてやりませうかい』鬼彦『若し黒姫が居つたら貴様何うする、又舌の先でチヨロ......乍らねちねちと口を動かす奴だ、丸で高姫か黒姫みたいな餓鬼だ、改心せぬと又それ紅蓮の舌......、『何処の奴か知らぬが俺は貴様の今言うた黒姫だよ、名は......黒姫でも顔の色はそれ今其処らに降つてる雪の様......外を見なさい、沢山の耄碌がやつて来て今此黒姫の舌鋒に刺されて、ウラナイ教に帰順せむと......の教服と更へるのだよ』青彦『これはこれは黒姫先生、憚り乍ら今日の青彦は最早百日前の青... 9
10 霊界物語 第16巻 如意宝珠 卯の巻 第3篇 真奈為ケ原 第19章 文珠如来〔609〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 25 件/黒姫=25 ... ヤンチヤ婆アの黒姫は、性来の聞かぬ気を極度に発揮し、青彦、......さず紅蓮の焔に焼き尽さむと凄じき勢なり。黒姫『コレコレ、最前から其処に、男とも、女と......なされ。チツト此頃はお前も顔色が悪い。此黒姫が脈を執つて上げよう。……どうやら浮中沈......附けられまして、御親切有難う御座います』黒姫『有難いか、ウラナイ教は親切なものだらう......ならぬかも知れやしない。………サアサア此黒姫は耆婆扁鵲も跣足で逃げると云ふ義理堅い義......理堅い義婆ぢや。世間の奴は訳も知らずに、黒姫を何の彼のと申すけれども、燕雀何ンぞ大鵬......神様に引つ張られて来たのだ。決して決して黒姫の我で云うと思つたら量見が違ひますデ、竜......るが、本当は素盞嗚尊の教が九分九厘ぢや。黒姫はそれがズンとモウ気に喰はぬので、変性男... 10
11 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 前付 序文 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...ケ原参拝より、丹波村お節親子の邪教宣伝者黒姫撃退、並に鬼ケ城に割拠せる鬼熊別、蜈蚣姫... 11
12 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 前付 総説歌 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...天し  親子三人是非もなく 進み行く手に黒姫が  伏屋の中より現はれて 力限りに喰ひ......み日に夜に  痩衰へしお節嬢 婆の頼みに黒姫は  肩を怒らし出で来り 訳の分からぬお......れば  病は益々重くなり これや堪らぬと黒姫は  神界御用が急く故に 妾は帰らにやな......たり お節は呼吸を吹き返し  喜ぶ折しも黒姫が 大きな面して出で来り  何ぢやカンぢ... 12
13 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第1篇 雪山幽谷 第5章 誘惑婆〔616〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/黒姫=7 ...からドンナ事にも経験を積みて来た苦労人の黒姫ぢや、苦労なしに誠の花は咲かぬぞえ』お節......兼ねます、入らぬ御節介止めて下さいませ』黒姫『エイ我の強い女ぢやなア。青瓢箪に屁吸は......力は世を救ふ』と手を打ち踊り出したれば、黒姫は前後の宣伝歌の板挟みとなり、......黒姫『エイエイ、折も折肝腎の所へ又もや我羅苦......真名井ケ原の神様が有難くなつて来たワイ』黒姫『エイエイ仕方のない耄碌許りぢやなア、誠......うですが、何処へ行きましたか』お節『ハイ黒姫と云ふ婆アさまが出て来て、二人の綺麗な娘......座いませう』音彦『ヤア何と仰せられます、黒姫が出て来ましたか、どこまでも執拗な奴ぢや... 13
14 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第1篇 雪山幽谷 第6章 瑞の宝座〔617〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/黒姫=9 ...大江山の 魔窟ケ原に来て見れば  心汚き黒姫の 辻褄合はぬ繰言に  言向け兼ねて進み......れませ、只今ウラナイ教の魔神の大将株なる黒姫は、何時の間にやら数多の眷族を駆り集め、......ありますまいが其お考えで居て下さい。仮令黒姫幾千万の曲神を引率れ押寄せ来るとも、此加......』と息を喘ませ物語る。音彦『アハヽヽヽ、黒姫の奴、百計尽きて今度は死物狂ひになりよつ......彦と云ふ勇将、数多の軍勢を引き率れ来り、黒姫と結婚の式を挙げ勢力を合して大団体を作り......もあれ、加米彦の急報に違はず近づき来たる黒姫が軍勢、高山彦を先頭に旗鼓堂々と此方に向......『アハヽヽヽ、心も黒い色も真黒々の黒助の黒姫に加担致す馬鹿者共、仮令幾万人攻め来る共......ンと呻声を立てて此場にバタリと倒れたり。黒姫は此体を見て高山彦の馬に跨り、馬上に二人... 14
15 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第7章 枯尾花〔618〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 61 件/黒姫=61 ...大江山  魔窟ケ原に穿ちたる 岩窟の中に黒姫は  五十路の坂を越え乍ら 歯さへ落ちた......間しさ 広い様でも狭いは世間  色は真黒黒姫の 心に叶うた高山彦の  タカか鳶か知ら......迫り来る  三国一の花婿を 取つた祝ひの黒姫が  嬉しき便りを菊若や 心頑固な岩高や......の中は蜂の巣の 一度に破れし如くなり。 黒姫は皺苦茶だらけの垢黒い顔に、白い物をコテ......彦、お迎へに行つて来うぢやないか』常彦『黒姫さま、今日はお芽出度う。ソンナラ往て来ま......日はお芽出度う。ソンナラ往て来ませうか』黒姫『何ぢや常彦、改まつて、お芽出度うもあつ......すか。今日は芽出たいのぢやありませぬか』黒姫『芽出たいと云へば芽出たいのぢやが、ナニ......これと云ふのも、神様の教を拡げる為に、此黒姫の体を犠牲にして、天下国家の為に尽すのだ... 15
16 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第8章 蚯蚓の囁〔619〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 25 件/黒姫=25 ... 黒姫、高山彦の発議により、愈真名井ケ原の瑞の......、あはよくば占領せむとの計画は定まつた。黒姫夫婦は婚礼の後片付に忙殺を極めて居る。三......る精も無くなつて了つた。今迄は二つ目には黒姫の奴、夏彦何うせう、常彦何うせう、岩高、......五教へ入信うと云つた所で、力一ぱい高姫や黒姫の言葉の尻について、素盞嗚尊の悪口雑言を......は何程大きな声で云つたところで俺達の声は黒姫の耳に入るものか、耳へ入るものは高山彦の......負けて逃げてやらうぢやないか、さうすれば黒姫は申すに及ばず、高姫もちつとは胸に手を当......考へるだらう、高山彦だつて愛想をつかして黒姫を捨てて去ぬかも知れぬぞ。今こそ花婿が来......り、虎、富『ヤア四天王の大将方、高山彦、黒姫様の御命令で御座る、一時も早く真名井ケ原... 16
17 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第9章 大逆転〔620〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/黒姫=9 ...参詣を初め彼の比治山峠を登りつめると例の黒姫が白壁の様に皺苦茶顔をコテコテ塗り立て花......照子、清子の二人と共に前方に立ち塞がり、黒姫『これこれ、お婆さま、お前は此間此処を通......ました、オーン、オンオン』と泣き崩れる。黒姫はニヤリと笑ひ、『さうぢやろさうぢやろ、......アン、ウーン、ウンウン』と泣き崩れ居る。黒姫『何、お前の娘のお節が青彦々々と呼びて居......みますわいな、ウン、ウン、ウン(泣声)』黒姫『よしよし祭つては上げるが、さう軽々しう......をしたものぢやわいな、アーン、アンアン』黒姫『サア婆さま、決心がきまつたら仕方がない......復致しませう、何分宜しくお頼み申します』黒姫『アーア、生神様になると忙しいものだ、た......す、ソンナラ之から私が御案内致しませう』黒姫『よしよし行つてあげよう、お前は余つ程幸... 17
18 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第10章 四百種病〔621〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 17 件/黒姫=17 ...くりなくもウラナイ教の鍵鑰を握れる女豪傑黒姫に説き伏せられ、くれりと心機一変し、手の......一変し、手の掌足の裏を覆して、スタスタと黒姫一行を伴ひ、漸く丹波村の伏屋に着きにける......うぞお這入り下さいませ。嘸お疲労でせう』黒姫『ナニ、これしきの雪道で疲労るやうな事で......でも外を歩くと、陥穽へ落ち込みますから』黒姫『ナント用心の良い事だナア、アヽ感心々々......います。サアサアどうぞお上り下さいませ』黒姫『ハヽア、平助どのはこの井戸の水を汲みて......て、『青彦さま、青彦さま』と呼ンで居る。黒姫『ドレドレ、これから神さまへ御祈念をして......神さまのお話、どうぞ聞かして下さいませ』黒姫『この娘の病気は、全体けつたいな病ぢや。......事でも生命さへ助けて下されば承はります』黒姫『サア、これから日の出神様のお筆先を頂く... 18
19 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第2篇 千態万様 第11章 顕幽交通〔622〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 35 件/黒姫=35 ...れと云ふも、全く神様のお蔭、ウラナイ教の黒姫といふ婆アが遣つて来て、筆先とやらを読み......中を覗き込む二三人の人影有り、よく見れば黒姫、夏彦、常彦の三人なりける。......黒姫『ヤアお婆アさま、何故、娘が全快したら、......、御礼参詣に出て来ぬのだい』お楢『お前は黒姫ぢやないか。お節の病気を癒してやるなぞと......と困る。サア早う早う、帰りたり帰りたり』黒姫『コレコレ婆アさま、お前ソレヤ大変な取違......ドンを苦しめて置くのは可哀相ぢやから、此黒姫が神力で峠まで送つてやつたから、其お蔭で......で、一目見たら知つて居る此お楢ぢやぞえ』黒姫『婆アさま、お前チツと逆上せて居るのぢや......ナ事に誤魔化されるお楢婆アぢやないぞや』黒姫『お楢さま、能う聞いて下さいや。時計が一... 19
20 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第3篇 鬼ケ城山 第13章 紫姫〔624〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...ると何時も云うとるのだ、俺もウラナイ教の黒姫の児分になつて二三年随いて廻つて居つたが... 20
21 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第3篇 鬼ケ城山 第14章 空谷の足音〔625〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 7 件/黒姫=7 ...つても、コンナ非道い目にあふのなら、矢張黒姫の御用をきくのだつたに、丹波村で別れた時......御用をきくのだつたに、丹波村で別れた時、黒姫の奴大きな目をむきよつて、嫌らしい笑ひ顔......いと云ふ代物だからな』夏彦『ヘン、口許り黒姫仕込みだけあつて、仰有います哩。貴様の信......イてやるぞ。サアサア青彦さま、此奴は矢張黒姫党だ。見捨てて参りませうか』青彦『常彦さ......奴に鎮魂して、足でも起つたが最後、又もや黒姫の処へ信仰逆転旅行と早変り、膺懲の為めに......子姫さま、実はこの男二人は、ウラナイ教の黒姫が四天王と呼ばれたる、其中の二人で、夏彦......彦と云ふ豪の者で御座います。さうした処が黒姫の内幕をすつかり看破し、三五教の教理の優... 21
22 霊界物語 第17巻 如意宝珠 辰の巻 第3篇 鬼ケ城山 第15章 敵味方〔626〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/黒姫=2 ...大将に一泡吹かしてやらう。……ウン此奴は黒姫仕込みの、腰曲りの夏彦と云ふ奴だ。なんと......居るのではなからうかと種々と工夫をして、黒姫の荷持となり、様子を考へて居たが、どうも... 22
23 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 前付 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...の乙姫の憑りたまひし肉の宮と、誇り顔なる黒姫が、千思万慮の経綸も、明けて悔しき玉手箱... 23
24 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第1篇 弥仙の神山 第1章 春野の旅〔629〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...レコレお爺さま、此奴はなア、ウラナイ教の黒姫と云ふ、口ばつかり達者な奴に十年間も朝か... 24
25 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第2篇 再探再険 第5章 赤鳥居〔633〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 5 件/黒姫=5 ...之位な苦労はせなくちや成らないよ。何時も黒姫さまが苦労は出世の基ぢやと仰しやるぢやな......暗に威張らなくなるよ。吾々は殊勲者として黒姫さまの信任益々厚く、鼻高々と高山彦の御大......出して、鹿公『コレコレ、滝公、板公、俺は黒姫ぢや、その女を大切に踏縛つて早く舁いで、......や、その女を大切に踏縛つて早く舁いで、此黒姫の後に跟いて御座れ、愚図々々して居ると三......にお前の後に跟いて行かうかな』甲『サアサ黒姫様、御実検下さいませ、貴女に実地を見て貰... 25
26 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第2篇 再探再険 第6章 真か偽か〔634〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 13 件/黒姫=13 ...つき。 腰を折り両手をもみながら、お節『黒姫の先生様、久しうお目に掛りませぬ、お健康......うお目に掛りませぬ、お健康でお目出度う』黒姫『ヤアお前はオヽお節ぢやつたか、何と云つ......イ有難う、お蔭ではつきり目が醒めました』黒姫『さうだらう、若い者は能う気の変るもので......、犬馬の労をも惜しまぬ覚悟でございます』黒姫『それは結構ぢや、お節、あの頑固な爺や婆......媒妁で配偶したいものだ、ナア馬公………』黒姫『お前は初めて見た方ぢやが、青彦の弟子ぢ......待つて下さい、私には一人連が御座います』黒姫『極つたこつちや、お前の連は鹿ぢやないか......あつた紫姫と云ふ結構なお方が居られます』黒姫『その方は何処に居られるのだ、早う呼びて......ました。今お宮で御祈念をして居られます』黒姫『アーさうかな、コレコレ青彦、お前は改心... 26
27 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第7章 神か魔か〔635〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...するか分りやしないぞ。此頃の高姫さまや、黒姫さまの御機嫌の悪い事と云つたらないぢやな......を、沢山養うて置くのは詰らぬから、自然に黒姫さまだつて御機嫌が悪くなるのは当然だ。何......を打明けて神様の為に働きませう。御大将の黒姫様や、高山彦さまも大変に御喜びなさいませ... 27
28 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第8章 蛙の口〔636〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 22 件/黒姫=22 ...た五人連れ 手柄話の花咲かし  土産沢山黒姫が 隠家指して帰り行く。 浅、幾の両人は......一行十人と共に滑り入る。浅公『高山彦様、黒姫様、只今帰りました』......黒姫『ヤア、お前は浅公か、ヤ、幾公、梅公、え......これなる夫婦を救ひ花々しく立ち帰つて候』黒姫『ヤア、それは御苦労であつた、人間と云ふ......なつて消え失せたりツ』浅公『アハヽヽヽ』黒姫『何は兎もあれ、藪医者が手柄をした様なも......ぬ、只もう此通り……』と夫婦は両手を合せ黒姫の顔を伏し拝み、熱い涙をボロボロと零すの......拝み、熱い涙をボロボロと零すのみである。黒姫『お前は真に幸福な御夫婦ぢや、結構な御神......イ、綾彦と申します。妾はお民と申します』黒姫『アヽさうか、綾彦は俺の側で御用をするな... 28
29 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第9章 朝の一驚〔637〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 26 件/黒姫=26 ...に当つたやうな細長き体に、長煙管を持つた黒姫と二人睦まじさうに、ニタニタと、昨夜の夢......いますが、吾々夫婦にお暇を下さいませ』 黒姫、怪訝な顔にて、『お前は昨夜来た許りぢや......出来ませぬから、どうぞお暇を下さいませ』黒姫『何と妙な事を仰有るぢやないか、誠正直一......や御座いませぬ、何卒お暇を下さいませ』 黒姫不思議の顔をして、『何とお前合点が行かぬ......たのをお民は確かに聞きました』と聞くより黒姫は訝しがり、『一寸待つて下さい、妙な事を......イヤ挑戦的態度を執るのだな』お民『ヘン』黒姫『お前達八人の者、夜前の話をもう一遍詳し......下共』と針小棒大にべらべらと喋り立てるを黒姫は、『アヽそれは嘘ぢやあるまいなア』『エ......アヽ何だか気分が悪い、どうぞ高山彦さま、黒姫さま、一遍悪魔の入らぬやう、ウンと神霊注... 29
30 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第3篇 反間苦肉 第10章 赤面黒面〔638〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 54 件/黒姫=54 ...び地底の館に帰り来たり、梅公『高山彦様、黒姫様、お蔭で大江山の悪霊も、スツカリ退散致......随分御禊と云ふものは結構なものですなア』黒姫『さうだろさうだろ、何時もそれぢやから、......お懸り下さいまして、結構で御座いました』黒姫『これこれ梅公、何と云ふ傲慢不遜な事を言......御降臨遊ばしたのだから仕方がありませぬ』黒姫『そら何を云ひなさる。神憑には公憑、私憑......はお道を開く因縁の身魂ぢやありませぬか』黒姫『きまつた事ぢや。因縁なくて、此結構なウ......。高姫さまは高天原に因縁のある名ぢやし、黒姫さまは、くろうの固まりの花が咲くとお筆先......一度に開く役は梅公の守護神のお役でせう』黒姫『此広い世界に、梅の名のつくのは、お前ば......公は、さうあなたから軽蔑されるのでせう』黒姫『もうチツと修業しなされ。さうしたら又、... 30
31 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第4篇 舎身活躍 第11章 相見互〔639〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 13 件/黒姫=13 ...松姫の如きは、随分陰険な代物だが、巧妙く黒姫に取入つて、今では豪勢なものだ。何とかし......今では豪勢なものだ。何とかして、モウ一度黒姫の部下になる訳にはいかうまいかなア』甲『......の運命と云ふものは定まつて居ると見える。黒姫や高姫、松姫はどこともなしに、丸い豊な顔......ばつかりぢやないか。アーアこれを思へば、黒姫の御恩が今更の如く分つて来たワイ』甲『ヤ......へ転落し、生命カラガラな目に遭ひ、終には黒姫の御機嫌を損ねたのみならず、青彦、お節に......来ました』常彦『今のお言葉に、青彦お節が黒姫の所へ往つたと仰有つたが、ソレヤ本当です......、一文生中の、掛値も御座いませぬ。今頃は黒姫も、青彦お節其他の二三人の男女に欺かれて......か変で御座いましたから……』板公『ナーニ黒姫はそんな奴ぢやない。キツと青彦、お節は袋... 31
32 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第4篇 舎身活躍 第12章 大当違〔640〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...ぢやないか』寅若『あまり怪体が悪くつて、黒姫さまに会はす顔がない。休む気にもならぬぢ......に、あちらこちらから、信者が集まるのだ。黒姫さまが毎朝起きて、行水をなさると東の天に......に間違ないと、直に立帰つて報告をした所、黒姫さまは……「マア待て、一週間水行をして、......た無態さ……斯んな事を、怪我の端にでも、黒姫さまや外の連中に聞かれようものなら、馬鹿... 32
33 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第4篇 舎身活躍 第13章 救の神〔641〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...解いてやる、一時も早く立帰り此由を高姫、黒姫、高山彦の御前に包まず隠さず注進致して、... 33
34 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第14章 蛸の揚壺〔642〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 43 件/黒姫=43 ...双壁と己も許し人も許した、素人離れのした黒姫が、高山彦と睦じさうに晩酌をグビリグビリ......て居つても、こいつは駄目だ。初めの内は、黒姫は偉いものだ、言行一致だといつて褒めて呉......私ばかりに命令をささずに、あなたは天晴れ黒姫の夫として、権利を振うて下さいねエ』高山......位、結構なものの恐ろしいものは無いなア』黒姫『時に寅若、富彦、菊若の三人は、ここを出......ソツと岩の戸を開けて辷り込んだ三人の男、黒姫『アヽ、噂をすれば影とやら、寅若エロウ遅......菊若、富彦、エライ目に遇うたぢやないか』黒姫『お前達は、あまり遠い道でも無いのに、ど......したが、霊的には大変な収獲がありました』黒姫『又しても又しても、霊的の収獲と仰有るが......の慣用的辞令だ。もう霊的の収獲には、この黒姫もウンザリしました。ハツキリと成功だつた... 34
35 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第15章 遠来の客〔643〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 24 件/黒姫=24 ...引き連れて、大江の山の程近き、魔窟ケ原に黒姫が、教の射場を立てて居る、要心堅固の岩窟......か、遠方の所ようこそ御飛来下さいました。黒姫様がお喜びで御座いませう、サアずつと奥へ......います、サア奥へ御案内致しませう』高姫『黒姫さまは在宅ですかな』梅公『ハイ高山さまも......お睦まじうお暮しで御座います』 斯る処へ黒姫はヌツと現はれ、『マア高姫様、ようこそお......した。何卒悠くりお休み下さいませ』高姫『黒姫さま、久し振りでしたねえ、高山彦さまも御......御機嫌宜敷いさうでお目出度う御座います』黒姫『ハイ、有難う御座います、頑固なお方で困......ては到底神業は成就致しませぬからな。時に黒姫さま、貴女は日々この自転倒島の大江山の近......る偉人の出現して居る事は御存じでせうね』黒姫『ハイハイ委細承知して居ります』高姫『承... 35
36 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第16章 返り討〔644〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 12 件/黒姫=12 ...は何だ、恩知らず奴、ドン畜生奴が、永らく黒姫さまの御厄介になつて居やがつて、後足で砂......て居やがるか、今日では押しも押されもせぬ黒姫さまの参謀長だ。折角今日は高姫さまが遥々......見て高姫は、『ヤアお前は常彦ぢやないか』黒姫『お前は滝公、板公、何処をうろついて居つ......涙を零し思案に暮れて居る。青彦『これほど黒姫さまが、貴様の反対を少しもお怒りなく、旧......行く。後には高姫外一同大口開けて高笑ひ、黒姫『オホヽヽヽ、到頭帰つて来よつたが、やつ......を替へ、引き落しに来るから用心しなされ』黒姫『ヤア青彦、紫姫さま、御苦労だが貴方はこ......、御礼返しに渡して呉れるかも知れませぬ』黒姫『そうかも知れぬ、一切青彦に任しますから......の一行五人は、『然らば高姫様、高山彦様、黒姫様、その他の御一同様、何とぞ待つて居て下... 36
37 霊界物語 第18巻 如意宝珠 巳の巻 第5篇 五月五日祝 第17章 玉照姫〔645〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/黒姫=10 ...や青彦が 三五教にアキの空  天津御空も黒姫が 醜の魔風に包まれて  誠の道を取りは......りだ。サア常彦さま、時を移さず魔窟ケ原の黒姫の本陣へ乗込み、言霊戦の大攻撃を致しませ......め、青彦其他の者、一人にてもウラナイ教の黒姫に籠絡さるる様な事が実現したら、此夏彦が......落ち着いて御座るぢやないか。コラちと変だ黒姫の悪霊が憑依して居るのではなからうかなア......に縛りつけ 権謀術数の最中を  闇を幸ひ黒姫の 声色使ふ鹿公が  早速の頓智、滝、板......を  尋ねて行けば、こは如何に 顔色黒き黒姫が  二人の男と諸共に 一心不乱に水垢離......馬公、鹿公諸共に 魔窟ケ原に築きたる  黒姫館に出て行く 高山彦や......黒姫は  相好崩してニコニコと 忽ち変る地蔵... 37
38 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第1篇 神慮洪遠 第2章 鶍の嘴〔647〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 29 件/黒姫=29 ...、血を吐く思ひの岩窟の中、高姫、高山彦、黒姫の三人は、奥の一室に鼎坐して、紫姫や青彦......たら梟鳥が夜食に外れたと云ふ塩梅式だな、黒姫さまもよい家来をお持ちになつて仕合せだワ......否、お手柄話を聞かして貰はうかい、何時も黒姫は目が黒いと仰有る、間違ひはあるまい、此......な笑ひをする。奥の一室には高姫、高山彦、黒姫三人、鳩首謀議の真最中なりける。高姫『こ......人、鳩首謀議の真最中なりける。高姫『これ黒姫さま、紫姫や青彦が出立してから、もう一週......つては大変だと気に懸つてなりませぬワ』 黒姫は稍不安の面持にて、『何分突飛な談判に遣......『サア、何とも保証の限りではないなア』 黒姫、目に角を立て、『エヽ何と仰有る、高山彦......俺の思つて居る事を忌憚なく吐露したのだ』黒姫『そりや何を云ひなさる、貴方は此家の主人... 38
39 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第1篇 神慮洪遠 第3章 千騎一騎〔648〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 30 件/黒姫=30 ...り。斯る処へ息せき切つて馳来りしは、妻の黒姫なりける。『ヤーお前は......黒姫か、何しに出て来たのだ』『高山さま、ソラ......岸にバタリと落ち来たりぬ。蛇体は忽ち元の黒姫と変じ、『サア高山さま、コンナ放れ業は一......度より出来ないのだが、千騎一騎の此場合、黒姫が信念の力が現はれたのだ。サアサアこれに......、高き鼻を手の甲で擦り乍ら、『イヤ何事も黒姫さまに御任せする、此後は一切構ひ事は致さ......な。嫌になつて貰へば大変に好都合です』 黒姫は声を尖らし、『ソリヤ何を云ふのだい、嫌......き透つてゐますよ、ホヽヽヽヽ』『モシモシ黒姫様、何卒人を一人助けると思つて私の罪を赦......があるものかい。それに就ても可哀相なのは黒姫ぢやないか。この通り御空に水晶の玉照姫様... 39
40 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第1篇 神慮洪遠 第4章 善か悪か〔649〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...ず、彼れ玉照姫の神は、一旦、ウラナイ教の黒姫に与ふべきものなり。一時も早く玉照姫様及......きものなり。一時も早く玉照姫様及びお玉を黒姫の手許に送り、汝等は此責任を負ひて宣伝使......却つて吾々の職を免じ、剰つさへ玉照姫様を黒姫に渡せとは大神様始め英子姫様の御言葉とも... 40
41 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第5章 零敗の苦〔650〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 28 件/黒姫=28 ...窟ケ原へテクテクと  三人駒を並べつつ 黒姫館に立入りて  委細の様子を尋ぬれば 弥......れました事の由  聞いたる時の嬉しさよ 黒姫司は逸早く  千変万化の手を尽し 紫姫や......筋を 立ててカツカと怒り出す  高山彦や黒姫は ソロソロ喧嘩を始め出す  此有様を見......様子は話せない  アヽ惟神々々 高山彦や黒姫は  さぞ今頃はブクブクと 面を膨らし燻......ウラナイ教に献納に来たのか。但は高山彦、黒姫、悄然として泣き面かわき帰つて来たのか。......暇をいれようと考へて居る。外には高山彦、黒姫、寅若、菊若、富彦の五人連れ、傷持つ足の......進みかね、モヂモヂとして入りがてに居る。黒姫『アヽ誰か来て呉れさうなものだなア。何時......ぬ、帆柱竹の様な高山彦さまが適任でせう』黒姫『エー一寸も自由にならぬ人だな。なぜお前... 41
42 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第6章 和合と謝罪〔651〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 38 件/黒姫=38 ...も驕る高姫が、執着心の胸の闇、鼻高山彦や黒姫は、奥の一間に差し籠もり、ウラナイ教の前......何とか回復の道を講ぜねばなりますまいよ』黒姫『日の出神さまも此際、ちつとどうかして居......解の憂目に会ねばなりませぬワ。それよりも黒姫さま、竜宮の乙姫様は此頃はどうして御座る......エ。コンナ時に御活動下されば宜しいのに』黒姫『竜宮の乙姫様は貴方もお筆先で御存じの通......もなしに、ボーとなさいましたなア』高姫『黒姫さまも御同様ぢやありませぬか。貴女は、高......ますまいが、寅若がそう云つてましたぞえ』黒姫『何を仰有います。そう人を見損なつて貰つ......度にグレンと覆るお仕組がして御座います』黒姫『さうすると善許り選り抜いて、身魂の曇つ......、そうヤキモキ心配するには及びませぬ哩』黒姫『それでも玉照姫さまを無理に引張て来いと... 42
43 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第7章 牛飲馬食〔652〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 24 件/黒姫=24 ...に鹿公、お前御苦労だが是から、魔窟ケ原の黒姫さまの岩窟館を訪ねて往つて貰へまいかな、......円満解決の祈願を凝らして待つて居るから、黒姫さまに会つて、とつくりと吾々の真心を伝へ......奉る事は出来ない。此度は十分に低う出て、黒姫さまが、何と云うても一言も口答へをしては......張合の無いやうな気が致します哩。併し乍ら黒姫が居なかつたらどうしませう』若彦『万一フ......は知つて居るか』馬公『ハイ知つて居ます。黒姫が居るか居らぬか見て来たらよいのでせう』......か居らぬか見て来たらよいのでせう』鹿公『黒姫が居なかつたら、代理を見て来る。代理が居......ヽヽヽ』若彦『ハヽヽヽヽ、狼狽者だなア、黒姫さまが被居らなかつたら、吾々両人は紫姫様......を大切にして御保護なさいませや、たつた今黒姫の手に渡すかと思へば、何だかお世話の仕甲... 43
44 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第2篇 意外の意外 第8章 大悟徹底〔653〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 31 件/黒姫=31 ...何ぢや』馬公『ハイまアまア上いきでした。黒姫はフサの国へ帰つて不在中だとかで、残りの......、やつて来たのはフサの国の本山より高姫、黒姫の使として鶴公、亀公の両人、そこで吾々両......鹿公さまに御聞き申したことを、直様高姫、黒姫様に御伝へ致しました所、殊の外御悦び遊ば......き、『ナヽヽ何が大変だ。大方フサの国から黒姫さま、高姫さまが殊の外御悦びで御出でにな......ヽヽ、モシモシ紫姫さま、若彦さま、高姫、黒姫の御両人が御出でになりましたよ』紫姫『ア......巻を着替へ、慌て表に飛び出し、若彦『ヤー黒姫さま、高姫さま、よう御出で下さいました。......仲好うする程、結構なことはございませぬ』黒姫『お前は矢張り私の眼識に違はず、屹度こん......。どうぞ今迄の御無礼は御赦し下さいませ』黒姫『モー斯うなれば親子も同然だ。決して御気... 44
45 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第10章 馬鹿正直〔655〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/黒姫=2 ...五教は比較的隆盛ぢやないか。高姫さまや、黒姫さまの大頭株が得意の神算鬼智を発輝して、......は奥の間の御用を務めて居るぢやないか。又黒姫の二の舞を演じてアフンとなさる様な事はあ... 45
46 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第11章 変態動物〔656〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...お節さま、貴女はこの夏の初め、魔窟ケ原の黒姫さまの方へお越しになつて以来、俄にお心変......節『さう致しますと貴女は此頃の高姫様や、黒姫様の御意中はお分りになつて居ないのですか......節『さうすると貴女の師匠と仰ぐ高姫様や、黒姫様の御命令でもお聞きなさらぬお考へですか......てはならぬ、追払へとの仰せ、又魔窟ケ原の黒姫さまのやうな馬鹿な目に遭つてはならないか... 46
47 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第3篇 至誠通神 第12章 言照姫〔657〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...う。実の所はフサの国の本山より、高姫様、黒姫様の御命令が降り、心は既に三五教へ帰順致......思はるるのと同様に、私も師匠の高姫様や、黒姫様のために尽さねばなりませぬ。どうぞ宜敷......改心に依り、ウラナイ教の教主高姫、副教主黒姫の罪は赦された。又松姫は神が守護を致し、... 47
48 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第13章 混線〔658〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...どうする事も出来まい。ウラナイ教の高姫や黒姫の奴が一生懸命に骨を居つて、その結果三五... 48
49 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第15章 山神の滝〔660〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...罪の深い女でございます。私の師匠の高姫、黒姫と云ふ方が大変に素盞嗚尊様に反対の教をな......点遊ばし、立つても坐ても居られないので、黒姫様と御相談の上私の方へも詳細な手紙が参り......へも詳細な手紙が参りました。就ては高姫、黒姫御二方の今迄の罪を許して頂かねばなりませ... 49
50 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第16章 玉照彦〔661〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/黒姫=2 ...届けあれ、然らば其方は云ふに及ばず高姫、黒姫一派の、今迄瑞の御霊の大神に射向かひまつ......別なく瑞雲棚引き渡り、ウラナイ教の高姫、黒姫其他も嬉々として集まり来たり、ミロク神政... 50
51 霊界物語 第19巻 如意宝珠 午の巻 第4篇 地異天変 第17章 言霊車〔662〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...順せし 聞くも芽出度き高姫や  高山彦や黒姫の 罪や穢れを贖ひし  松の心の松姫が ... 51
52 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第1篇 宇都山郷 第1章 武志の宮〔663〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...教を樹て、瑞之御霊に極力反抗したる高姫、黒姫、松姫は、夢の覚めたる如く心を翻し、身命... 52
53 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第1篇 宇都山郷 第4章 六六六〔666〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...御霊に反抗ひし  ウラナイ教の神司 高姫黒姫松姫が  心の底より悔悟して 神の御伴に... 53
54 霊界物語 第20巻 如意宝珠 未の巻 第3篇 三国ケ嶽 第12章 如意宝珠〔674〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/黒姫=16 ...あれ 頭に霜を戴きし  三五教の宣伝使 黒姫、高姫、青彦や  紫姫は終夜 眠りもやら......ぢやが本当に心配の事が出来て居るのだよ』黒姫『心配な事とは何事が起りました、妾の力に......上げ、心配をして居るのぢや』 是を聞いて黒姫、紫姫、若彦は真蒼白な顔をし『ヘエ』と言......りしたお道具に成る人が欲しいものだなア』黒姫『玉とは何で御座います』高姫『金の玉ぢや......高姫『金の玉ぢや、それを盗られたのぢや』黒姫『それは言依別様ですか、高山彦さまですか......へて去んだのに違ひない、大変だらうがな』黒姫『大変です、如何したら宜しからう、言依別......かせねばならぬと思ひ、相談をするのぢや』黒姫『これは又、どえらい失敗をしたものですな......ぬものだから、斯んな心配事が起るのぢや。黒姫さま、ちつと気をつけなされや』黒姫『ハイ... 54
55 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第1章 高春山〔675〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 43 件/黒姫=43 ...地上の空気を腐爛せしめつつあつた。高姫、黒姫は波斯の国北山村の本山を捨て蠑螈別、魔我......は巌の上に高鼾をかいて寝んで居る。高姫、黒姫は漸く此処に登り来り、高姫『なんと立派な......だ頂上までは余程道程がありますから……』黒姫『宜しう御座いませう』と碁盤形の門の戸を......つくりとやらうぢやありませぬか』『そりや黒姫さま、何を仰有る。冠島の金剛不壊の玉を腹......い』『ハイハイ、そんな事に呆けて居る様な黒姫と見えますかな。チト残酷ぢやありませぬか......絶つて貰ひませう』『アヽ絶つてあげよう。黒姫の肉体を此処に置いて、サツサと帰りなさい......肉体を此処に置いて、サツサと帰りなさい。黒姫はソンナ馬鹿な事を云ふ身霊ぢやなからう』......守護神(精霊)が言ふのぢやありませぬよ。黒姫の本人が申すのです。何程神直日大直日に見... 55
56 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第2章 夢の懸橋〔676〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...磐樟船に乗り、勢よく聖地を出発した高姫、黒姫は殆ど三ケ月を経るも何の消息もない。言依......地正真を見せてやつたのであるぞよ。高姫や黒姫を見て改心なされよ。結構な二本の足を神界......山の鬼神を  征服せむと出で行きし 高姫黒姫両人を  助けにや山家の肥後の橋 膝の栗... 56
57 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第1篇 千辛万苦 第3章 月休殿〔677〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...余程修業をして参らねばなりませぬ。高姫、黒姫の宣伝使は、不覚にも飛行船に乗つて只一息... 57
58 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第2篇 是生滅法 第6章 小杉の森〔680〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/黒姫=2 ...みむと三五の  道の教の宣伝使 鼻も高姫黒姫が  天の岩樟船に乗り 意気昇天の勢で ......る。汝等は鷹依姫に散々脂を搾られ、高姫、黒姫の様に岩窟の中へ閉ぢ込められて、木乃伊に... 58
59 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第3篇 男女共権 第12章 奇の女〔686〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...霊幸倍ましまして  三五教の宣伝使 高姫黒姫両人を  救ひ出させ給へかし 野立の彦や... 59
60 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第15章 化地蔵〔689〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...け和し救はむと 三五教に名も高き  高姫黒姫両人は 鳥の岩樟船に乗り  意気揚々と中... 60
61 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第17章 酒の息〔691〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 5 件/黒姫=5 ...が、肝腎の紫の玉は高姫に呑んでしまはれ、黒姫と高姫は中々豪のものだから、針の穴からで......まに背負つて来たのよ。お父さまは今高姫、黒姫さまを引張りだし、鷹依姫とかいふお婆アさ......出て行け。今に三五教の宣伝使が見えたら、黒姫、高姫をあんな処へ突込んで於ては申訳がな......見張りをして居れ。俺は奥へ行つて、高姫、黒姫お二人さまにお願ひ申して、岩戸から出て貰......する方が後の利益だ』と言ひ捨てて、高姫、黒姫を閉ぢ込めた岩窟の前に周章しく駆り行く。... 61
62 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 第4篇 反復無常 第18章 解決〔692〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/黒姫=9 ...シ私はテーリスタンで御座います。高姫様、黒姫様、御機嫌は如何で御座いますか』『お前は......だから、そんなお追従を云ふのだらう。なア黒姫さま、抜目のない男ぢやありませぬか』『イ......石室に入れた積りか知らぬが、高姫大明神、黒姫大明神の結構な御扉ぢやぞエ、何と心得て居......ヽ有り難う、サア、高姫さま出ませうか』『黒姫さま、何を云ひなさる、お前さまは呆けて居......い事は無い事は無い事は無いのだ。サアサア黒姫さま、お前さまから先に出なさい。大分此間......にお示しになつて居るぢやありませぬか』『黒姫さまは暫く沈黙して居なさい。言葉尻を捉ま......嫁するのかい。私がそつと隠して高姫さまや黒姫さまに進上しようと思へば、隼のやうな目で......ら、どうしてあれだけ憎んで居た高姫さまや黒姫さまに、飲食物を差上げる筈があらうかい』... 62
63 霊界物語 第21巻 如意宝珠 申の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...照り徹らへり〈第17章(再)〉人皆の心の色黒姫や    鼻高姫の猛び忌々しき〈第18章〉... 63
64 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第1章 玉騒疑〔693〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 23 件/黒姫=23 ...ながら 心にかかる黒雲の  晴るる隙なき黒姫が 言依別命より  言ひつけられて人知れ......る二人の男、松の根元に立寄りて、甲『ヤア黒姫さまの様子が怪しいと思うて跟いて来たが、......つた黄金の玉を、言依別命から信任を得て、黒姫が隠して置きよつたのだなア』乙『併し......黒姫さまは蓋を開けるが早いか吃驚して尻餅を搗......たのぢやあるまいかな。そんな事だつたら、黒姫もサツパリ駄目だがなア』『あんまりの玉の......じない位だから………』『イヤどうも怪しい黒姫の姿、影が薄い様だ。一つそつと尋ねて見よ......処に履物が一足脱いである。こりやてつきり黒姫さまのだ。ヤア大変だ、カーリンス、貴様は......た池に、赤裸となつて飛び込み、水を潜つて黒姫を引抱へ、漸くにして救ひあげた。黒姫は最... 64
65 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第2章 探り合ひ〔694〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 18 件/黒姫=18 ...託されし、黄金の玉の行方をば、見失ひたる黒姫は、テーリスタンやカーリンス、二人の男に......く涙、声を絞つて弁解すれど、容易に晴れぬ黒姫の、胸に心を悩ませつ、互に顔を見合せて、......腕を組み、差俯向いて黙然たるぞ憐らしき。黒姫『人間は神様の生宮だから、何処までも正直......直は此世の宝だ。なア、カーリンス』『モシ黒姫様、知らぬことを知つたやうに云つたら、そ......云つて第一吾々を日頃から大切にして下さる黒姫様の御難儀になるのだから、あゝして厳しう......厳しう執拗くお訊ねなさるのも仕方がない。黒姫様のお立場になれば無理もないよ。ぢやと云......蒙つて参拝をして来うかい』『オーそうだ、黒姫様、ゆつくり心を落着けて吾々の無実を御考......来ませぬよ。此の話の解決がつくまで参拝は黒姫が許しませぬ。そんな盗人根性で神様へ詣つ... 65
66 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第3章 不知火〔695〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 32 件/黒姫=32 ... 黒姫は錦の宮の朝参を済ませ、帰途竜国別の家に......に入り鷹依姫と、ひそひそ話を始めかけた。黒姫『鷹依姫さま、世の中に宝と云うたら何が一......が御座いませう。何とお隠しなさつても、此黒姫の目でちやんと睨んだら外れつこはありませ......依姫は呆れ果て、茫然として顔を真蒼にし、黒姫を凝視めて居る。『悪事千里と云うて、悪い......な顔をして居つて、貴女も敏腕家ぢやなア。黒姫も其腕前には感心致しましたよ。ホヽヽヽヽ......大変の難題を蒙つて居ります』と手を合す。黒姫は声を尖らして、『鷹依姫さま、馬鹿な真似......馬鹿な真似をなさいますな。そんな嘘を喰ふ黒姫とは、ヘン、些と種が違ひますぞや』『......黒姫さま、そりや貴女本気で仰有るのですか。夢... 66
67 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第1篇 暗雲低迷 第4章 玉探志〔696〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 15 件/黒姫=15 ... 言依別命に従ひて黒姫、鷹依姫、竜国別、テーリスタン、カーリン......頭にピタリと出会した。高姫『これはこれは黒姫さま、鷹依姫さま、その他御一同、一寸高姫......事が御座います』 意味あり気な此の言葉に黒姫はハツと胸を刺される心地がした。されど、......葉尻を残して忙しさうに参拝道に進み行く。黒姫は胸に一物、思案に暮れながら高姫の宅に立......一同打揃ひ待つて居た。テーリスタン『モシ黒姫さま、高姫さまの顔色が変つて居ましたな。......さまの耳へ這入つたのぢやありますまいか』黒姫『サア、何だか何時もに変る気色だつた、困......立つ。『ハイ』と答へて両人は奥へ通つた。黒姫『高姫様、えらう早う御座いましたな』高姫......居れますなア』テーリスタン『もし高姫様、黒姫様が悪いのぢや御座いませぬ。私とカーリン... 67
68 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第5章 壇の浦〔697〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 17 件/黒姫=17 ...、神徳日に日にあがりつつあつた。端なくも黒姫が保管せる黄金の玉の何者にか奪取され、......黒姫は責任を帯びて、夜窃に鷹依姫、竜国別、テ......の機運到来疑なしと喜ぶ折しも、不注意なる黒姫がために、大切なる黄金の玉を紛失致しまし......と協議を凝らして居るのですが、何分肝腎の黒姫様の行方が分らないので、如何してよいのか......来ない。承はれば貴方は専横にも、独断的に黒姫以下四人を放逐されたと云ふ事だが、そりや......れが如何して黙つてをれますか。又あなたが黒姫以下を勝手に処置する権能は何処にあります......。確り確り』などと野次る者がある。高姫『黒姫さまを決して逐出したのではない。妾が道理......し責任のある所を明かに示したのだ。そこで黒姫さまは自発的に尻をからげて玉の探索に行か... 68
69 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第6章 見舞客〔698〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...う種々の噂で御座います。高姫さまが独断で黒姫さまを追ひ出し遊ばしたが、人を呪はば穴二... 69
70 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第7章 囈語〔699〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...系統の高姫が、一つ腰を入れねばなるまいと黒姫を説き諭し、青彦や魔我彦に言ひ聞かして、......を致さうと思ひ、日の出神の生宮が現はれ、黒姫には竜宮の乙姫様が引添うて、御守護遊ばす......て見ようと、心の底で思つて居つた。それ故黒姫に黄金の玉の御守をさして置いたのに、彼奴......しよう、斯うしようと気が気でならず、到頭黒姫を鞭撻つて玉探しに出したが、これでは雲を... 70
71 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第2篇 心猿意馬 第8章 鬼の解脱〔700〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 14 件/黒姫=14 ...声に驚いて萱原に目を注げば、豈図らむや、黒姫、鷹依姫、竜国別、テーリスタン、カーリン......カーリンスの五人連れである。高姫『これ、黒姫さま、黄金の玉は如何なつた。お前達は五人......に、斯んな所で何愚図々々して居るのだい』黒姫『妾は貴方に無体な事を言はれ、それが残念......両方から叩き潰して呉れむと打つてかかる。黒姫、鷹依姫は肩を揺り腮をしやくり、小気味よ......る。高姫は薄の中から怖々五人の姿を見れば黒姫、鷹依姫、竜国別、テーリスタン、カーリン......くなつて慄へて居る。鬼『あゝ俺も生存中は黒姫と言つて色が黒い黒いと言はれた者だが、斯......言葉に、高姫はヤツと安心し、『あゝお前は黒姫であつたか、何卒妾を助けて下さい』『承知......一遍に踏み躙つて了つてやる。それにしても黒姫の赤鬼、此池に身を投げて死んだのであらう... 71
72 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第3篇 黄金化神 第9章 清泉〔701〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...伏の  山の岩戸を何時しかに 開きて茲に黒姫や  胸の動悸も高姫が 玉失ひし苦しさに... 72
73 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 第5篇 神界経綸 第20章 三の魂〔712〕 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...は聖地にあつて錦の宮に仕へつつありしが、黒姫のあとを追うて海外に渡り、真正の日の出神... 73
74 霊界物語 第22巻 如意宝珠 酉の巻 余白歌 余白歌 出口王仁三郎 1922刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...(再)〉黄金の玉の在処を探らむと    黒姫大海原を渡るも〈第4章〉昨日まで人の事よ... 74
75 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第2章 副守囁〔714〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...の玉を隠した張本人は言依別命だ。可愛相に黒姫さまや、竜国別、鷹依姫其他の連中は、玉探... 75
76 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第1篇 南海の山 第4章 長高説〔716〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 3 件/黒姫=3 ...言ふ事は、少しく横暴ではありますまいか。黒姫様、鷹依姫様、竜国別様、テーリスタン、カ......。系統の生宮、日の出神が命令をなさつて、黒姫以下を海外諸国へ玉探しにお遣り遊ばしたの......はおうつりに成りませぬ。全く高姫さまや、黒姫さまの生霊が憑りましてな』 聴衆は手を拍... 76
77 霊界物語 第23巻 如意宝珠 戌の巻 第4篇 混線状態 第15章 婆と婆〔727〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...ら此玉の行衛が分るであらうか。但は熱心な黒姫が最早手に入れて居るのではあるまいか、サ... 77
78 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第1篇 流転の涙 第4章 一島の女王〔734〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 2 件/黒姫=2 ...ても聖地に帰り高姫様に会はす顔がない。此黒姫は夫高山彦と共にブランジー、クロンバーと......る折しもブランジーは此場に現はれ、『ヤア黒姫、早く館へ帰らうぢやないか。黄竜姫様の御... 78
79 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第5章 蘇鉄の森〔735〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...と共に南洋に渡り、竜宮の一つ島に到りて、黒姫を救へ。ゆめゆめ疑ふな』と云ひ棄てて馬首... 79
80 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第2篇 南洋探島 第6章 アンボイナ島〔736〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...て聞かすと申すのは此事であるぞよ。クヽヽ黒姫と腹を合せ、変性男子の系統を真向に振り翳... 80
81 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第10章 土人の歓迎〔740〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/黒姫=6 ...はクロンバーに向ひ、『ヤア貴女は三五教の黒姫さまでは御座いませぬか、妾は初稚で厶いま......しよし、世界に鬼は無い。改心さへ出来れば黒姫が助けて上げよう。窮鳥懐に入れば猟師も之......節……ハイ、……お初……ハイ……と云うて黒姫に絶対服従をなさるのが身の為めぢやぞエ。...... 高姫は悄々として、漸く玄関に現れ来り、黒姫の姿を見るより、矢庭に飛び込み獅噛みつき......、矢庭に飛び込み獅噛みつき、『アヽ貴女は黒姫様、お久しう御座います』 また......黒姫は、『アヽ貴女は高姫様、会ひたかつた、懐... 81
82 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第3篇 危機一髪 第12章 暴風一過〔742〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 13 件/黒姫=13 ... 高姫は高山彦、黒姫に誘はれ、広大なる宰相室に導かれ、懐旧談......だ一つも玉の所在は妾は分らないのです』 黒姫は眉を逆立て、『不届き至極の言依別にお節......あるまい。モウ玉の事は断念して貰ひたい。黒姫の玉詮索には私もモウウンザリしたよ。間が......男女の一同召捕つて此場へ連れ来れよ』との黒姫の下知に隣室に控へ居たる七八人の下男は、......名、又此クロンバーと申すは私の妻、本名は黒姫と申すもの、何卒御見知り置かれまして御引......願ひ奉りまする』『コレハコレハ高山彦様、黒姫様とやら、予て高姫さまより承はつて居りま......、誠の者は一寸やそつとに分りますまい。此黒姫さまだとて、黄竜姫の幕下に神妙に仕へて御......ひを致す大天狗の身魂、何と云つても高姫、黒姫の二人が居らねば、神国成就は……ヘン致し... 82
83 霊界物語 第24巻 如意宝珠 亥の巻 第4篇 蛮地宣伝 第13章 治安内教〔743〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...に舌を巻き 天狗の鼻の高姫は  高山彦や黒姫と 諜し合せて玉能姫  初稚姫や玉治の ... 83
84 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第1篇 相縁奇縁 第3章 鶍の恋〔749〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 1 件/黒姫=1 ...る高山彦様がブランジーの職に就かせ給ひ、黒姫様はクロンバーのお役を遊ばし、夫婦息を合... 84
85 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第17章 森の囁〔763〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 24 件/黒姫=24 ...の所在を探らむと艱難辛苦を冒して立向うた黒姫は、夫高山彦と共に、一つ島の酋長格となり......はれ来り、土人の崇敬殊に甚しく、高山彦、黒姫も之を排斥するの余地なきを悟り、抜目なき......又何人にか宝玉の所在を探られむと、高姫、黒姫、高山彦は、日頃手撫づけ置きたるアール(......出でた時、鷹姫とか、鳶姫とか、烏姫とか、黒姫とか云ふ奴がキツと此館へゴテゴテ言うて来......、又お前さまに隠さしたら、チツトは高姫、黒姫の病気も癒るだらうと、国依別さまが笑ひ半......が笑ひ半分に言つてましたよ。アハヽヽヽ』黒姫『あの三つの御宝を、言依別が又埋けなほす......末代の御神業に仕へませう。其代り此高姫、黒姫の御用を聞けば、立派な御出世が出来まする......分計り聴き取り、『コリヤ門番の古狸奴が、黒姫さまはお前にチヨロまかされても、世界の大... 85
86 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第18章 玉の所在〔764〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 25 件/黒姫=25 ... 高姫の言葉に従ひ、黒姫、高山彦、アール、エースは一生懸命汗みど......玉の所在を白状させようぢやありませぬか』黒姫『そりや、至極結構でせう』駒彦『もしもし......極結構でせう』駒彦『もしもし、高姫さま、黒姫さま、何卒御心配下さいますな。彼奴ア、あ......さいませ。天下国家の一大事、決して高姫や黒姫の私有物に致すのでは御座いませぬ。惟神霊......ふ事、それが真実ならば、今度こそは高姫、黒姫、高山彦の三人にお渡し下さい。一、二、三......ヽヽヽ再度山の大天狗であるぞよ。高山彦や黒姫の心事を憐み、聖地の神には済まぬなれども......やチツと量見が違ひはしませぬか。高山彦や黒姫に知らして此高姫に知らさぬと言ふのは、そ......てるのなら小さい声でソツと言つて下さい。黒姫や高山彦は、言はばお添物だから如何でも宜... 86
87 霊界物語 第25巻 海洋万里 子の巻 第5篇 千里彷徨 第19章 竹生島〔765〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 6 件/黒姫=6 ...魂を  抜かれて胸もどきどきと 浪高姫や黒姫が  高山彦と諸共に 高山低山野の末や ......ふもとなる 生田の森に着きにける  高姫黒姫始めとし 高山彦は黒ン坊の  アール、エ......に体が変になり 慄ひ出したる折もあれ  黒姫さまの霊が来て 重い体を自由自在  婆さ......柄に  然らば御免と云ひ捨てて 高山彦や黒姫を  伴ひ一間に座を占める 国依別や秋彦......を窺へば 真面目な顔で高姫や  高山彦や黒姫が 押問答のいがみ合ひ  吹き出す許り思......国の竹生島  瑞の御魂の聖場へ 高山彦も黒姫も  やつて仕舞うた御手際に 駒彦胸を撫... 87
88 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第2章 真心の花(一)〔767〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 5 件/黒姫=5 ...む為の御経綸 深き心を白浪の  高姫司や黒姫が 玉の在処を探らむと  現界幽界の瀬戸......嬉しさを  吾等一人の物とせず 高姫司や黒姫の  神の使の御前に 此喜びをかき分けて......従ひし 其嬉しさは如何ばかり  高山彦や黒姫も 心を尽し身を尽し  三五教の御教に ......の高姫が  地恩の城に来りまし 高山彦や黒姫を  密かに誘ひ一つ島 後に見棄てて波の......教に仕へたる  神の司の高姫や 高山彦や黒姫や  竜国別や鷹依姫の 貴の命と諸共に ... 88
89 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第1篇 伊都宝珠 第3章 真心の花(二)〔768〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...割拠せる  岩窟の中に立ち入りて 高姫、黒姫両人を  救ひ出して鷹依の 姫の命は忽ち......つ竜宮島  到りて見れば高姫は 高山彦や黒姫と  暗に紛れて逸早く 後白浪となり果て......に日を送る 心の中の浅間しさ  高山彦や黒姫に 政務教務を打ち任せ  ブランジー、ク......私なさず三五の 教司の高姫や  高山彦や黒姫の 神の司も諸共に  空前絶後の此度の ... 89
90 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第3篇 神都の秋 第10章 船歌〔775〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 4 件/黒姫=4 ...の岩窟に 一同漸く廻り会ひ  高姫さまや黒姫を 救ひ出して鷹依の  姫の命を三五の ......自称せる 高姫さまを始めとし  高山彦や黒姫の 神の司に夕間暮  来訪されて奥の間に......高と  早速の頓智が仇となり 高姫さまや黒姫に  真の天狗と誤られ 玉の在処を知らせ......しさよ さはさりながら高姫や  高山彦や黒姫の 三つの身魂は嘸やさぞ  案に相違の力... 90
91 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第3篇 神都の秋 第11章 言の波〔776〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 10 件/黒姫=10 ...に受けて  高姫さまを始めとし 高山彦や黒姫は  時を移さず進み行く あゝ惟神々々 ......き口調を以てうなり出した。『ウラナイ教の黒姫に  愛想をつかして三五の 誠の道に救は......奉る信徒の 沢ある中に高姫や  高山彦や黒姫が 妬みの焔消えやらず  心焦ちて西東 ......来まで  ○○○にして置かう 高姫さまや黒姫が  心を焦ちて遠近と 三つの宝珠の在処......れど高姫は 日の出神を楯にとり  続いて黒姫竜宮の 乙姫さまを標榜し  三つの宝珠は......利かぬ  私が言依別ならば 今度は高姫、黒姫に  一つ手柄を指してやる さうすりや高...... 一つ手柄を指してやる さうすりや高姫、黒姫も  手の舞ひ足の踏む所 知らずに顔の紐......つた。『魔窟ケ原に現れし  ウラナイ教の黒姫が 幕下となつて日に夜に  口汚くも使は... 91
92 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第4篇 波瀾重畳 第13章 三つ巴〔778〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 15 件/黒姫=15 ...に尖らせて 松雲閣の中の間で  鼻高姫や黒姫が 御玉探しの大騒ぎ  神素盞嗚大神が ......に玉抜かれ 流石剛気の高姫も  胸轟かし黒姫や 高山彦を伴ひて  潮の八百路の八潮路......杵島姫を祀りたる社を指して漕ぎつけた。 黒姫、高山彦も期せずして闇夜の悲しさ、同じ竹...... 大きな顔で受け取らう  それにつけても黒姫や 高山彦は今何処  黄金の玉や紫の 宝......砂混りの土を掻き上げて居る。    ○ 黒姫心に思ふやう  再度山の大天狗 国依別の......し  此処に匿して置きながら 高姫さまや黒姫の  昼夜不断の活動に 肝を潰して狼狽し......ない あの熱心な探しやう  如何に剛気な黒姫も 呆れて物が云はれない  宝探しの神業......鎮まりいます肉の宮  千騎一騎の此場合 黒姫中々承知せぬ  仮令地獄の底までも 掘つ... 92
93 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第4篇 波瀾重畳 第14章 大変歌〔779〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/黒姫=16 ...に来る愚さよ  鼻高姫や村肝の 心の暗の黒姫や  頭の光る福禄寿面 揃ひも揃うた大馬......け  先に来たのは高姫ぢや 次に出て来た黒姫が  言依別の遣はせし 玉掘神と誤解して......ントコドツコイ高姫さま ヤツトコドツコイ黒姫さま  高山彦の福禄寿さま そんならお暇......最中に亀彦が  俄に女神の作り声 高姫、黒姫、高山彦の  福禄寿頭の三人と 図星を指......姫は  ハツと驚き立上り よくよく見れば黒姫や  高山彦の二人連れ アヽ残念や口惜し......り若い奴輩に 馬鹿にしられて口惜しい  黒姫さまもこれからは チツとしつかりするがよ......彦も余りぢや 朝から晩までニヤニヤと  黒姫さまの面計り 眺めて居るからこんな事  ......しませよ。と、流石の高姫も焼糞になつて、黒姫、高山彦に八当りの歌をうたひ、胸の焔を消... 93
94 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第4篇 波瀾重畳 第15章 諭詩の歌〔780〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/黒姫=11 ... 高姫、黒姫両人は  高山彦と諸共に 神の社を伏し拝......りて鎮まれる 我は木花姫神  汝は高姫、黒姫か 高山彦よよつく聞け  神が表に現はれ......りきりて  彷徨ひ廻る憐れさよ 汝高姫、黒姫よ  高山彦よ今よりは 生れ赤子の魂に ......さはなかなかに 見るも憐れな次第なり  黒姫さまよ高山彦の 長い頭の福禄寿さま  こ......て 腰を抜かしちやならないよ  心の弱い黒姫や 高山彦の友舟は  なんだかちつとも気......弱音を吹いて高姫の  心を曇らす弱い人 黒姫さまも是からは  ヘイヘイハイハイ何事も......より高い高姫の 言葉の花に如くはない  黒姫さまよ高山の 峰に咲いたる松の花  手折......な 気分が致して頼りない  頼りに思うた黒姫や 高山彦の弱腰に  妾も一寸泡吹いた ... 94
95 霊界物語 第26巻 海洋万里 丑の巻 第4篇 波瀾重畳 第17章 帰り路〔782〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 11 件/黒姫=11 ... 山の天狗の囈言に 心を焦ちて高姫が  黒姫、高山彦を伴れ 思ひ思ひに竹生島  古き......を横切りて  大津の浜に安着し 高山彦や黒姫の  魂ぬけ男女と諸共に アール、エール...... 烏の奴まで笑ひやがる  これもヤツパリ黒姫が 気が利き過ぎて間がぬけた  神策実行......素通り出来はせぬ これも神業の一端だ  黒姫さまはどう思ふ 高山彦の福禄寿さま  御......パリと 意見をお吐きなされませ  言へば黒姫肯いて 実に尤もぢや尤もぢや  高姫さま......んで行かれたぞ それに就いても高姫や  黒姫さまや高山彦の 長い福禄寿の神司  三つ......にて鳧がつき  アフンとするのは高姫や 黒姫さまぢやと云ふ事だ  お前は誰かは知らね......  上を下へと立ちさわぎ 勇むはヤツパリ黒姫の  身魂の御蔭である程に 日の出神は神... 95
96 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第1篇 聖地の秋 第1章 高姫館〔783〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 36 件/黒姫=36 ...時もあれ  門を開いて入り来る 高山彦や黒姫の  姿眺めて下男 勝公安公両人は  竜......入来と いと丁寧に腰屈め  敬意を表せば黒姫は 高姫様は在宅か  高山彦の夫婦連れ ......み下さんせ 以ての外の御機嫌と  話せば黒姫羽撃きし 高山彦も教服の  塵打払ひ悠々......角張つて、高姫『コレハコレハ高山彦さまに黒姫さま、お仲の良いこと。独身者の高姫の前に......脱線ぢやないかとの意味を仄かして居る。 黒姫の顔はサツと変り、高山彦の袂をチヨイチヨ......りと云ふ意味を私かに示した。高山彦『コレ黒姫、お前は何時も人の袂をチヨイチヨイ引張る......仕方で以心伝心の使分けは嫌ひだからなア』黒姫『エー気の利かぬ……瓢六爺だなア。高姫さ......高山彦も高姫様の御精神に、大賛成です』 黒姫目に角を立て、少しく口角より泡を滲ませ乍... 96
97 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第1篇 聖地の秋 第2章 清潔法〔784〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 9 件/黒姫=9 ...なされませ 奥の一間に高姫や  高山彦や黒姫が 夏彦、常彦前に置き  秘密の話をして...... 捲土重来するがよい 七尺男が高姫や  黒姫さまに凹まされ 泡を吹くのも見ともない ......日の出神が御座るぞや  竜宮海の乙姫も 黒姫さまを機関とし  天狗の身魂も引き添うて......だ そんなら今日は帰ります  高姫さまや黒姫に 友彦さまがやつて来て  秘密の話があ......ました 万一明日来たなれば  高姫さまも黒姫も 高山彦も安公も  𧘕𧘔姿でお出迎ひ......塵に潰滅し 水は一度に飛び散つて  高姫黒姫其外の 居間の障子に打つ突かる  高姫驚......をば 眺める途端に安公は  『お前は高姫黒姫か 長らくお世話になりました  お前のや......と、碌な事は一つも出来はしない。……なア黒姫さま、確りしないと貴方も何時悪神に憑依せ... 97
98 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第1篇 聖地の秋 第3章 魚水心〔785〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 16 件/黒姫=16 ... 高姫、黒姫、高山彦、夏彦、常彦の五人は、四方山の話......てあるだらうな。竜宮の乙姫さまの肉の宮、黒姫さまが此処に御座るのだから、謂はば......黒姫さまが二三年も竜宮の島に渡つて御仕組をし......たのだ。それも此の高姫が神様の御都合で、黒姫さまを聖地から追出したのが矢張御用になつ......身魂は退散して居るに違ひないから、高姫、黒姫が待ちかねてゐるから一遍御出でなさいと云......の言ふ通り従いてくれば好いのだ。……ナア黒姫さま、さうぢやありませぬか』......黒姫『左様々々、貴方の仰有る通り一分一厘毛筋......杢助さまの方では何卒一日も早く高姫さまや黒姫が改心さへしてくれれば何も云ふ事はないが... 98
99 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第4章 教主殿〔786〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 31 件/黒姫=31 ...り慇懃に 笑顔を作り腰屈め  高姫さまか黒姫か 高山彦の神司  ようこそお入来下さつ......は皆さまお待兼ね 奥へ案内願ひませう  黒姫さまや高山彦の 神の司のお二方  サアサ......の司のお二方  サアサア共に参りませう 黒姫夫婦は黙々と  ものをも言はず足摺りし ......で御座いますから、アハヽヽヽ』高姫『コレ黒姫さま、高山彦さま、お前さまは借つて来た狆......の目的……否神業が完全に勤まりますまい』黒姫『あまり貴女の……とつかけ引つかけ、流暢......に実が入つて気がつきませなんだ。そんなら黒姫さま、発言権を貴女にお渡し致します』......黒姫『ハイ有難う御座います。私としては別にこ......、竜宮の乙姫様即ち玉依姫様の肉のお宮は、黒姫だと云ふことを心の底より御了解願ひたいの... 99
100 霊界物語 第27巻 海洋万里 寅の巻 第2篇 千差万別 第5章 玉調べ〔787〕 出口王仁三郎 1923刊 DB
RMN
全 24 件/黒姫=24 ...た。群集を分けて意気揚々と登り来る高姫、黒姫、高山彦の三人は、今日玉調べの神務奉仕の......主管なされて居られましたが、今日、高姫、黒姫のお取調を願ひ、信者一同に拝観をさせよと......、夫を受取り且つ調べるお役は特に此高姫、黒姫両人が致すべきもので御座います。依つて只......を函から出して調べる事と致しませう。……黒姫さま、御苦労ながら一寸これへお越し下さい......。高姫は眉を顰め光線にすかし見て「高姫、黒姫の身魂は此通り、改心致さねば元の黄金色の......んな玉になつちやつたのだらう、いやな事』黒姫『それだから瑞の御霊は憑り易いと言ふのだ......つたが、これは五の御玉ぢやありませぬか』黒姫『何れも憑り易い身魂だ』玉治別『そんなら......お騒ぎなさるな。今日の玉調べは高姫さま、黒姫さまの身魂調べも同様ですから、決してテー... 100
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki