王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 2080 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
2001 座談会   出口王仁三郎氏を囲む神霊座談会(三)   1932刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...おして知るべきだ』【比村】 『この間、北道の雑誌を見たら、お神酒の香を嗅いでも修......もない』【神本】 『この間、青木中尉が上から帰って来て、日本でもフーチなんかで出......竜、壁虎は屋竜、川の竜は鯉、地の竜は馬、の竜は鯨。それで竜を描くとあんな顔してい... 2001
2002 座談会   出口王仁三郎氏に挙国更生を聞く 第一回   1933刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...成瀬言彦、神本泰昭、芦田満、大崎勝夫、鴛正治、鈴木新太郎、村松なを速記者……井上......宗教、思想、経済、教育、法律、軍事(陸、、空)国防、衛生、或いは言語等、色々な方......運動もそういう小さい所にあると思う』【鴛】 『政治のところで御話を承りたいのです......人類愛の上から助けてやらねばならぬ』【鴛】 『近頃ギャングとか五・一五事件という... 2002
2003 座談会   出口王仁三郎氏に挙国更生を聞く 第二回   1933刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ...対しては国民の大多数は無関心であって、陸軍省がやっておればよいというような調子で......ツもない、極く浅い浅薄なものである』【鴛】 『欧州の諸国は亜細亜に対して色々借款......って来る事はない。あれは誠ではない』【鴛】 『日本は欧州人から悪く見られるのはや......の国防上から言っても必要な国である』【鴛】 『世界平和を招来する階段としても、ア......も米国も手が出せなくなって来る……』【鴛】 『もしアジア連盟というものが……』【......門があっても後門が塞げていないから』【鴛】 『アジアには非常に沢山の人種が色々に......国も寄って来る。アジアだけじゃない』【鴛】 『そうするとアジアを単位にするという......もみな従ってしまう、そうなれば……』【鴛】 『アジア連盟──アジアモンロー主義─... 2003
2004 座談会   神霊座談会 長沢雄楯・出口王仁三郎   1933刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...くり終えられるかと仰せられた。 この時、を照らして寄り来たる神があります。その神... 2004
2005 座談会   出口王仁三郎氏に物を訊く座談会   1933刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...本はまだなんぼでも、拓く余地がある。 北道なんか、二割より拓けておらん。あと八分... 2005
2006 暁の烏   (二)霊界物語発行の目的及び発行までの手数。 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ら、ある時は熱帯地方、ある時は寒国、またに山に野に川にと世界各地に活動さるるので... 2006
2007 暁の烏   (一)二代教主の御役 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...。これは、現代の北米なり。そうして我が北道は、その大陸の胞衣である。 次に竜世姫... 2007
2008 暁の烏   (四)ミロク御用開始の機運到来。聖師様若返りのこと。 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...師様の四国九州北陸行き、蒙古入りの快挙、外宣伝の実施、甲子の大本大改革より本年春... 2008
2009 暁の烏   (四)瑞月聖師の肉筆(書画)について 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...月十日号神の国(六十五号六十五頁)に、北道小樽名所、手宮岩洞の岩石に刻してある古... 2009
2010 暁の烏   (五)綾部及び亀岡における大本の新事業 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...大本博愛医院(天真医院と改称)の設立一、外宣伝会(......外宣伝課と改称、現天恩郷宣伝部)の設置一......最近独逸及び露西亜にも支部新設) その他外諸教団との提携等、種々なる新事実が引き... 2010
2011 暁の烏   第一〇章 官憲及び世間との関係 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...来たのを認められます。外人の来訪、ことに外各国(四十余ヶ国)との通信は、神の国、... 2011
2012 暁の烏   (四)合わせ鏡 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...はないぞよ。後は二代三代は申すに及ばず、潮(聖師様)どのがよほど骨が折れるから、......ておりて下されよ。これからは何につけても潮どのが御苦労であれど、この御用天晴勤め... 2012
2013 暁の烏   (五)官憲及び世間に対する心得 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の国第十四号十頁) 霊界物語第二十八巻、洋万里、卯の巻の跋文暗闇を参照すべしであ... 2013
2014 暁の烏   (八)身魂みがき。 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...願のあった当夜、信者を満載したる舟が金竜で転覆したことがありました(ある霊的関係... 2014
2015 暁の烏   附録索引 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...主体従の略   如=は如意宝珠の略   =は......洋万里の略   舎=は舎身活躍の略   ... 2015
2016 暁の烏   第一章 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...一九巻如、牛……六六一、玉照彦同、三二巻、未……二〇章瑞の言霊同、三三巻......、申……一八章神風清同、四七巻舎、戌……... 2016
2017 暁の烏   第二章 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 9 件/海=9 ...。総説同、二二巻如、酉……総説同、二七巻、寅……序文同、三六巻......、亥……序文同、三七巻舎、子……序文同、......、亥……霊の礎(一〇)(一一)同、三〇巻、巳……一〇章妖雲晴。一四章霊とパン同、......、二三巻如、戌……霊の礎(八)同、三〇巻、巳……附記湯ケ島温泉行(聖師精霊にての......島温泉行(聖師精霊にての散歩)同、三二巻、未……一三章平等愛(霊魂と肉体は相似、......。五二〇言霊の徳(言霊と武道)同、二七巻、寅……一三章竜の解脱(言霊と実球)同、......…一三章竜の解脱(言霊と実球)同、二九巻、辰……四章野辺の訓戒(執着心ある人の言......辺の訓戒(執着心ある人の言霊)同、三〇巻、巳……一〇章妖雲晴。一一章言霊の妙同、... 2017
2018 暁の烏   第八章 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...一七巻如、辰……六二二顕幽交通同、三〇巻、巳……附記湯ケ島温泉(聖師精霊にての散... 2018
2019 暁の烏   第一〇章 井上留五郎 1925刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...、四巻霊、卯……一八三至仁至愛同、三二巻、未……一三章平等愛(虫けらまでも助ける......直、宣直しをせよ。敵を悪むな物語、二八巻、卯……跋文暗闇(無抵抗主義について)同......、一三巻如、子……五二七言霊開同、三一巻、午……一章主一無適同、四三巻舎、午……... 2019
2020 道之大本   第1章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...百五十里、太陽との距離は三千八百四万里、王星との距離は十一億九千万里である。......王星は太陽系の最も遠きものである。......王星より他に存在する恒星に至りてはその距......る地球に八分間余りにして達するのである。王星の光線は十二億里の距離より地球に四時... 2020
2021 道之大本   第3章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...、甕腹満並べて山野のものは、甘菜辛菜、青の原のものは、鰭の広物、鰭の挟物、奥津藻... 2021
2022 道之大本   第19章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ひ奉り嘉ぎ奉るべし。二九、天地揺り動き、鳴り山裂け、川溢れ風荒み、たとへ火の雨降... 2022
2023 道之大本   第25章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...。今や我皇軍は彼の強大なる露国と戦ひて、に陸に連戦連勝しつつあるのもまたこの国民... 2023
2024 道之大本   第31章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...を旨とし、こせつかず焦らず洋々として心はの如く広く深かれ。また部下の正邪賢愚を推... 2024
2025 道之大本   第34章 出口瑞月 1927刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...一、木の葉の下露も流れ流れて末には遂に大の水となる。二、燐寸一本より磨り出したる... 2025
2026 二名日記   昭和3年5月6日 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...の周りに赤々と照る。芦屋駅南の方に瀬戸の波も静かによこたはる見ゆ。住吉の里かは知......づなを解く。光善と一等室に安座して月照るを渡る今日かな。高知市の新聞社記者船中に......船中に吾一行を訪ひ来りけり。船窓を開きての灯を見れば天橋の如伊渡りかがやく。満月......つかくれつ。 夜八時三十分甲板に立てば、風強く肌寒し。折から東の山を抜け出でしま......から東の山を抜け出でしまん丸き月かげに、面一時に明かくなり、波のうねりさへ面白く......え初めたり。甲板に立ち出で風に立ち居れば原明かして月は昇りぬ。右手の窓開きて見れ... 2026
2027 二名日記   5月7日 於高知市足立家 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ... 零時三十分船窓より面を見渡せば、月光を浴びて小さき島影の浮......名の島なるか知らず。何島か知らねど月照る原に浮べるさまのいとも床しき。珍らしき平......浮べるさまのいとも床しき。珍らしき平和のと船客の囁き乍ら煙草吸ふあり。朝の四時......原見れば室戸岬灯台......を照らしかがやく。二三隻右手の......面に漁りの小舟うかびて風波凪ぎたり。鳴球......川の清流を呑んで、永遠の神秘を語る土佐のいよいよ夏の心地ぞするなり。 数多の宣伝......の支部に講演会出席のため白嶺氏行く。鏡川潮よせつつ見る内に水深みけり夕暮の空。神... 2027
2028 二名日記   5月8日 於高知市唐人町東足立邸 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...なりて稍広き汽船の数々浮きて止まれり。大津見神の社の裏山は老樹茂りて風致いと佳し......つ。長曽我部城の跡なる島山は雨にけぶりて鳥高舞ふ。大空は細雨ふらし鳴球氏磯辺に太......千松苑森の繁みにふる雨の緑新らし浦戸の入。瑞みたま漕ぎ行く船の......の面に雨の水玉かがやく今日かな。千羽鳥ね......の徒歌や言の葉に始めての人苦笑ひする。青原赤白の傘帆にあげて行き交ふ船の花に似し......も結びかねる神ぞや。誰が妹の船出を忌むか包む山けぶたげにぼけてありけり。吾妹子を... 2028
2029 二名日記   5月8日(追加) 於香長支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...へて喰ふ習慣いと珍らし。 置き所無き迄山川野の種々のうましもの横山の如く並べられ......種々のうましもの横山の如く並べられ、雨の辺に漕ぎ出づ。鏡川の川口に舟の行く頃、水......風致また中々の風景忘られがたし。鏡の如き面に半日の清遊は副守の為に大供養なりしな... 2029
2030 二名日記   5月9日 於香長支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 15 件/海=15 ...乍ら、四台の自動車に分乗して、約三十里の岸線を疾駆する事となつた。夜来の雨は快く......を待ち迎え居り。赤岡の町を過ぐれば土佐の始めて吾眼にかがやきにけり。貫之の昔を偲......須町通れば感慨の湧く。右手の方手祝遊覧地水浴名所はあれど浪の音のみ。夏されば......水浴場賑はむ春の此の頃肌寒きのみ。自動車......の此の頃肌寒きのみ。自動車は峠にかかりて洋の風光清く吾眼に躍る。常磐木の木陰に躑......て一時間にて住吉の浦にし着けば浪音高し。も空もけじめさへ無く煙る中にほのかに見ゆ......亡ぼせし八流山の古戦場行く。松林透かしての面見れば白浪高く風光妙なり。大山のあた......風光妙なり。大山のあたりに蓮華の雲立ちての景色の一入さえたり。安芸の町着きしは七... 2030
2031 二名日記   5月11日 於阿波徳島支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...一行着けば警察吏玄関先まで訪なひて行く。川や山野のうまし物ならべ昼飯なせり十三人... 2031
2032 二名日記   5月12日 於徳島分所 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...えて土佐の国に渡りませしと聞くぞ嬉しき。山を遠くへだてて土佐の国に渡らすきみの安... 2032
2033 二名日記   5月13日 於沖ノ洲支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...は太陽に照り映えて銀河の如く、二川の流、辺近く合するあたりの美はしさ、暫時吾を忘......場こそ開かれてあり。もう三町行けば鳴戸の岸と聞けど見に行く時は到らず。鳴戸鯛 鳴......は蓆五十枚連ぬるときく。例年になき此頃のの時化龍神吾を迎ふるならん。千年の苔生す... 2033
2034 二名日記   5月14日 於栲機支部(棚野支部改称) 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...の行く昭和の御代かな。白鶴の導きにより空の霊場開きし鶴林寺見ゆ。空......が修行の遺跡と伝へたる星の岩窟は右山にあ......  恐れ入り谷の鬼子母神仝       千山千河千年仝       四つ身の弁に... 2034
2035 二名日記   5月16日 於高松市新港町嶋中氏方 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 14 件/海=14 ...の長く曳く見ゆ。頂上に登りて見れば瀬戸の波の光りの美はしく見ゆ。徳島と香川県との......香川県との境まで来りて見れば風光妙なり。原を見下ろす刹那の楽しさよ沖の島山波に浮......車に乗りて降る愉快さ。九十九折坂下り詰め辺をつたひて大川橋に乗り入る。引田橋渡れ......川橋に乗り入る。引田橋渡れば山に包まれて辺の景色見えずなりけり。塩屋橋渡れば左右......石清水の宮木の間に光る。老松の林すかしての面に白帆の影の見ゆる凉しさ。斎庭を塞ぎ......山雲間に高く雄姿現はす。弁天橋渡れば近き上に弁天島の清く浮く見ゆ。謡曲に名を知ら......見ゆ。謡曲に名を知られたる志度寺を通れば士の偲ばるるかな。五剣山雲の彼方に三剣を......りし片原の町を通れば城趾眼に入る。高松港岸通り島中氏事務所に一同安く来にけり。県... 2035
2036 二名日記   5月17日 於高松市嶋中家 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ... 新湊町岸通りなる島中分所長宅に昨夜一行五人落着......足音聞きて池の鯉群がり来り餌を求むる。東道五十三次移したる此の公園ぞ天下の勝なる......たり二時間にして帰途につきたり。午前七時風強く吹き起り浪音高く鳴り響きけり。浪の......の鴨の影さへも見ぬぞ淋しき心地しぬ。 東道五十三次を移写して造りしと伝ふ栗林公園... 2036
2037 二名日記   5月19日 於高松市紫雲閣 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 16 件/海=16 ...一人の相客も無く、船中は実に水入らずの航にして安全此の上なく、縮緬皺の如うな平静......此の上なく、縮緬皺の如うな平静なる瀬戸の原に散在せる島々の風光殊に珍らしく、左手......に散在せる島々の風光殊に珍らしく、左手の面には大槌 小槌 豊島 女木島 男木島な......剣山雲に抜き出で玉藻城清く浮べる瀬戸の内。風光の清き......原渡りつつ独り家守る妹思ふかな。......の面に浮べる玉藻の城の影龍宮館の偲ばるる......る玉藻の城の影龍宮館の偲ばるるかな。瀬戸の妙なる景色吾ひとり見るにつけても汝思ふ......島影は数限りなく水の面に浮びて清き瀬戸のかな。男木の島灯台白く見え初めて小豆の島... 2037
2038 二名日記   5月20日 於高松市紫雲閣 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...たるかと思ふまで緑に包む初夏の山々。空もも山野も青くさえ渡る夏の世界の美はしきか......の空の五月暗なきつつ渡る時鳥かな。瀬戸のい渡り行けば美しき家守る汝の目におどるか......唇玉の声汝に逢ふたび胸はもえたつ。瀬戸の景色眺めて思ふかな妹とし見れば一入ならむ... 2038
2039 二名日記   5月21日 於新居浜支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ...比羅線の乗換地乗降客のさわがしきかな。空の生誕地なる......岸寺浜辺の松の林に建つ見ゆ。真帆片帆行き......山の上に琴弾八幡神社立つ見ゆ。このあたり岸に松並びたち公園開けて風光妙なり。古の......の安けく住める伊吹島見ゆ。豊浜駅松原遠み遠み大空おちて波に線曳く。箕浦駅窓より見......大空おちて波に線曳く。箕浦駅窓より見ればの面間近く見えて島々浮く見ゆ。汽車は今讃......けたる肌の色黒き見ゆ。川之江や三島の駅の中に桝形網の曳き廻しありき。伊予土居の駅......ンネル潜る間のいとも苦しき思ひせしかな。岸を馳せ行く汽車の窓開けて見れば大島横た... 2039
2040 二名日記   5月22日 於新居浜分所 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 26 件/海=26 ...ひ立出でにけり。何神の御魂なるにや白石のに浮べる姿尊き。窓開けて遠く浜辺を見渡せ......ふ讃岐に引替へて夜も蚊帳の要らぬ新居浜。の音かすかに聞えて庭木立梢揺すりて朝風冷......りて吾詠む歌を記し行く女の顔の白く輝く。国の馳走に飽きて香の物梅干なぞの欲しくな......国理屈斗りで治まらぬ国。荒風に浪立ち狂ふ原も底の心は静なりけり。日本魂醜の焰火に......漕ぎ出でにけり。平穏な波に五隻の船浮けて原行けば心清しき。住友の肥料会社の工場の......揺らつく。御代島を廻りて見れば常磐木の松水に映えて妙なり。烏賊漁る小舟......上に並びつつ網曳く状の面白きかな。波煙る......沖に浮べる四阪島見渡す限り赤土のみなる。の上靄一文字にたなびきて瀬戸内ながめ一入... 2040
2041 二名日記   5月23日 於新居浜分所 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...風夕さりて風力少しく弱りけるかな。山青くの面清き新居浜も風吹く今日は心落ちゐず。......ら石の浮きつ沈みつ浪に漂ふ。御代島や通ふ路に汐みちて届く由なき吾思ひかな。陽炎の......あまりくたぶれて敷島一本くゆらしにけり。山を遠く隔ててます君に夜な夜な通ふ吾恋ふ... 2041
2042 二名日記   5月24日 於今治市宮田茂光邸 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...て最とも静なり。別子銅山鉱石運輸の鉄路線岸さして布設せる見ゆ。中萩の駅の北方松の......渡る上下の土堤の並木の松ぞ美はし。山遠み遠みつつ吾汽車は壬生川駅に流れ入れたり。......の辺に翠も清く松並木立つ。麦の畠黄ばみての面見え初めつ三芳の駅に吾汽車は着きぬ。......左水色清き蛇の池日に映ゆ。白妙青松茂れる辺に厳かに綱敷天満宮の社の見ゆ。漆器にて... 2042
2043 二名日記   5月25日 於道後鮒屋旅館 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 19 件/海=19 ...る。松の岡二名の島に茂り合ひて天地きよみ精巳つつ。富田村郵便局長渡辺氏色紙に揮毫......原鬼仏の生地とぞ聞く。渦巻の激しき久留島峡は阿波の鳴門と並び名高し。宇知麿や栗原......公会堂の棟見ゆ。老松の茂れる瀬早の神社はに面して風光佳きかな。黄ばみたる麦田に立......陽に照る。並木松長く続きて龍神の社の森はの面に映ゆ。大井駅来たれば村瀬武男氏等車......大井八幡神社かがやく。大井駅西に過ぐればの面に松美はしき島嶼浮く見ゆ。小丘を残ら......狭きまで作れる里かな。雉の住む怪島の山は中にかすみの幕を引きて覗けり。風光の妙な......かすみの幕を引きて覗けり。風光の妙なる山誉め乍ら伊予亀岡の駅に入りけり。......岸の近くに烏帽子の如くなる臍島の景眺め妙... 2043
2044 二名日記   5月27日 於道後鮒屋 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...かな。草枕旅は良きもの辛きもの見知らぬ山朝夕辿りて。一株の躑躅より外に花の無き宿... 2044
2045 二名日記   5月28日 於二名洲支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...りて賽者も相当にありと聞く。伝え曰ふ、空上人は杖を衝き立てし穴より始めて湧き出で......こぼるる。石槌山東の空に聳えつつ伊予の山瞰下するかも。浮穴村高井に名高き杖の淵信......の底より湧く清水一目見るさへ心清しき。空の杖の先より湧きしとふ杖の淵底砂けぶり立... 2045
2046 二名日記   5月30日 於郡中支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ...れば、遠くかすめる伊予小富士の山姿正しく岸に立ち、左手には麻生山の琴平神社及び三......擁し 猶も蓄財に余念なかりしが或日夕暮空上人来たり門に立ちて托鉢を乞ふ。衛門三郎......人来たり門に立ちて托鉢を乞ふ。衛門三郎空の姿を見るや拳を固めて空......が手に持てる鉄鉢を叩き落したるに、鉄鉢は......たるに、鉄鉢はもろくも八つに裂けたり。空はそのまま何地へ行きしか姿見えず。三郎怪......し、先づ八人の児の塚を造りて埋め置き、空上人に謝罪して、未来の冥罰を免れんと四国......罰を免れんと四国地を数十回巡礼し、終に空に謁して其の罪を謝し、是より札所を造営し... 2046
2047 二名日記   5月31日 於大洲支部 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 23 件/海=23 ...、郡中町にて名高き五色の浜辺に遊ばんと、辺まで約百間斗りの街路を徒歩にて進む。浜......く、蛇の如く、蜈蚣の如く伸び栄え、西方の上には宝永年間大地震の為揺り沈められしと......正北の空には伊予の小富士釣島あり。新川の水浴場も余り遠からぬ地点に見えたり。中に......は只島の一部を遺せるのみと聞く。此近くの底には古器物数多沈没せりとて、大蛸の首を......古器物数多沈没せりとて、大蛸の首を縛りて底に入れ、種々の珍器をつかませ、盛んに探......せおきて、松の木蔭に蓆を敷き、一同と倶にの景色をながめつつ小宴を張る。白帆の来往......を張る。白帆の来往、蟹捕り船の数限りなく面に浮かびて風光一入妙なり。伝え曰ふ、こ......ぶが如くに快走す。珍らしき出口橋を渡れば岸に出づ。沖の彼方に青島一つ浮かべる外海... 2047
2048 二名日記   6月1日 於大洲佐賀家 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 15 件/海=15 ...三時間神戸分所に参拝し夕飯よばれ大前に航無事を祈りつつ法談しばし時満ちて汽笛の声......までハンカチ旗なぞ振りかざし月照る瀬戸の原を千思万考乗せながら無心の船は進み行く......がら無心の船は進み行く嗚呼惟神惟神今日の路の長閑さよ。   五雷声轟く波の上渦巻......えてまなこ醒ませば室戸岬二万燭光の灯台はの面を射照して往き来の船を守りけり太平洋......ふる物もなし東の空は白みつつ優しく聞ゆる鳥の声に漸く眼さむれば土佐の島影青々と緑......の清流勝浦川広き原野を区劃して渦の鳴門のに入るあたりの松原尾を長く曳きたる状ぞ奇......屋島山五剣の霊山雲表に鞘を払つて天を衝き風かをる高松の早くも市中につきにけり港に......を語るなり小豆ケ島の風光も殊更清き瀬戸の往き交ふ船の床しさよいよいよ伊予路にさし... 2048
2049 二名日記   6月3日 於第十五宇和嶋丸 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 22 件/海=22 ...り出しにけり。波の上おだやかにして左手のに青島 由利島遠く浮く見ゆ。山口県大島郡......まへる鹿島の山の姿の風致佳きかな。鏡如すのおもてに真帆片帆幾百となく静かに浮く見......を飲めば始めて人間心地せしかな。雨晴れての面明く陽は刺しぬ時しも午前十一時前。波......島かな。岡村島大下の島や肥島の緑は左手のに浮かべり。大山祇神を祭りし大三島山と対......一基建ちあり。東北の楫東南に転じけり来島峡間近くなりて。来島や馬島 大島 小島な......間近くなりて。来島や馬島 大島 小島なぞ峡擁して波間に浮かべり。島々の影うるはし......浮く瀬戸のながめは見飽かざりけり。来島の峡近み潮水の流れも急になりにけるかな。正......御代島深霧に包まれ眺めむ術もなきかな。内と思へぬ斗り南方の海広くして山々見えず。... 2049
2050 二名日記   6月4日 於神集殿 月の家(出口王仁三郎) 1928刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...晴れ渡る原渡り朝三時神戸の港に船つきにけり。朝ま......戸の港に船つきにけり。朝まだき靄の包める原を進めば肌に風冷えわたる。刻々に夜は明......へ総務等と綾の聖地に帰りけるかな。光月氏外渡航免状の件に関して東京に行く。久し振... 2050
2051 民謡 波の上   (無題) 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...姫さんの外にまだある瑞御魂○風はそよそよ原豊かいつも釣れ釣れ鯣烏賊... 2051
2052 民謡 波の上   壱岐 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ...○博多湾から原みれば波にかすめる壱岐の島○壱岐はよい......旅寝の枕夜半に淋しい虫の声○月の照る夜は路も光る風も凉しい夏の壱岐○意気な姿と国......る武富山の翠袖ふる神の松○壱岐の恋しさ玄灘の浪を渡りて来た私○壱岐の島根に宣伝す......宣伝すればいつも清しい神の風○君は今頃玄灘を越えて龍宮へ壱岐の島○人の恐がる玄......灘も君と行くなら楽しかろ○浪は高砂玄......灘の向ふに見ゆるは壱岐の島○君と別れて玄......灘の向ふに見ゆるは壱岐の島○君と別れて玄越せばかすむ涙の壱岐の島○壱岐はよいとこ... 2052
2053 民謡 波の上   月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...○壱岐の島出て原行けば釣瓶落しに日は沈む○対馬灘から西......原行けば釣瓶落しに日は沈む○対馬灘から西みれば波に夕日の猿辷り○沖に連なる灯影は......日の月○浪の皷に船端うたせ進む対馬の夜の○彼岸中日晴れたる......路行くも楽しい対馬潟○漁火は点々浪間に浮... 2053
2054 民謡 波の上   対馬 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...金石城趾見れば宗家が偲ばれる○主の心は浅潟の波にゆれてる岩躑躅○深い思ひは萬関瀬......みたがこんな景色はは三根の浦○主は対馬の月のお化朝から晩まで浮いてゐる○恋の上下......め狩生の私は生れ色は黒ても味がよい○対馬原船のり行けば浪のしぶきに虹がさす○流石......東は白む波路しづかな津島潟○波は静に鏡のを津島山から日が昇る○対馬天国神風吹いて......打ち出す玉手島○対馬良いとこ山に樹は茂りに豊富な背見鯨○対馬山から朝鮮みれば白帆......○対馬小さい国とはいへど波をせいてる日本○私や火々出見尊の由緒これが慕うて和田の... 2054
2055 民謡 波の上   帰航 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...対馬をあとに心残して帰り船○船は動き出す路はかすむ後に心を澳津島... 2055
2056 民謡 波の上   帰途……魚づくし 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1930刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...て角立つ貝しよなし○鱶い思ひは龍宮の島のの鮑よ片思ひ○一度龍宮の乙姫さんに鯖けた......へ鱒も君にはまぐり鯉のため○鯉はイナもの老腰さへも蛸になり鱒鮒々と○君は高峰の花......主は棒鱈じれつ鯛○烏賊に心は鯖けてゐても老腰は好くまいコチの人○鷲は対馬へ鷹鳶し... 2056
2057 民謡 月の都   花明山 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1931刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...眺めて暮す私や亀山花の苑秋の丹波の霧こむにポツと浮いてる法の城黄金色なす公孫樹の... 2057
2058 民謡 月の都   大島情緒 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1931刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...覗いてる主は若山峠の麓いつも浮いてる鴨の握り拳をふりあげしやんす主は蛇木よすぐ折......平家森山ふりさけ見れば俊寛僧都が偲ばれるの底にも珊瑚礁の花が波にゆれてる喜界島キ......神山君は今晩古仁屋の港浪路荒れたる瀬戸の君を迎ふる大島名瀬の浜にひらめく十曜の旗......ちらこちらと夕餉の煙風になびける名瀬の町に日は入る大島山の隈に鳴き立つかけ烏浜に... 2058
2059 民謡 月の都   台湾 月の家和歌麿(出口王仁三郎) 1931刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...阿里山高峰七五三の縄はる御神木一万岼ゆ雲みれば雨の塔山大くづれ主とわたしは相思樹......どしの妻も一人旅より気がつよい主と二人で原渡り浪も高砂恋の嶋主は新高わしや次高よ......根に来て見たい乗つて出て来た蓬莱丸で帰る中よしの丸千里へだてた高砂島で故郷思はぬ... 2059
2060 大本の道   第一章 愛善の世界 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ぬれど心なければ目にもとまらず景色よき大原の山河は愛と善とのあらはれなりけり木も... 2060
2061 大本の道   第二章 三大学則 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...神剛柔流の三元をもちて肉体つくりたまへる川も山野草木もおしなべて国常立の神の身魂......地日月つくりをへ万のものをまもりますかも月なすただよふ国をつきかため治めたまひし......だよふ国をつきかため治めたまひし常立の神陸の在らむ限りは国祖神の恵みに漏るるもの... 2061
2062 大本の道   第六章 祭─惟神の大道 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...かぬ人の多き世起臥のその度ごとに思ふかなより深き神のめぐみを人の親の愛と恵みはか... 2062
2063 大本の道   第一一章 神の経綸 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...なり谷々の小川の水も末すひに流れあはしてとなりゆく世の中のすべてのものは弥勒神出... 2063
2064 大本の道   第一三章 神業と宣教 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...にさとす大本高ひかる神のをしへの日に月にの内外にひろごる大本木の花の匂ふがごとく... 2064
2065 大本の道   第一四章 信仰の道 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...ともゆめな忘れそ神のめぐみを山よりも高くよりもなほ深き神の恵みは子を持ちて知る白......出づてふ信仰のちからは石を玉となし山をもに立替へるなり風水火の天災地変も信仰の徳......の心のあはれなるかなひさかたの御空は高し深しひろき心を持ちて住まばや大人は大......のごと胸ひろく大山のごと識見たかし大空の... 2065
2066 大本の道   第一六章 みろくの世へ 出口王仁三郎 1947刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...戸も開けはなれ祝詞の声も高く聞ゆる四方の波しづかなる足御世は国常立の神のいさをし......ゆに四方の民草うるほふ御代かな野の山も大原も地の底も一度にゑらぐ五六七の大御代野... 2066
2067 宣伝使の心得   時代を順応指導せよ 出口王仁三郎 1952刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...文明のお蔭である。これがなければ台湾や北道、......外諸国などへは一代かかっても行けるか行け... 2067
2068 宣伝使の心得   宣伝使の覚悟と職責 出口王仁三郎 1952刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...成宗教のごとく、ただ日本内地のみならず、外の諸国にまで魂は飛んで行くのであります... 2068
2069 その他   錦の土産 出口王仁三郎 1924著 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...に隠す時東天忽ち暗黒となる。日は落ち月は底に潜みて天明の時を待ち補佐の名望を失墜......将數年之後に在 王文泰天龍王文眞紫洲王天呑宙趙魁武山一行右手握折伏劔左手握攝受劔... 2069
2070 その他   事件解決奉告祭挨拶 出口伊佐男 1945発表 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...にどうして聞き伝えられましたか、遠くは北道、或は四国九州の端々からまでも、かうし... 2070
2071 その他   宗教と愛善苑を語る(座談会)   1946刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...】 私は同志社を卒業して最初の踏出しは北道の監獄の教誨師でした。一年間ほど重罪犯... 2071
2072 その他   大本教に就いて 中村古峡 1921刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...て、其処に感心してゐるのであります。嘗て軍大学の某教官も、『大本教のお筆先は実に... 2072
2073 その他   所謂世界的秘密結社の正体 吉野作造 1921刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ... フリー・メーソンリーが自由平等並びに四同胞の人道主義の基礎の上に立つて個人的道......の差による各種族の抗争を排し、純乎たる四同胞の大義の上に完全なる人類和親を主張す......。斯くして彼等は今日自由とか平等とか、四同胞とか真面目になつて唱へて居るものは、......の所へ持つて行つて、我党の士は人道とか四同胞とかを標榜して、社会主義や無政府主義......団体の標榜する精神主義は何かと云ふに、四同胞と云ふ事である。仏蘭西革命の標語たる......ある。仏蘭西革命の標語たる自由、平等、四同胞は実は此団体の旗幟に外ならない。之れ......から信ぜれた事のある所以である。兎に角四同胞と云ふ点が彼等の最も重んずる所だから... 2073
2074 その他   愛善苑設立趣意書   1946発表 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...宗教心の涵養に努め、外人類の融和を期して外各種の団体と結び、運動漸く世界的に発展... 2074
2075 その他   愛善苑主意書   1946発表 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...てています。人類はひとしく神の子であり四は同胞であります。この本義に立ちかえり、... 2075
2076 その他   宗教法人愛善苑会則(平成10年)   1998発表 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...二名(神戸・京都・大阪)、北陸・一名、東・一名、静岡・三名、関東・一名(東京、千... 2076
2077 その他   大正期年表     DB
RMN
全 2 件/海=2 ...創刊1914年 大正3年 44歳  金龍第一期工事完成1915年 大正4年 45......917年 大正6年 47歳 11月 金龍に大八洲神社完成1917年 大正6年 4... 2077
2078 その他   昭和期年表     DB
RMN
全 7 件/海=7 ... 58歳 7月からにかけ、北陸、東北、北道、樺太、千島地方巡教(~11月)192......件1932年 昭和7年 62歳 5月 北道別院に神生歌碑1932年 昭和7年 6...... 昭和7年 62歳  『壬申日記』『霧の』『白童子』『青嵐』刊行1933年 昭和......年 63歳  『公孫樹』『浪の音』『山と』刊行1934年 昭和9年 64歳 3月......19年 74歳 6月16日 (マリアナ沖戦。日本......軍、空母、航空機の大半を失う)1944年......年 昭和19年 74歳 12月7日 (東大震災)1944年 昭和19年 74歳 ... 2078
2079 その他   筑紫潟 二代教主・三代教主補九州巡教随行記 加藤明子 1923発表 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...っと水汀の跡がついています。 小国支部は抜二千尺の阿蘇の外輪山を登りつめて、少し......川も家も瞬くうちに下へ下へと沈んでゆく。抜二千尺の最絶頂まで車が登った時には天上... 2079
2080 その他   藤沼庄平「大本検挙」 藤沼庄平 1957刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...米騒動の後であり、文学士浅野和三郎氏が、軍機関学校教授をやめて、大本に入りあの筆......見ている私は、後半世をここに没頭する為に軍機関学校の教授の職を擲つたることに対し... 2080
2081 その他   出口王仁三郎「本宮山について」 出口王仁三郎 1935発表 DB
RMN
全 3 件/海=3 ... 丹波は、昔は丹波の泥といつて、全部が湖水であり、綾部も亀岡も......全部が湖水であり、綾部も亀岡も勿論その泥のやうな湖水の中にあつた。亀岡の如きは、......、霧の多いのはやはり昔、湖水があつたり泥があつたりしたからである。 本宮山の近所... 2081
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki