王仁DBβ版 出口王仁三郎と霊界物語の総合検索サイト 文献検索 画像検索 単語検索 メニュー開く

文献検索

キーワード: で王仁三郎文献を検索した結果を表示しています。
見つかったレコード数: 全 2080 件
検索の方法とオプションの説明
検索オプション
検索書籍 全部 霊界物語だけ 霊界物語以外
検索項目 全部 本文だけ
表記ゆれ 含む 含まない
番号 文献名1 文献名2 文献名3 著者 発表年 詳細 本文内のヒット件数 プレビュー(最大 8 件まで表示) 番号
1601 新月の光   四十字詰と神秘の文字 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...両1 善徳1 与1 神力1 吹1 五大父音1 慧光1 許1 1 済度1 一切万有1 羅列棊布1 宇宙間1 降臨1 神...... 台1 七宝1 木花姫1 導1 宝座1 直1 来迎1 九山八1 霊肉脱離1 率1 諸神1 高1 最1 念願1 万人1 希1 ... 1601
1602 新月の光   神罰の当る理由 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...問1 1 前1 平気1 王仁1 言1 悪口1 大本1 暴1 眷族1 大... 1602
1603 新月の光   養生歌 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...液1 塗1 付1 呑1 嘔吐1 水腫1 一時1 直様1 生紙1 鼠食1 稲1 藁煎1 鰻南瓜1 血汚1 子宮損1 腹1 南... 1603
1604 新月の光   勅令第十一号大赦令 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 9 件/海=9 ...大臣2 若槻礼次郎2 陸軍大臣2 子爵2 宇垣一成2軍大臣2 第十九条2 財部彪2 外務大臣2 幣原喜......条1 明治四十一年四月十日公布法律第四十八軍刑法抄録1 第二号1 常1 使用者又1 雇傭1 彼......治1 陸軍刑法第七十三条及第七十四条1 十二1 軍刑法第五十五条乃至第五十七条1 十一1 ......軍刑法第三十条乃至第三十四条1 十1 第二十......至第三十四条1 十1 第二十一条及第二十五条1 軍刑法第二十条1 九1 陸軍刑法第百三条1 八1 ......文部大臣岡田良平1 外務大臣男爵幣原喜重郎1軍大臣財部彪1 陸軍大臣宇垣一成1 内閣総理......官報号外昭和二年二月七日月曜日内閣印刷局軍刑法第七十一条及第七十二条1 ......軍刑法第百四条1 以下1 其他単1 資給1 金穀1 ... 1604
1605 新月の光   月宮殿 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...第十三章1 月照山1 水鏡1 宝座1 移写1 歌集1 霧1 最奥霊国1 千代万代1 造1 月昇石1 三十日1 月... 1605
1606 新月の光   芦別山から四王の峯に 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...津大神1 尾根1 出口王仁三郎第十一歌集1 神霊1 空知川二八九1 二九1 頁1 昭和三年八月二十......和三年八月二十六日旧七月十二日1 誕生日1 道1 芦別山1 隠退1 御代1 大経綸1 ... 1606
1607 新月の光   江州はユダヤの型 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 日本1 八年頃1 赤1 水1 顛覆1 舟1 頃1 書1 天風濤1 教1 ユダヤ2 ... 1607
1608 新月の光   ウーピー 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...月号1 言華1 悲観的思想1 聖師1 王仁1 歌集1 調1 神出1 声1 何処1 来1 女神1 君1 霧1 英語1 何国... 1608
1609 新月の光   大地の大変動 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...大地1 大変動1 世界1 六回泥1 次1 変動1 七回目1 人類愛善新聞1 昭和八年... 1609
1610 新月の光   洋万里行王仁(言霊歌碑昭和八年八月三日出口王仁三郎) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...思1 語1 愛善新聞1 拡張奉仕隊1 横書1 大晦日1 洋万里行王仁1 拇印1 立1 折1 冠句天1 天1 穴無... 1610
1611 新月の光   長生殿 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ... 者1 判1 御催足1 亀岡天恩郷1 世界1 東京1 帰1 1 キリスト1 ... 1611
1612 新月の光   時が来た 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...和十年1 判1 前1 来1 時1 上1 銀時計1 透明殿1 旅行1 子供1 金時計1 私1 亀岡1 聖師1 末頃1 ... 1612
1613 新月の光   世界の竜宮 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...竜宮2 宝1 第十二章1 1 第八巻第十一章1 男1 色良1 第二十三章1 世......二十二章1 霊界物語1 参照1 昭和十年以前1 竜1 間1 身代1 ジャワ1 スマトラ1 ... 1613
1614 新月の光   台湾 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...みろく1 台湾2 竜体2 北道2 昭和十年以前1 日本列島1 姿1 頭1 九州1 尾... 1614
1615 新月の光   霊界物語の地名 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ... 日本列島2 大地球2 太陽系天体2 大江山2 竜宮2 位田2 相応2 鬼城山2 南高山2 井1 穴太1 玉1 ......1 奄美大島1 京都1 至大天球即1 教理1 園1 地中1 肝川割岩1 霊鷲山1 世継王山1 橄欖山1 朝鮮1 ......欖山1 朝鮮1 檀山1 亀岡1 万寿山1 高熊山1 日本1 大台1 天保山1 島1 竜宮城1 比叡山1 八重垣1 ... 1615
1616 新月の光   金竜(大本綾部神苑) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...澄2 金竜1 竜神1 昭和十年以前1 小畑走範氏拝聴1 ... 1616
1617 新月の光   上申書被告人出口王仁三郎 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 4 件/海=4 ...参2 新2 記録2 遵奉2 両島2 金米糖2 教理2 綾部2外2 数十年間2 忠誠心2 諸々2 局限2 励2 宣教師......心1 流布1 益々誠忠1 内外1 天魔破旬1 大御代1 川山1 人種1 邪鬼1 大禍津神1 醜女1 探女1 亦一......安麻1 呂1 佐野氏1 古伝1 悉1 著書1 五色1 開祖1 嘆1 要求1 宿泊1 同人1 手帳1 呈出1 詳1 神道... 1617
1618 新月の光   保釈出所後の歌(一) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...神2 五月闇1 天地1 光1 国生1 御1 似1 輝1 万浬1 原1 有難1 吾1 阿多利八紘一宇1 見1 昭和十七... 1618
1619 新月の光   王仁のいる所に空襲はない 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...後2 王仁2 空襲2 聖師様1 大阪大空襲1 参照1 変1 火1 言葉通1 受1 昭和十七年八月七日保釈出... 1619
1620 新月の光   十七年八月七日は負け始め 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...争1 保釈出所1 第一次1 月目1 満六年八1 即1 北道1 聖師1 生1 色紙1 頂1 裏1 見1 十七年八月七......月七日生1 誕生日1 繰1 返1 上1 松家茂忠1 松家戦1 カ1 ツラギ1 ガダルカナル1 ソロモン1 ... 1620
1621 新月の光   鳴戸はアラル 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ...5 一4 南岸2 連2 湖2 島2 面積2 硫酸2 鳴戸2 湖面......1 現1 生物学的1 北東岸1 注入河川1 第三紀1 黒1 ......面下一八1 ......水1 平凡社世界大百科辞典1 参照1 西条八束1 ... 1621
1622 新月の光   天の真名井 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...一1 1 日本......1 琵琶湖1 大中小1 天1 真名井1 昭和十七年十... 1622
1623 新月の光   大地の変遷(黄泉島とハワイ) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...中心1 陸地1 周囲1 廻1 大溝渠1 水半分陸半分1 1 深1 数万年前1 文化1 発達1 運河1 太古1 太平... 1623
1624 新月の光   天照大神と素盞嗚尊の誓約(うけい) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ... 琵琶湖1 現今1 境1 欧亜大陸1 日本1 昔1 以西1 以東1 ......1 誓約1 第二十九章1 カスピ2 アジア1 ヨウロ... 1624
1625 新月の光   高千穂の峰は富士山 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...山2 天孫降臨1 時1 同第三十七巻第一章1 九山1 第一巻第三十一章1 霊界物語1 参照1 昭和十......物語1 参照1 昭和十七年十月十二日1 出来1 日1 日向1 今1 陥没1 天保山1 雄健1 国常立尊1 峰1... 1625
1626 新月の光   珊瑚の戦 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 戦1 非常1 犠牲1 昭和十七年十一月十六日桜... 1626
1627 新月の光   星と桜と提灯 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...先生何1 言1 申1 内輪1 短冊1 渡1 読1 黙1 陸軍1 軍1 警察1 語1 外1 王仁1 昭和十七年十一月二... 1627
1628 新月の光   三五教祝詞と神徳 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...本信徒1 励行1 日本全国1 及1 満洲1 中国1 祝詞外1 信徒1 参照1 真善美愛1 亥1 巻第四篇1 神徳... 1628
1629 新月の光   日本底都市 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...底2 日本......1 都市1 人間1 住1 昭和十七年1 ... 1629
1630 新月の光   大国主の系統 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 皇道維新1 素盞嗚神1 神人1 女体1 十六神将1 1 霧1 第二巻第一章1 歌集1 霊界物語1 参照1 昭... 1630
1631 新月の光   ツラギ島 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...島4 太平洋戦争1 第八巻第四章1 群島1 米兵一個師1 昭和十七年八月七日1 第十二章1 第... 1631
1632 新月の光   泣き言はいわれぬ 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...泣4 言2 河津氏2 治2 死2 河悉1 干1 病人1 雄次郎氏1 数日後帰幽1 参照1 ... 1632
1633 新月の光   大本弾圧の理由 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 際1 手1 入1 憲兵隊1 納1 東京1 神戸1 東洋1 上1 日本本部1 土肥原大佐1 総大将斎藤実1 部下... 1633
1634 新月の光   内閣 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...九2 文官2 東京2 一九四六2 一九四四2 八2 千葉軍1 鈴木貫太郎1 第四二代1 内閣1 第四三代1 ... 1634
1635 新月の光   救世主の証 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...車1 控訴審法廷1 公判廷1 喜1 覗1 入浴1 王仁1 道1 酒井勝軍1 陛下1 悪魔1 竹内自身1 豆粒大1 ... 1635
1636 新月の光   鳥取地震の震源地 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...居3 受2 於2 大活動2 底2 出2 震源地2 深2 学者2 言2 影響1 文明利器1...... 深2 学者2 言2 影響1 文明利器1 今日1 結果1 皆底大噴火1 皆其1 在1 要1 変1 潮流1 力1 数年前1......火1 皆其1 在1 要1 変1 潮流1 力1 数年前1 風位1 洋1 変化1 地上1 堂1 見1 感1 神力1 開1 神智1 依......1 昭和十八年九月十一日1 聞1 神様1 弱1 地盤1 底地震1 違1 鳥取1 新聞紙上1 唱1 枯死1 大噴出......底地震1 違1 鳥取1 新聞紙上1 唱1 枯死1 大噴出草類1 開始1 既1 各所1 印度洋1 太西1 太平1 夫1... 1636
1637 新月の光   ゆめ 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 大空1 大地1 現1 来1 王仁1 昭和十八年十一月... 1637
1638 新月の光   日本も大変なところまで行く 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...独乙1 撤収1 本当1 敗北1 大西洋1 地中1 軍艦隊1 島1 集1 東洋1 危1 日本1 大変1 行1 昭... 1638
1639 新月の光   関門 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 0 件/海=0   1639
1640 新月の光   水茎文字は神代文字 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...見8 琵琶湖2 判2 出2 金竜1 現1 自由1 神代文字1 必要1 十五年1 十年1 一... 1640
1641 新月の光   人類愛善新聞 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...皆泥1 神様1 責任1 済1 何1 救1 訳1 愛善新聞1 売1 少... 1641
1642 新月の光   ユダヤの悪口は言わぬ 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...昭和十八年大本農園1 内健朗氏1 申1 王仁1 悪1 書1 読1 霊界物語1 第六... 1642
1643 新月の光   馬の足くせを直すには 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...馬4 直3 事2 耳2 心1 叱1 時1 思1 蹴1 持1 北道1 念仏1 献上1 風1 伺1 悪1 足癖1 昭和十八年1... 1643
1644 新月の光   王仁は男だ 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...内健郎1 歩1 内......1 爺1 王仁1 婆1 言1 尻1 金玉1 出1 見1 吃驚1 昭... 1644
1645 新月の光   福寿 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...福寿山1 王仁1 ... 1645
1646 新月の光   神諭の三千年と五十年 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...明治1 御経綸三千年1 日1 元旦1 初1 十八年1 動1 天地1 神世1 遠1 神代1 花1 梅1 巨石1 大千世... 1646
1647 新月の光   と役の行者 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...空1 弘法大師1 役1 行者1 艮1 金神様1 生1 変1 昭... 1647
1648 新月の光   面会に来なかった者 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...会3 来3 呼2 参2 者2 帰2 忙1 王仁1 摂社1 本殿1 道1 神国1 木庭次守編1 花1 出口王仁三郎聖師... 1648
1649 新月の光   潮流と水平線 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...2 自然2 地球1 造1 低1 水平線1 実際1 百尺1 少1 抜1 同1 時1 紀州1 道1 学者1 潮流1 飛1 潮水1 引... 1649
1650 新月の光   みろくの世と文明 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 交換1 談話1 坐1 親1 隅々1 世界1 縮少1 坤輿1 水1 時世1 利器益々発達1 十九頁1 随筆1 大正... 1650
1651 新月の光   大地の変動(日本は大陸の真ん中に) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...巻第二十二章1 竜宮1 土1 流1 大本神諭1 引1 溜1 肥料1 陸1 竜宮島1 光1 金銀1 差1 昭和八年二... 1651
1652 新月の光   亀岡は抜二千尺になる 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...亀岡1 抜二千尺1 音1 上1 五1 爆弾1 聞1 大声1 俚耳1 ... 1652
1653 新月の光   両聖地の 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...亀岡1 抜三百尺1 綾部1 ......抜二百尺1 ......面1 外1 高1 昭和十九年六月九日1 ... 1653
1654 新月の光   日本の立替あらかた済む 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...北道1 東北地方1 半1 占領1 戦争1 日本1 立替1 済1... 1654
1655 新月の光   日本が世界で一番高くなる 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...高2 間2 低2 日本2 二千1 三千1 上1 竜神1 背中1 1 中1 入1 広1 世界1 一番高1 昭和十九年九月六... 1655
1656 新月の光   広島は最後にひどい目 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...二十一章1 霊界物語1 参照1 昭和十九年秋1 化11 火1 会1 最終期1 言霊1 目1 最後1 今1 広島1 答... 1656
1657 新月の光   大地震を叱咤 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 際1 昭和十年十二月七日1 検挙1 着手1 日1 東地方1 聞1 日月1 一度天1 地震来1 慈愛1 神1 二... 1657
1658 新月の光   木庭に言ってある 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ... 頂1 聖師1 昭和十七年八月七日1 大本農園1 内健朗氏1 昭和二十三年一月十九日御昇天1 始......事務所1 高橋法律事務所1 皆1 何1 膝1 今申1 内氏1 来1 致1 答1 出来1 家1 天恩郷1 照明館1 有... 1658
1659 新月の光   決戦はサイパン 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...領1 一八九九年1 人1 八三1 一五二一年1 発達1 岸段丘1 隆起準1 基礎1 石英粗面岩1 安山岩1 ... 1659
1660 新月の光   不退転の信仰 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ... 二人1 筆先1 二割1 書1 問1 太平洋岸1 危1 日本岸1 山1 横穴1 食糧1 守1 貯1 答1 虎熊山1 今度1 ... 1660
1661 新月の光   大山 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...大山4 霊界物語2 要2 地底1 抜一七一三1 日本......1 沈1 懸1 逆様1 白扇空1 日本大地1 国1 大高峰......奈落1 泰山1 参照1 昭和二十年二月十九日1 低1抜1 高1 富士山1 大地1 書1 一1 五泰山1 支那1 ... 1661
1662 新月の光   信仰と救い 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...救1 沖縄1 大本分所1 一軒1 全滅1 軍1 借1 疎開1上一里程来1 熱心1 敵1 対1 顔1 者1 一1 悪口1 ... 1662
1663 新月の光   予言の的中と大本信者 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...2 国2 思2 道徳2 筆先2 通2 言2 大神様2 気味2 北道1 御面会1 台湾1 口調1 申1 激1 出来1 来1 立... 1663
1664 新月の光   二段目(瑞の神歌) 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...連機2 日本1 瑞1 神歌1 二段目1 這入1 南島1 千機1 襲来1 英機1 米機1 数千機襲来1 昭... 1664
1665 新月の光   五月十日の歌 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 来1 生1 神代1 守1 神1 風立1 目路1 常磐木1 樹1 浪立1 ... 1665
1666 新月の光   日本の立替と戦争 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...北道1 東北地方1 半1 占領1 戦争1 日本1 立替1 済1... 1666
1667 新月の光   虎熊山 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...熊山1 氏1 答1 思1 貯1 食糧1 掘1 横穴1 山1 日本岸1 危1 太平洋岸1 大笑裡1 アハハハハ1 ... 1667
1668 新月の光   昭和十年十二月八日、大本の新発足「愛善苑」の精神 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...1 瑞祥閣跡1 弁当持1 東光苑1 沓島1 冠島1 金竜1 旧本殿1 気1 二年後1 見込1 耕作1 叱1 掃除1 ... 1668
1669 新月の光   紫微の宮 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...光2 人2 高天原紫微1 月1 巻1 申1 洋万里1 闇1 常夜1 子1 誠1 宮造1 顕幽1 照1 宮1 ... 1669
1670 新月の光   東京と綾部の高さ 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ... 判1 事1 水面1 大西洋1 太平洋1 時1 運河1 日本1 瀬戸内......1 綾部山水荘1 傾斜運動1 地球1 思1 中1 水1 上1... 1670
1671 新月の光   大本第二次事件の公判速記録 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ... 控訴院1 再1 珍味1 昭和二十年十月十七日1 山1 持参1 信者1 満洲1 日本全国1 訪問1 農園1 中... 1671
1672 新月の光   御前崎と神奈川 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...富士山2 出2 御前崎半島1 方1 九山八1 第一巻第三十一章1 霊界物語1 参照1 昭和二... 1672
1673 新月の光   社会精神が悪い 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...度1 答1 社会精神1 昭和二十一年三月1 問者1 健朗氏1 ... 1673
1674 新月の光   大山と素盞嗚尊 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ... 昭和二十一年五月八日1 松江1 参照1 鳥取県1 抜1 一七一三1 メ1 トル1 ... 1674
1675 新月の光   出口聖師お歌日記 昭和二十一年の巻 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 8 件/海=8 ... 丹後2 停車場2 並2 松江2 顔2 但馬竹田2 障子2 2 鉢伏2 流2 大石2 画筆2 窓2 記2 生2 多2 訪問客......死者1 慰1 七月二十五日1 汽車室1 六時間車中1南1 広1 新宮勝浦1 応接室1 七月二十六日1 旧......一時難波1 自動車馳1 有志者1 三輪崎1 送迎1 原1 白波立1 出見1 蚊張1 七月二十日1 輝1 大陸...... 七月二十四日1 十曜1 神旗見1 七月二十二日1 山1 越1 風致1 七月二十三日1 旧六月二十五日1...... 新宮市快山峡1 温泉旅館立1 舟1 十分間勝浦1 岸1 右1 林1 数十人若人1 快山峡1 梅松館1 七月......1 身苦1 他出1 止1 終日休1 中河幹子氏京阪1 外1 弟子1 吉田若野氏両人1 来亀1 七月十六日1 ......船行1 植松1 五月十九日1 和田山駅1 洗1 石山1 外1 四月十日1 厚生車午後一時1 走1 四月十一... 1675
1676 新月の光   歌集『愛善の道』 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...聖師6 大本4 読4 道3 愛善3 愛善苑3 事2 繰2 際2 2 喜2 返2 御染筆1 彗星1 出1 選1 五百二首1 中1 ... 1676
1677 新月の光   有栖川宮熾仁親王書お歌 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 3 件/海=3 ...霞3 松3 色2 霜2 世2 鶴2 契2 空2 雪2 駒2 菊2 千2 辺2 霧2 面2 立2 年2 千鳥2 行末2 山野井人家2 ......狩1 賀茂臨時祭社頭儀式上御社1 十月1 寒芦1 人垣1 代1 嶋1 外1 此1 江沢辺1 毛衣1 通路1 十... 1677
1678 新月の光   聖師の歌集十一巻 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...2 聖師1 第八歌集1 光1 第六歌集1 霧1 第七歌集... 1678
1679 新月の光   歌集『百千鳥』 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...光1 真如1 大本第二次事件1 音1 自伝1 浪1 青嵐1 霧1 夢1 故山1 歌集1 和歌1 謄写製本1 タイプ1... 1679
1680 新月の光   歌日記全四十五巻 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...年九月1 昭和八年三月九日1 歌集第十一巻1 山1 霊界物語1 三九四頁参照1 ... 1680
1681 新月の光   出口王仁三郎著『惟神の道』 木庭次守・編 1988刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...3 道3 済3 際2 裁判2 貸2 木庭次守2 献上2 人2 内氏1 誰1 弁論1 準備1 必要1 返却1 私1 本1 昭和...... 創立1 命1 実行1 横浜1 三千人1 仲士1 親分1 内健朗氏1 出口王仁三郎著1 三千六百個1 昭和二... 1681
1682 大本七十年史 上巻 第1編 >第1章 >3 出口家入りと結婚 生活の変貌 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...・大阪からはじまって、畿内はもとより、東道一帯と江戸・神奈川・甲府・松本・伊勢・... 1682
1683 大本七十年史 上巻 第1編 >第2章 >3 大本出現の意義 世の立替え立直し 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...の発展とともに、政府は、市場の開拓拡大を外にもとめ、軍事力を背景に大陸への侵略の... 1683
1684 大本七十年史 上巻 第1編 >第2章 >4 広前の成立 外国行き 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...原町二条下ル) p98○日清戦争はじまる(黄......戦) p99... 1684
1685 大本七十年史 上巻 第1編 >第4章 >3 幽斎の研究と稲荷講社 喜楽天狗 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...夏は褐色で、冬になると全身純白になる。北道・青森県に産し、人家附近にすむ。管狐は... 1685
1686 大本七十年史 上巻 第1編 >第5章 >1 喜三郎の参綾 開祖との対面 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...した。そのときの経緯を、聖師は歌集『霧の』のなかで、つぎのように詠んでいる。〝今... 1686
1687 大本七十年史 上巻 第1編 >第5章 >1 喜三郎の参綾 霊学指導 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...めていたからであろう。 山城の稲荷には真という霊術者がいて、ランプのホヤをパリパ... 1687
1688 大本七十年史 上巻 第1編 >第5章 >4 上田喜三郎と出口すみの結婚 日清戦争の社会 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...と軍需工業の発展にあてた。また、あらたな外市場をえて、紡績業と製糸業とは急速に発... 1688
1689 大本七十年史 上巻 第1編 >第6章 >1 冠島・沓島開き 冠島と沓島 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 7 件/海=7 ...沓島(雌島・女島)とともに、舞鶴沖約二〇里のあたりに浮かぶ小島である。丹後府中一......る。丹後府中一の宮と称されていた籠神社の部宮司の話によれば、男島・女島は吉佐の宮......のっていたと伝えられる。沓島は冠島から二里はなれた地点にある。沓島は冠島よりさら......よりさらに狭く、灌木ばかりの全島は、日本のうちよせる荒浪のため土塊は流出し、周囲......冠島には鯖鳥(おほみずなぎ鳥)、沓島には猫がそれぞれ数万羽棲息している(近......は京都府告第三一九号-明治四二・六・二二......金を集めたとも称する孤島である。 両島近の漁業権は、東・西大浦村の野原・三浜・小... 1689
1690 大本七十年史 上巻 第1編 >第6章 >1 冠島・沓島開き 冠島開き・沓島開き 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...た。当日の日和りは、ここ数年にない静穏な上であったから、船頭らは島の神様のご守護......頭らは島の神様のご守護だとよろこび、途中上で、魚釣りをしていた舟から神饌にするた......ともに沓島へ渡った。 船が島に近づくと、猫が騒がしく鳴きたて、おだやかな......上だというのに大きなうねりで、舟を漕ぎよ......く冠島は竜宮の入口で、冠島と沓島の間の荒が竜宮の乙姫のすまいであったとされている......るかみついてをちてをいでたぞよ p209○日にうかぶ孤島 冠島・沓島 p210○船頭の田... 1690
1691 大本七十年史 上巻 第1編 >第6章 >2 水と火のご用 元伊勢お水のご用 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 2 件/海=2 ...(旧三月一六日)、沓島・冠島の中間の竜宮へ注入した(竜宮......へ注入した年月日は、年表および大本略史と... 1691
1692 大本七十年史 上巻 第1編 >第6章 >2 水と火のご用 出雲の火のご用 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...〇一(明治三四)年七月、開祖は上田会長(潮)・すみ・四方平蔵・福島寅之助・木下慶......旅館に投宿(三五銭)した。 ここからは、路をとる予定だったが、荒天のために八日ま......。おりから日露戦争前のこととて、伊藤祐亨軍中将が日本......岸視察にきて同宿していたので、開祖は伊藤......小蒸気船で平田へ向った。そのとき開祖は、上で梅の杖をもって一行に指示し、「このあ......その他の信者ら六八人が沓島参拝をし、竜宮へ注いだ。 出雲のご用は、火と水と土のご... 1692
1693 大本七十年史 上巻 第1編 >第6章 >4 沓島ごもり 4 沓島ごもり 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 5 件/海=5 ...につれて、食糧がすくないため空腹を感じ、岸にでて若布や貝類をとって食べていた。し......を折り束ねて下に投げおろすと、あやまって中に落ち、沈んでしまった。後野はこれをと......が沓島より帰って二日目の五月二七日、日本大......戦があり、バルチック艦隊は全滅して日本の......・冠島へ参拝することになった。近年は日本に面する舞鶴の国見山※から、毎年六月八日... 1693
1694 大本七十年史 上巻 第1編 >第7章 >1 会長の教説 悪の世批判 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...ても貧者の手を握る医者はなく」、「陸軍、軍はよく人殺しをけいこして世界の人民を屠... 1694
1695 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >1 大日本修斎会 明治の晩期 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...・「呼吸静座法」・「何鹿郡案内」・「薩の軍・長の陸軍」・「漢籍同字解」・「二十一... 1695
1696 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >2 大正の初期 大本教の教規と信条 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 1 件/海=1 ...五条 我等は毎年一回以上高峰峻嶺に登り荒を渡航し、大教主の御足跡を践みて無人島に... 1696
1697 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >2 大正の初期 「敷島新報」と直霊軍部隊 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 5 件/海=5 ...れた。 これと並行して、神苑内には「金竜」を掘ることとし、八月八日には、地鎮祭を......作業がすすめられて、九月二六日には、金竜のなかの沓島・冠島ができ、小さいながらも......にわたり一三筆買収し、五月一〇日には金竜の第二期工事を竣工した。そして、九月一五......讃を目的としたもので、その学長飯森正芳(軍予備機関中佐)は、顧問の福中鉄三郎(同......事中の金竜殿正面と統務閣(右) p332○金第一期工事竣成 冠島・沓島の鎮座祭 p333... 1697
1698 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >3 皇道大本 浅野の入信 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 10 件/海=10 ...年茨城県に生まれ、一高-東大のコースから軍機関学校の教官となっていた人である。英......部を出発、二九日横須賀の浅野の宅につき、軍機関学校長・木佐木少将夫妻ほか数人に面......泊して、そののちふたたび浅野宅に滞在し、軍将校や......軍機関学校の教官たちに、宣教とともに鎮魂......おもむき、浅野の宅に滞在した。その間に、軍の将校その他多数の人たちが連日参集して......いる。 この時期における入信者のなかに、軍関係の人々が目立って多いことが注意をう......って多いことが注意をうながす。まず福中(軍機関中佐)にはじまり、飯森(同)から浅......浅野和三郎、ついで浅野の実兄である正恭(軍中将)の入信となり、浅野が綾部に移住す... 1698
1699 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >3 皇道大本 神島開き 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 6 件/海=6 ...と、王仁三郎の霊眼に、坤の方面の沖あいののなかに、ほうらくを伏せたような一つ島が......おさまり一行は三隻の船に分乗して出帆した上では、出発時と中程と着島前との三回にわ......け方のころ島の頂上にのぼり、山をくだって岸の岩の洞穴で、王仁三郎は神宝をうけ離島......阪の谷前宅に立ちよって帰綾し、神宝を金竜の大八洲の岩戸のなかに仮遷座した。九月一......棟がゆずりうけられ、同年三月一九日に金竜第三期工事が竣工して、神苑の繋備が同時に......姿は開祖 p349○神島から奉迎した神霊を金の神島に鎮祭 p350... 1699
1700 大本七十年史 上巻 第2編 >第1章 >4 「神霊界」の発刊 軍関係・知識層等の参綾 大本七十年史編纂会・編集 1964刊 DB
RMN
全 19 件/海=19 ...った知識層に波紋をなげかけていった。まず軍関係からの入信者が前述のように表面化し......は存続していたようである。前年の暮以来、軍大佐桑島省三・同大佐四元賢助・同機関中......助・同機関中佐松尾雅三・進藤同少佐・松本軍少佐・立花同少佐・糸満機関大尉そのほか......花同少佐・糸満機関大尉そのほかの尉官級の軍軍人が多数参綾していたが、一九一七(大......たが、一九一七(大正六)年に入っても桧貝軍機関大佐・篠崎......軍大佐・大沼......軍機関大佐らがつぎつぎに参綾し、皇道大本......主義者・社会主義者とも交わり、約三年間上にのがれ、帰国後「赤化中佐」として騒がれ... 1700
出口王仁三郎と霊界物語の大百科事典『オニペディア Onipedia
王仁DB (王仁三郎データベース、略してオニデビ)は飯塚弘明が運営しています。 /出口王仁三郎の著作物を始め、当サイト内にあるデータは基本的にすべて、著作権保護期間が過ぎていますので、どうぞご自由にお使いください。また保護期間内にあるものは、著作権法に触れない範囲で使用しています。それに関しては自己責任でお使いください。/出口王仁三郎の著作物は明治~昭和初期に書かれたものです。現代においては差別用語と見なされる言葉もありますが、当時の時代背景を鑑みてそのままにしてあります。/ 本サイトのデータは「霊界物語ネット」掲載のデータと同じものです。著作権凡例 /データに誤り等を発見したら教えてくれると嬉しいです。
連絡先:oni_do@ybb.ne.jp(飯塚弘明)
プライバシーポリシー
(C) 2016-2020 Iizuka Hiroaki